プロフィール

ta ke3

Author:ta ke3
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


20191201二子山フリークライミング

天気:晴

参加者:AY、MJ、TK、FJ(報告者)

ルート: ワーカーホリック(5.10b)、悪魔のエチュード(5.10a)、唐獅子牡丹(5.13b)、真珠入り (5.13a)、ペトルーシュカ(5.12b)、藤娘(5.12b)

本格的にシーズンインした二子山
この日は岩も乾いていて、気温も寒すぎず、まずまずのコンディションでした。

AY:
今シーズン初の唐獅子牡丹、ムーブを再確認しながらも、半年以上ぶりとは思えない安定した登りでした。
今年は落とせそうな雰囲気です。
私もビレイの勉強になりました。

MJ:
今年も真珠入りをロックオン、出だしから強度の高いムーブが現れ、見ているだけで辛さが伝わってくるルートです。
今シーズンは是非とも落として欲しいです!

TK:
ペトルーシュカ、藤娘をお触り。
ペトは久しぶりなのに、1便でTOまで持っていけるのはさすがだな~と思いました。
ボルダー系の藤娘も何回か触れば、すぐ繋がりそうな雰囲気です。河又の宿題が終わったら、こちらも回収でしょうか。

FJ:
今シーズン目標のペトルーシュカを。
先シーズン超えられたはずの核心で見事にテンション!
各駅停車でなんとかTOできましたが、今の持久力では厳しいか…。先は長そうです。









20191129 河又フリークライミング


天候: 晴れ

参加者: MJ、TK

ルート:ミヤザキミドリ/5.10a、大将/5.10c、アリゲーター/5.11a、デザートソング/5.12a、一期一会/5.12d

10月の台風の影響でアプローチ道も様相が変わってました、岩も登る事はできますが浸み出しが続いています。

MJ:
数年ぶりの河又です、低グレードから登っていき俗にいう"河又グレード"を楽しんでいました。
最後のデザートソングは…次回(数年後になるのかな?)のお楽しみで

TK:
宿題シリーズ河又編の一期一会を半年振りにお触り、何とかワンテンまで戻せました。
今回は思い出し便トライでしたが、次回から宿題回収に向けて頑張ります!

高尾山

2019.11.25 
 天候 晴れ         メンバー NH  NM
予想外にポカポカ陽気の中、高尾山へ。
観光半分、ハイキング半分・・・
始発のケーブルカーに乗り、のんびり観光しながら山頂へ。
もみじの紅葉がとても綺麗でした
下山は吊り橋を通るルートを。

天狗饅頭が美味しかった

20191124 二子山フリークライミング

天気:雨→雲→晴
気温:21℃
湿度:ガツンと100%
状態:いわずもがな悪を極める



ルート:
悪魔のエチュード
ペトルーシュカ
ババージュ
真珠入り



朝、藤岡は雨。『それでも二子なら』とシーズン初の二子に向かう。この時期の二子山は紅葉と落葉がとても美しく、巨大な岩壁に色を添える。
気温はとても高く、結露と吹き込みと染み出しで白く美しい石灰岩は見事に真っ黒。
弓状と広場は水没してましたが、二段岩壁は乾いていて、ババージュをお触り。シーズン初めに、こんなムズいの触ったもんだから見事に返り討ちにされました(笑)
気温は高く、二段岩壁は『夏』でした。

そんなにがっつり登ったわけではないのに、午後には背中の筋肉が重くなり、夕方にはカラダ中がバキバキになりました。そうそう、コレが二子だった。

伊豆城山クライミング

20191116/17
天候 晴れ 
参加者 KA、KT、KK(報告者)

1日目
(チューブエリア)
まずはストーンフリーでアップ。KAさん、KTさん
に続き私もと挑んだもののトップアウトで
きず。
KTさんは生と死の分岐点にヌンがけ&思い
出し便。
私はロングルートは絶対無理なので、KAさんに
お付き合いいただき小春日和へ。わずか3ピン
の強度強めのルート、好き系かもとの期待を
抱きつつ着手、こんな私でもとりあえずでき
そうなことがわかりひと安心。KAさんはゴール取
り手前の最後のデッドパートまですぐに到達。
KAさんは最後にグレイシーでクールダウン、
MOS。私は10aのルートでクリップに手間取り
敗退。全く悔しくなく、むしろすがすがしか
ったです。

2日目
起床すると激しい吐き気と頭痛、やってしまい
ました二日酔い。昼頃まで車中でダウン。ご
迷惑をおかけしすみませんでした。
昼過ぎにだいぶ遅れて合流し、KTさんによる生
と死の分岐点のRPを見届ける。ちょっと来て
パッと落とせて素晴らしいですね。
tki.jpeg

KAさんが、私が寝ている間に小春日和をRPし、
そのままヌンチャクを残してくださったとのこ
とで、時間が無かったこともあり、アップ無し
でとりついてホールドを再確認。デッドで行か
ないと駄目そうだったので躊躇していたパート
(最後の1手)が体幹で静的に取れることが
わかり、やる気スイッチon。少し休憩してから
2便目。3ピン目にクリップして電池切れ
で次の一手を出せずテンション。クソヲ~

最後に、KTさんは小春日和で、KAさんは別エリア
の〇〇〇〇大魔王で絞り出して終了。

【総括】 天候もよく、Tシャツの上に上着を軽く
羽織る程度で過ごすことができ、岩も乾いていて
快適なクライミングとなりました。エリア的にも、
広い層の人が楽しめる良いエリアだったと思いま
す。宿の料理は、KAさん、KTさん的には疑義があ
るようでした。



 | ホーム |  次のページ»»