プロフィール

ta ke3

Author:ta ke3
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


20130728 日光白根

7/28(日) 日光白根に行ってきました。

メンバーはF.Eさん、H.Mさん、Oさん、Iさん、S.Mさん、Kさん、S.Tさん、T.K(記)と非会員のT.Iさんです。

天候:曇り時々晴れちょっと雨

コースタイム
菅沼登山口(発)7:00 ⇒ 弥陀が池(着)8:30 (発)9:00 ⇒ 日光白根山頂(着)10:00 ⇒ 五色沼避難小屋(着)11:00 (発)12:45 ⇒ 五色沼12:55 ⇒ 弥陀が池13:35 ⇒ 菅沼登山口(着)14:50

前日までの天気予報は街で曇り雨となっており不安を抱えつつ駐車場に5:00集合、とりあえず雨は降っていなかったので登山口を目指しました。菅沼登山口も雨は降っていなかったので一安心…が駐車場の管理人さんの話を聞くと前日は朝は同じような状況で14:00から激しい雨が降ったとの情報を入手
今回は新入会員のKさん&S.Mさん&Iさん/Oさん(もかな?)のウェルカム山行でもあるので無理をせず行こうと決め出発。
菅沼出発

S.Mさんの足元は真新しい登山靴で話を聞くと初めての登山のようです、いい思い出を作ってあげたいですね
ペースを気にしながら蒸し暑い樹林帯を1時間30分程歩くと弥陀が池に到着、綺麗な池と目の前に見える日光白根山にメンバーのテンションもUP!
弥陀が池

休憩中にメンバーの心を奪ったゲストスモモちゃん登場(笑)人懐っこくてかわいいかったデス。
すもも

思わぬ癒しもあり栄養補給も済んだので、一気に山頂めざして出発!!
山頂到着まで天気もってくれました~、のパチリ
日光白根山頂

続きを読む »

20130720 湯檜曽川 高倉沢右俣(沢登り講習会)

恒例のリーダー部沢登り一応・・講習会

天候:曇り時々晴れ
メンバー:OS.MY.UM.HM.SK

土合駅で沢装備を整え6時半に出発!
皆さんおなじみの土合駅手前のトンネル脇から湯檜曽川に入渓する。
右岸から貧相な高倉沢出合いだが少し歩くと開けてナメ滝があらわれテンションが上がる。

P7200003.jpg
貧弱な高倉沢出合い・・大丈夫かい!?

9m程の滝があらわれてすぐ横に巻き道があるが容赦なく直登である。
次の8mのナメ滝ではガイドが設置したと思われる目立つ赤いロープが垂れ下がっているが・・OSさんにリードでシャワークライムしてもらう。今回が沢登り2回目のHMさんにもせっかくだからと登っていただくがヌメリが強い上に水流に隠れた小さなホールドを拾っていく感じで苦労しながらもギャラリー向けにいいリアクションをとりながら登ってもらった。

P7200027.jpg
奥が8mのナメ滝

すぐに右俣と左俣を分ける二俣に出合い、右に進路をとり7mの2条滝(水流が2本ある滝)では自分が右のルンゼにリードで取り付くがセミになりかける。

P7200072.jpg
ミ~~ンミ~~ンミ~~ン(泣)

チムニー滝、トイ状、木登りなどなど楽しみ標高970m付近で水量比が左1:右4位の二俣となる。通常はこれだけ水量に差があれば右に行きたくなるもの(ネット上の記録も多い)だがガイドブックでは左を勧めてるとかで・・自分の独断と偏見で左に進路をとる。はたしてこれが吉だったのか・・・右もたぶん、そんなに変わらないはず・・とゆう事にしといて下さい。
左の進むと伏流になる、やがてスラブ状になり傾斜もかなり急になる。逆層で浮き石も多く、こんなところで落石でもおこせば下にいる人間はたまったもんじゃない!草つきから攻めるがこれも際どく支点をとれない状況で精神的圧迫を感じながらもロープ一杯の辺りに細いながらも支点に使えそうなクリスマスツリーが育っててくれました。・・ありがと~!

P7200137.jpg
手こずった草つき上部

そのあとの詰めも岩壁が続きクライミング慣れしていないHMさんには半泣き状態がつづいてしまったが傾斜がゆるむとガンガン藪を漕いでもらい・・なんと高倉山頂上まで10mの登山道に飛び出し!安堵するのもつかの間、下山のロープウェイが営業終了までタイムリミット30分!そそくさと記念写真を撮るとみなさんトレイルランニングをおっぱじめて1等賞はもちろんOSさんでした。

P7200159.jpg
絶対にロープウェイで帰ってやる~!

