プロフィール

ta ke3

Author:ta ke3
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


湯川クラック

3.29土曜日に湯川に行ってきました。
メンバーはMA、MU、Oの3名。
アプローチは悪かったですが、岩場は快適。一日中暖かかったです。途中むしろ暑いぐらい。

岩場の右のエリアにて、デゲンナー、フォーサイト、北風小僧にTRを張り

各自ジャミングのトレーニング、カム・ナッツ類を用いたアブミかけ替えによる人工登攀などを
パリパリと取り組みました。

一応最後の終了直前にコークスクリューをリード、サイコキネシスをTRでトライしました。
コークスクリューはフォーサイトを完登出来た事で浮かれていたのか、途中でテンションはってしまいました。
サイコは…うーん。精進します。


カム・ナッツ類を用いたクライミングはとてもエキサイティングですね。
登れた事はもちろん嬉しいですが、むしろ「自分でプロテクションを設置する」事の面白さに気付かされました。

クラックのルートは、最初のうちはプロテクションの設置の問題もあるので、簡単なルートでも良いからレッドポイントしたルートをしっかり増やしていくことが必要だな、とも思いました。

20140323 蓼科山

天気:晴れ
メンバー:TK、ST
コースタイム:女乃神茶屋登山口6:40-山頂10:20-お鉢めぐり&ランチ-女乃神茶屋登山口12:50

登山口Pでは-8℃、かなり朝は冷えこんでいました。
年末にMさんに連れてきてもらったときはパウダーでサラッサラだったのに、今回は始めからカッチコチ!
前回はステップをきって登っていけたけど、今回はクラストした急な滑り台と化していました。
あれれ?こんなに急だったかしら…
前爪を効かせて登ったり、トラバースしてみたり、web登山教室を思い出しながらアイゼン歩行のいい練習になりました。
3月末なのに、樹氷がまだ綺麗です。
2014032301

Mさんの教えに従い、森林限界の手前で風の対策をしっかりしていざ山頂へ。

2014032304

あれれ??全然風がない・・・
寒くな~い!!というか、あったかいです。
おかげで山頂で360度の展望を堪能してのんびりしてから下山できました。

20130322 河又

河又のコウモリ岩に行ってきました。

天気:晴れ
ルート:イヤーイヤ(5.11a)、ミヤザキミドリ(5.10a)、ムーンビーム(5.9)、麦畑(5.10b)、ディスコバージョン(5.10b)
メンバー:U野、S藤、S田

20140325231152964.jpg

万全の花粉対策のおかげでしょうか?

症状は比較的、軽めな一日でした。

今日は、★★★★ゲット!

20140322湯ノ丸山BC

140322に湯ノ丸山にBCに行ってきたので、その報告をいたします。
メンバー:KK(単独)
天候:晴れ
ルート:旧鹿沢からピストン

0555頃、ハイクアップを開始します。鉄条網をまたぐ箇所があるのですが、今年は降雪が多かったようで埋もれて見当たりませんでした。
0613、ほどなく東屋に到着。一瞬休憩。湯ノ丸山にはまだ雲がかかっています。
yunomaru1.jpg

樹林帯の中の沢地形をレンゲツツジ群落地側(ゲレンデ側)を意識しながらつめていきます。
前日の雪の影響で登りづらくなっているのではないかと予想していたのですが、雪はよい感じで結合していてとても登りやすかったです。
0720湯ノ丸山南峰に到着。
yunomaru2.jpg

0735滑走開始。堅めですが、少し荒れたゲレンデのような雪質でわりと滑りやすかったです。場所を選べば浅いパウダーだったのかもしれません。
0750一部極悪なモナカ雪があり苦戦しましたが駐車場に到着。

