プロフィール

ta ke3

Author:ta ke3
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


130427-28立山BC

4/27-28に立山へ滑りに行ってきました。
メンバーはT氏、S氏、Aです。

第1日目 天候:吹雪

アルペンルート扇沢駅7:30発~室堂9:00着 室堂11:30発~雷鳥荘12:30着

この日は天気予報どおりの荒天、扇沢に続く道路にも積雪があり、ノーマルタイヤの車が立ち往生しています。
季節外れの悪天候でがっかりですが、気を取り直して始発のトローリーバスに乗り込みます。ケーブルカー、ロープウエイ、トローリーバスを乗り継ぎ室堂へ。
P1040581_convert_20130430234340.jpg

外に出ると予想以上の悪天候・・・すさまじい吹雪です。
ターミナルでしばらく様子を見ることにします。
IMG_0273_convert_20130430234817.jpg

昼近くまで待ちましたが天気が回復する気配はなく、今日の山行はあきらめて山小屋に向かいます。
視界は20mといったところでしょうか。今更ながらひどい天気です。
IMGP0020_convert_20130430235140.jpg

30分ほどで山小屋に到着。時間はたっぷりあるので近くの斜面で積雪断面のチェックをしたり
IMGP0035_convert_20130430235503.jpg

いじめ!?・・・プローブで人をつつく感触確認後の戯れです(笑)
IMGP0049_convert_20130501000236.jpg

これで本日の全行程を終了・・・温泉に入り疲れ?を癒しましょう。


続きを読む »

20130429 榛名黒岩

いつものように黒岩で遊んできました。

天候:ぽかぽか陽気な晴れ

メンバー:Hぼう、Sけん、Nっち、KG、KI、O師匠、S先生、Fまん

【皆で取付いたルート】
 岳友[5.9]
 夏子[5.8]
 チェス[5.10a]
 アルカディア[5.10b]
 ミニマックス[5.10c]
 鶴[5.11b]
 キョンシー[5.10c]
 ボランティア[5.11a]

自分はリーダーの癖に、寝坊で午後出勤でした...orz

 KGさん、岳友、夏子をRP!
 Sけん、ボランティアRP!
 Hぼう、次回は鶴をリードトライか?

梅雨に入るまでに、たくさん遊ぼう!

20130427 蝶ヶ岳(三股ルート)

蝶ヶ岳(三股ルート)へ行ってきました。

メンバー:F、H
天候:雪のち晴

4/26:三股で前夜泊
4/27:三股(05:50)-まめうち平(08:00)-(12:25)ヒュッテ(12:40)-(18:00)三股

<4/26(金)>
当初、焼岳を予定してましたが、焼岳周辺では前夜から雪または雨の予報。
雨に濡れるのは避けたいし、雪が降った場合、地形的に小規模であっても雪崩が心配なので、天候が安定していそうで、樹林歩きの多い近場の蝶ヶ岳に転進しました。
三股駐車場で25:30には車中泊で就寝ZZZzzz...

<4/27(土)>
起床時にも小雪が舞っており、車には3cmほどの積雪。
登山相談所では監視員に入山カードの記入を求められました。

まめうち平までに徐々に積雪が増えてきて20cmほどの積雪に。
2000m辺りから急登が始まるのでアイゼンを装着。

高度が上がるに連れ、だんだん雪が深くなり膝上ほどに。
2400m辺りで足の遅い4人組に追いつき、モタモタしている原因が判明。
4人組の進む先には踏み跡が無く、ここから交代でラッセル。
後発パーティーも追いつき、皆でラッセルラッセル!

先頭集団

膝上ラッセル中

ヒュッテまでの標高100m辺りから樹林を抜けると、
赤旗が立ててあり、それに沿って進むと稜線上のテン場に出るが、稜線に出た途端、物凄い強風で飛ばされそうに。。。
水平距離で50m程の所が蝶ヶ岳山頂。
アタックするが、強風と吹き溜まりに阻まれ断念し、ヒュッテへ避難。
既に予定の行動時間を1時間半近く過ぎていたので、15分ほど休憩し下山を開始。

下山はフカフカパフパフの斜面をまっすぐ駆け降りる。
直滑降しても雪の抵抗でスピードが出ず、衝撃もないので楽しい。
斜面を転がりながら下りました。

下山

1700m辺りまで下山すると、朝方に積もった雪はほとんど溶けて、普通の夏道状態。

稜線からの穂高の絶景だけを楽しみに登ったけど一切展望なしで残念。
ちょっとぐらいの悪条件ではへこたれない根性を付けられた山行でした(^^ゞ

130428 爺が岳(南尾根)

爺が岳、南尾根に行ってきました。
メンバーはHN、F×2です。
天候:晴天!
27日前夜泊で行ってきました

扇沢の駐車場は27日の降雪で30cmくらいの積雪があり、テントを張るの面倒になり・・・
むりやり3人で車中泊。

27日の降雪でトレースが消えてラッセルになったら厳しいね~と話していましたが、28日は入山者が多く、私たちが出発した5時半にはすでにトレースがついており、快適な新雪の雪道になっていました。


柏原新道を30分くらい登ると南尾根への分岐の標識があり、迷うことはなかったです
しばらくは樹林帯を歩いていましたが、Hさんはちょっと遊びたくなったようで時々トレースをはずれて新雪でラッセルしてはしゃいでました

そして、樹林帯をぬけると、真っ白な爺が岳と青空!!
久しぶりにみる雪山の景色に感動!!
爺が岳




ここからは後ろに穂高、左前方に剣を眺めながらの快適な稜線歩き・・・でしたが、山頂直下は風が強く時々よろけながら前に進みました。
これじゃ山頂でのんびりランチは難しいかなと思いつつ11:15、爺が岳南峰に到着!

奇跡的にも山頂では少し風がおさまり、剣や鹿島槍をバッグに写真をとり、風のないところまで降りてからランチタイム

ちょっとのんびりして1時前には下山開始。

Hさんお得意のシリセードは新雪ですべらず、諦めてひたすら歩いて下山。

3時半、駐車場着。
朝の雪が嘘のようにすっかり消えていて暑いくらいでした!
今回もお天気に恵まれて楽しい山行でした

130427-29 白馬主稜

白馬主稜に行ってきました。
メンバー:Ya.MaとYu.Mu

写真は、登り上げた主稜の稜線
稜線

4/27猿倉駐車場で幕営
4/28猿倉-白馬主稜-白馬岳山頂-白馬山荘泊
4/29白馬山荘-小蓮華尾根-栂池
4/27の雪崩遭難事故で猿倉は、物々しい雰囲気でしたが、
無事目的達成し下山しました。

写真は、最後の雪壁を登り上げるYa.Ma。フリーソロで突破。
雪壁


 | ホーム |