20130721(日)奥秩父 赤の浦川 滝ノ沢

メンバー:HN、F×2

天候:晴れ時々曇り

コースタイム:8:30駐車場発ー入渓地点9:00すぎー11:30林道が横切っていて倒木も多いため遡行終了
ー林道から尾根に下り、2番目の堰堤のやや上部にでるー駐車場15:00着

大嶽山那賀都神社の駐車場に駐車し、神社の参道を20分くらい歩き、神社につく。
赤の浦川

ここでトイレを借り(きれいなトイレ)、山道へ。踏み跡は明瞭。2番目の堰堤の上部は広々としていてここでのんびりキャンプも楽しいだろうな~と思いつつ沢支度をして入渓。
赤の浦川 2

小さな滝がたくさんあり、気持ちのいい沢でした・・・が途中林道が横断していてちょっとテンションがさがります・・
最初に横切っている林道の下はトンネルになっているのでそこを超えて、遡行を続けました。
途中、鹿の角と鹿の腰椎と骨盤を発見!!
仙腸関節もしっかりしていて、きれいな骨だったので持って帰りたい衝動にかられましたが、かさばるし諦めました(笑)

いくつか滝がありましたがちょっとお助けロープを出してもらいつつ突破(^^)
楽しく登れる滝がたくさんある沢でした。
奥の二股をすぎるとまた林道が横切り、流木も増えてきたのでここで遡行終了とし、林道にでて着替え&お昼休憩。

下山は林道を少し下り、尾根にとりつきました。
林道で私より背の高い!!植物を発見!!
私が小さく見える~
CIMG1857.jpg


尾根をくだり、沢におりる急斜面ではNさんにロープを出してもらいつつ無事下山!!
今日も楽しい山行でした☆
お世話になりました~


20130721 黒岩クライミング

天候:晴れ時々曇り 
【メンバー】TOさん、YuMさん、NHさん、YaM(報告)
【取付いたルート】
夏子[5.8]、柿ドロボー[5.10b]、オケラ[5.8]、イプシロン下部[5.10c]
ボランティア[5.11a]、掟[5.12a]、月に吠える[5.11a]、三日月ハング[5.11a]他

腰痛からのリハビリ参加、及び講習会疲れ参加の二名を余所に御大、重鎮の二名は元気。
いろんなモノを抱えながら黒岩に来る。
続けられるのも一つの成果でしょう。ですよね?

20130720 八ヶ岳 権現岳

天気:快晴
コース:天女山登山口-前三ツ頭-三ツ頭-権現岳のピストン
参加者:Fまん、MH、ST(報告)、K(お試し)
行動時間:9時間程度
距離:13.6㎞(往復)

天女山登山口から登り始め、なだらかな樹林帯を歩きます。
しばらくするとだんだん急になり・・・風もなく蒸し暑いので汗だくになりました。
「ここが一番キツイ、ガンバレ」の看板に励まされ、
登り始めて3時間ほどで前三ツ頭へ出ると、展望が開けました!
前三ツ頭から三ツ頭までさらに登ると、編笠山や西岳が見えてきました。
そこからいったん下っての登り返しがきつかったです。
権現岳の山頂手前に鎖場が1か所ありましたが、使わなくても行けました。
山頂では、お昼を食べたあとにコンパスを使って地図読みの練習会。
とっても勉強になりました。
その後も景色に見とれてゆっくり山頂で過ごしていると、
ガスが晴れて赤岳、横岳、硫黄岳などの八ヶ岳全体が見えて最高の展望でした。
下山途中にはうっすらとした富士山も拝むことができました。
下山後、ちょっと天女山の山頂へお散歩してきました。
お天気は終始安定していて絶好の登山日和でした。

20130720_121637.jpg
鎖場楽勝!

20130720_141140.jpg
阿弥陀と赤岳

20130720_153932.jpg
遠くに富士山が...

20130720 有笠山フリークライミング

山 行 日 :平成25年7月20日(土)
メンバー  :AYAほか2名
天  候  :晴れ
岩場/ルート:有笠山ヘルケイブエリア/るんるんしんすけ5.12b

今日も有笠ヘルケイブにやって来ました。
そして今日も”るんるんしんすけ”

今日は落とすぞ!というわけで、相棒のK君、そしてさすらいのクライマービリーさんも参戦して3人でトライ!
ちなみにビリーさんは13クライマーですが、今はけがのためリハビリ中です。
1便目、2便目は、核心で墜落・・・今日もダメかな
いやな空気が流れます・・・
しかし!ビリーさんが流れを変えました!
ビリーさん、レッドポイント(再登)成功!
続いて、K君レッドポイント!
そして、私も続いてレッドポイント!