北峰のオープンバーンを滑走して、登り返し、今回登ってきた疎林側から帰る、これが合理的なルートのような気がしますがどうなんでしょう・・・。教えてください。 

20140321 黒岩

天気  :晴れ→プチ吹雪
メンバー:Okd,Sat,Taka,N-Hat,Kub,D-Kat,Mac(ミジンコ)
ルート :西稜 (Ⅳ)
    ヤンキー稜 (Ⅳ)
    練習岩
    岳友会 (5.9)
    柿ドロボー (5.10b)
    冬物語 (5.10d)
    舞姫 (5.11b)
    ボランティア(5.11a)
    チェス (5.10a)
    ミニマックス(5.10c)

お久しぶりの記事アップで失礼しますミジンコです。
ワタクシゴトで恐縮ですが、ケガのため山行を休んでおりましたが
ようやく復活できました。心配してくださった方々ありがとうございました。
久々の山行。
久々のクライミング。
久々の黒岩。
しかも先輩がたの協力のもと、ワタクシ初計画なのでございます。
このミジンコも偉くなったものですw

さてさて、内容はといいますと、
黒岩シーズンインということと外岩二回目のD-Katさんの『クライミングを楽しんでもらう&ビレイをしっかり覚えてもらっちゃうのよねスプリングフェア2014』ということでございまして、重鎮Okd師匠とTaka兄貴にご指導いただきました。
午前中は穏やかで気持ちよく登れました。西稜登りあげて振り返ると
前橋・高崎の景色が今までで一番キレイに見えました。もう丸見えでございますよ。ハズカシいほどw

SatさんとKubさんがボランティアやっていたので僕もまぜてもらいました。
が、去年のムーブがすっかりどころではなくこってり忘れてしまいテンション。
しまいにゃ去年僕がやったハイステップをSatさんに教えてもらう始末。
やはりまだまだミジンコでございます。
Satさんは核心すんなり抜けてました。行けますね。
D-Katさんはジム通いの成果もありチェスワンテン抜け。その後岳友もノーテン。
chesu

このミジンコなぞすぐに抜かれてしまいそうです(彼、若いし)
Hat兄貴とTaka兄貴とOkd師匠で冬物語と舞姫。見ているだけで勉強になります。
終盤に差し掛かりOkd師匠がD-Katさんのために岳友を張る。
ビレイはD-Katさん。
『Macくんフォローしてね』とOkd師匠。
gakuyuu

僕が初めてリードのビレイをしたのも岳友。張ってくれたのがMu師匠でフォローしてくれたのがSatさんでした。その時はよくわからなかったけど、僕もD-Katさんもすごく恵まれているんだと今更ながら感動しました
(あれ?遅い?)
ってかOkdさんが岳友ってレアですね。
で、練習岩のテラスの上にいた地元ではかなり有名なNガイドと世間話するOkd師匠。ロアダウンしながらも世間話w
この二人も『岳友』ってコトなんですかね?(あ、うまい?)

こうして本日の黒岩楽しんできました。
お疲れ様でした。

今日の山行を計画するにあたりまして、Mu師匠いろいろとアドバイスしていただきありがとうございました。

20140322 黒岩

メンバー ma fu st kb

ルート ピラミッドフェイス 岳友会 夏子 ボランティア つる チェス アルカディア

小春日和の気持ちいいクライミング日和でした

maさんボランティアRPおめでとうございます。

報告 kb

2014.3.16 コマノカミノ頭

メンバー:N夫妻、Sさん、Uさん、Kさん

天気:晴れのち雨のち雪

コースタイム:駐車場7:15→コマノカミ沢出合8:20→
         稜線11:40→コマノカミノ頭12:20→
         ランチタイム12:50→駐車場15:30