久々のレッドポイント、しかも自身の最高グレートも1つUPと、うれしい週末でした。

今日は、この時期にしては気温・湿度が低く岩が乾いていていいコンディションでした。
この感じだと、まだまだ登れそうです。

IMG_0456_convert_20130720212240.jpg

おまけ
帰りに食べたラーメン、激ウマでした。
IMG_0459_convert_20130720212441.jpg

20130715 蝶が岳

天候:曇り時々晴れ
メンバー:N夫妻、M木さん、ST、KA、AK、RC、F×2

予定では14、15日で尾瀬 燧ケ岳でしたが天候が悪かったため、前夜泊の蝶が岳に転進しました。

14日
お昼に前労Pに集合し、北アルプス蝶が岳めざして出発!
総勢9人の大所帯でわいわいいいながら蝶が岳、三股登山口の少し下のまゆみ池前の駐車場へ
予定では尾瀬だったので駐車場に3時くらいにはつき明るいうちから宴会スタート!
新メンバーのTちゃんも含め女子6人とおじさまがた?3人で楽しく飲みました(*^_^*)

15日
コースタイム:5:17三股登山口~7:20まめうち平~10:45蝶が岳山頂~昼休憩~12:00下山開始~15:10三股登山口
3時起床、夜の間に降り始めていた雨はまだやんでいませんでしたが雲の切れ間からは星がみえ、きっと今日はこの後晴れる!と信じ出発の準備。
登山口に車を移動し、5:17~歩きだしました。
歩き出す頃には雨もやみ、曇っていて涼しく、歩きやすい気候でした

三股から蝶が岳はひたすら樹林帯なのでもくもくと進みます。
途中、下山してきた人たちとすれ違うと、
「今、山頂は槍から穂高までばっちりみえてて最高に景色だよ!!私たちは上で2時間待ったけど、待ってよかった!」と興奮気味に語っていました
そんなこと言われたら走り出したくなっちゃうけど、すでに足は重くなりはじめ、体がついてこない^^;
そして、樹林帯を抜け、稜線にでるとまず槍のあのとんがり頭がちょこっと見えてこの時点でもうテンションアップ!!!
さらにちょっと進むと、槍から穂高連峰がばっちり!!
私は2回目の蝶が岳でしたが、前回は真っ白で何も見えなかったのでより一層嬉しかったです!!

蝶が岳
蝶が岳2

山頂でゆっくり絶景を眺め、写真を撮った後は蝶が岳小屋でランチタイムです
日帰り山行で山小屋で食べたのは初めてかも!?
カレーライスがとっても美味しかった~
帰りはまた樹林帯をひたすら下り、15:00過ぎに駐車場着!
安曇野蝶が岳温泉で汗を流し、お蕎麦でエネルギー補給し帰路に着きました
みんなでわいわいいく山はやっぱり楽しいですね!
色々計画してくれたNさんありがとうございました!

20130713-15 南アルプス(甲斐駒ヶ岳、鋸岳)

メンバー:Fまん(報告)、KG氏、MUちゃん

7/12(金):前労P~竹宇駒ヶ岳P
7/13(土):竹宇駒ヶ岳P~七丈小屋
7/14(日):七丈小屋~甲斐駒ヶ岳~鋸岳~釜無川幕営地
7/15(月):釜無川幕営~竹宇駒ヶ岳P

<7/12(金):前労P~竹宇駒ヶ岳P>
何時もの前労Pに集合。
道中、今回の山行で登る黒戸尾根や鋸尾根の話題で盛り上がりながら竹宇駒ヶ岳神社の無料駐車場へ。
既に数台の車中泊と思わしき車が停車していたので、我々も静かに車中泊で眠りについた。

<7/13(土):竹宇駒ヶ岳P~[黒戸尾根]~七丈小屋>
4:30頃から登山者を乗せたマイクロバスが到着し、駐車場は一気に賑やかに!
黒戸尾根は人気コースであることを伺わせる庚傾だ。
予定通り5時出発で、黒戸尾根はいきなりの急登で我々を迎え入れてくれた。。。orz
刃渡り周辺だけ展望が開けるが、五合目小屋跡までは樹林の中で、ウンザリする急登をひたすら進む。
刀利天狗を越え黒戸山を巻いてから五合目小屋跡までは結構下るので、せっかくかせいだ標高が勿体無い...
あまり変化の無い登山道で、重荷がズッシリとのしかかり、辛かった印象以外は記憶に残ってないですねぇ。
五合目小屋跡から七丈小屋までは、梯子と鎖が連続し、標高をグングンかせげる。
アスレチックのような登山道を1時間ほど進むと、やっと七丈小屋に到着。
この後の天候が怪しいので、初日はここでテン泊としました(^^ゞ

刀渡り
刀渡り

長い梯子
長い梯子

ベーコンブロック
定番にしたいベーコンブロック(笑)

<7/14(日):七丈小屋~甲斐駒ヶ岳~[鋸尾根]~鋸岳~横岳峠~幕営地>
早朝から甲斐駒ヶ岳山頂までの登山道は、登山客で賑わっている。
甲斐駒頂上はガスの中で展望がよろしくない。
しばらく休憩して、本山行メインの鋸尾根に向かう。
六合石室までは、相変わらずのガスの中。
展望まったく無くて面白くない!
1箇所長い鎖場がある程度で普通の登山道だ。

六合石室でガチャを装備して石室を出発。
この頃から時折展望が開け、やっと仙丈ヶ岳を望むことができた。
尾根道は徐々に険しくなり、鋸尾根と名がつく由来となるアップダウンに苦しめられながら、やっと核心部入口の中ノ川乗越に到着。
遠くから道を探るが良くわからない。
「まさか、あのガレガレを登るのか?」と言いながら鞍部まで歩を進めてビックリ!
本当に岩稜左側ガレガレの急登を登ることが判明。
足場は非常に脆くて不安定で、すぐに落石が発生する。

いざ鋸岳へ
いざ鋸岳へ!

ガレガレの急登
中ノ川乗越のガレガレ急登

長いガレ場を抜けると錆びた鉄剣が立つ第二高点に出た。
甲斐駒は相変わらずガスの中だけど展望最高!
第二高点から鋸岳がすぐそこに拝め、数人の登山者らしき影が鋸岳に見える。
下山ルートに使う予定の釜無川からの登山道を利用して鋸岳までは結構人が入っているようだ。

第二高点から鋸岳
第二高点から鋸岳

第二高点から甲斐駒
第二高点から甲斐駒


目の前の尾根は進むことができないので、左の樹林内を大ギャップの最低部まで下降。
カラカラと小さな落石が常に起きている嫌な場所。
最低部をトラバースした先のガレ場を見上げると、稜線に抜ける直前にポッカリと穴が空いているのが見えた。
あれが鹿ノ窓だ。
鹿ノ窓は戸台からの南アルプス林道からも見ることができる。
ガレ場を直登し、鹿ノ窓から垂れる50m程の鎖を頼りに一気に窓を抜ける。
あとはこの先の小ギャップを抜ければ、危険地帯はほぼ終了。
小ギャップを約20mほど懸垂下降し鞍部に降り立ち、鞍部から登りの鎖(約10m)となる。
我々は重荷なので、安全確保のため、鎖に支点を取りながらリードクライミングで抜けることにした。
全員で小ギャップを越え、やっと鋸岳に到着。
辺りはガスに囲まれ、残念ながら展望はまったく無しだけど、ここまでくれば危険地帯終了なので、何となく達成感に包まれる。

鹿ノ窓
鹿ノ窓

小ギャップをリード
小ギャップをリード

鋸岳
鋸岳


しかし、ここで予期せぬ事態が発生...
突然雨が降り出したと思ったら、何の前触れも無く轟音と共に近くへ落雷(>.<)
とにかく山頂から離れるために下るが、すぐ近くにまた落ちる。
2発目が落ちた後、樹林を見つけたので、兎に角そこへ逃げ込む。
後はこの樹林に落ちないのを祈るのみ。。。
雷が通り過ぎるまでやり過ごす時間が非常に長く感じた。
最後の雷音を聞いてから約30分後、16時頃に行動再開。

疲労も蓄積し、何より雷で精神的ダメージが大きく、足取りが重くなった。
エアリアで20分ほどの距離にある角兵衛沢のコルまでが非常に遠く感じた。
樹林の尾根をウンザリするほど下り、明るいうちに横岳峠まで何とか到着。
幕営適地だが、水が無いので今日中に小屋まで下ることにする。
横岳峠を下り40分ほどで水場に到着し、しばらく進むと道は沢の中を通るようになる。
既に回りは真っ暗で、沢の中の道を探すのに難儀する。
何回かの渡渉を繰り返すうちに、沢から一段高いところに人工的な広場が現れた。
このとき既に行動時間が16時間に達しており、疲労もピークを通り越している。
全員一致で、ここに幕営することにした。

<7/15(月):幕営地(釜無川小屋)~釜無川ゲート>
6時に起床し外に出ると、我々の置かれた状況が判明した。
幕営していた場所は、釜無川の一番奥に作られた堰堤の中。
また、その場所から10m程上に、幕営地に計画していた無人小屋が立っていた。
昨夜は疲労のため、注意深く周りを探索しなかったため、見つけられなかったようだ。
快晴の天気の中、約9kmの林道をゲートまで歩く。

ゲートからタクシーを呼び、竹宇駒ヶ岳神社Pまで戻る。
温泉につかり、南アルプス天然水で有名な「サントリー白州蒸留所」を見学し、帰路についた。

釜無川

サントリー白州蒸留所

サントリー白州蒸留所案内板

20130715 黒岩クライミング

天候:晴れのち曇り 
メンバー:TOさん、TSさん、KTさん、TSさん、AUさん(初参加)、YaM(報告)

【取付いたルート】
練習岩
夏子[5.8]
あの日に帰りたい[5.8]
柿ドロボー[5.10b]
ボランティア[5.11a]
寒桜[5.10d]


KTさん悲願のボランティアRP!
午前中のトライでは、いつもならすんなりの核心部でフォール。
午後、TSさんのアドバイスで、大胆に右手をのばすムーブに切り替え、核心部突破。
後半は自信満々のムーブでお見事でした。おめでとうございます。

AUさんは前労では初めての黒岩クライミング。
練習岩でアップして、夏子へ。岳友会、おけらはトップアウトした事があるとか。
残念ながらクリアとは行きませんでしたが、核心部のムーブさえ解決できれば、RPも遠くないでしょう。

TOさん、TSさんの久しぶりの参加もあって懐かしい?前労の雰囲気でクライミングを楽しめました。

20130707 黒岩

天候:曇り・雨・晴れ めまぐるしく変わる一日
メンバー:YMさん、FMさん、YMさん、Iさん、Mさん(初参加)、TS(報告)

【取付いたルート】
練習岩
おけら
チェス
あの日に帰りたい
老眼鏡
ボランティア[5.11a]
ツル
あひる(YMさんさんのみ)
学友会

今日の黒岩は時々雨、曇り、晴れとめまぐるしく天気が変わる一日でした。日曜日としてはすいていました。

2度目の、Iさんはだいぶ岩になれてきたようです。
初参加のMさんは、練習岩余裕、おけらノーテン、チェスも学友も次回はクリアしてしまいそうです。
すでに見かけはクライマーです。

YMさんさんとFまんさんは、居残り練習をしていました。パワー有ります。

20130706 黒岩フリークライミング

メンバー : Fまんさん、Sさん、Tの3名

天候   : 曇り時々晴れ

ルート  : ボランティア 5.11a
       老眼鏡    5.10c

今回は久々にSさんがクライミングに参加しました

Fまんさん、Tは朝からボランティアに。。。
Fまんさんは午前中のみの参加でヌメッとした岩に苦戦しつつも核心の
左手カチの持ち方に良いイメージを持てたみたいです。
Tはこの日も核心を超えるもRPできず…核心を超えた後のムーヴを確認
して終了。

SさんはボランティアをTRで、久しぶりの岩の感覚を確かめながら登って
ました。リードを夏子 5.8でやろうとしましたが核心がビショビショだった
ため老眼鏡で、やはり久々のリードは緊張したようでした

この日は我々以外、1組だけと静かな中でのクライミングを楽しめました

2013-06の報告

201305norse.jpg
写真は、二子山東岳弓状エリアノースマウンテン5.12a最上部の自分です。

YMです。
6月をまとめてですいません。

6/1二子山東岳弓状エリア
6/2二子山東岳弓状エリア
二子2本目の5.12となるモダンラブ5.12aに手を出しはじめました。

6/16二子山東岳弓状エリア
二子に到着するも雨の浸み出しのため登れるルート無しでそのまま前橋にリターン。
WSでジムトレ

6/23二子山東岳弓状エリア
いよいよ浸みだし流れ出しで登れなくなるためモダンラブに残置していたクイックドローを回収。
二子通いは、台風が来なくなって岩が乾くまでお預けの予定。

6/30湯川クラック
長野県小海町の湯川で今シーズン初のクラッククライミング
しばらくは、クラックモードです。

 | ホーム |