ルートはこんな感じです。
11.jpg
話には聞いていましたが、林道歩きが長いったらありゃしない!帰りが特にしんどかったです。
でも良いもの見れました。

あんな景色や
22.jpg

こんな景色
44.jpg

そんでもってこれ
yyu.gif

そして、災害現場に遭遇
hhg.gif
Sさんが雪崩れて行きました。憧れます。

終点には彼が待っていました。何やってんだお前ら!!と言わんばかりにこちらを睨みつけていました。
33.jpg
大人なのに、、、すみませんでした。また来ます。

今回の山行もたのしかったです。ありがとうございました。

20140316かぐらBC [初心者向け講習山行]

3月16日(日) かぐら峰に初心者向けバックカントリー講習として行ってきました。

メンバーはA部さん、M腰さん、U野さん、S口さん、Hさん、K藤くん、T井の7名。

天候:

コースタイム
 第五ロマンスリフト降口10:00⇒中尾根の頭10:30⇒中尾根北斜面滑走11:25⇒ゴンドラ乗り場12:00

今回は今シーズンよりバックカントリーを始めたメンバーを対象に簡単な講習を行いました。
 
 ・ハイクアップ(ルート取り、シール歩行/スノーシュー歩行)
 ・地図読み(コンパスの使い方、山座同定)
 ・気象の話(山の気象がどのようなトラブルに繋がるか)
 ・滑走(スピードコントロール、待機時の注意点等)
 
先ずは出発前のビーコンチェックから…当然の事ながらビーコンは装着したらすぐにSWをONして動作を確認。
(初心者に限らずこのクセはつけておいたほうが良いです、予備があるとベターですね)

BCに入る前にゲレンデで滑走時のワンポイントアドバイスを行いながら足慣らしを数本、第五ロマンスリフトが動き出したので準備をしてハイクアップ開始。
かぐら出発

ハイクアップ時のルート取りの話やトレースを外してのラッセル/キックステップを練習しながらでもあっという間に中尾根の頭に到着。

キックステップ練習の図
キックステップ

スノーシューラッセル?の図
スノーシュー

中尾根の頭では休憩がてらA部さんに地図読みの実践や気象の話をしていただきました。天気も良く山座同定もわかり易くできました
休憩

一通り山頂での講習が終わったところで滑走準備をし、中尾根の北斜面へ。北斜面は雪も状態が良く快適な滑走ができました。
北斜面

お昼はレストハウスでとり、午後はゲレンデで滑りの練習をおこないました(一名を除いて)
午後は中尾根の頭で気象の話をしていた通りの展開で雪模様に…
午後雪模様

簡単ではありますが充実した一日でした、またこういう機会を設けて安全山行を目指したいと思います。
A部さん/M腰さん講習サポートありがとうございました。

参加したみなさんもお疲れ様でした!

前武尊

2013.3.16 前武尊

天候:晴れ 
コースタイム
ゲレンデトップ9:30→前武尊山頂10:30→荒砥沢滑走→途中から登り返し前武尊山頂13:30→十二沢滑走

メンバー:M木、E・F

一日親子で前武尊に行ってきました!
私にとっては初めての前武尊でした

この日は昼過ぎまで晴天。
登りでは汗ばむほど暖かかったので雪はだいぶしまっていて表面はややクラストしてましたが、私には滑りやすくちょうどよかったです。
パウダーだと足をとられてうまく滑れないので・・・

初めての前武尊、登りでちょっと斜度がでてくるとスキーがずるっと後ろに滑り、苦労しました。
斜度がないところだとあまり気をつかわずすいすいハイクアップできますがちょっと斜度がでてきるとそうはいきません・・・
ハイクアップも経験積んで慣れないといけませんね・・・
もちろん?滑りもまだまだ・・・
ゲレンデで横滑りや教えてもらったことを練習しましたが、午後になると雪が降り始め寒くなってきたので退散・・・

またゲレンデや山に練習に行きたいな~
M木さんお付き合いいただきありがとうございました~
前武尊2




白馬乗鞍岳


2014.3.12
10:30自然園駅から出発
     ゴンドラ・ロープウェイを乗り継げると実に楽になる。
     やたらと暑く、全身から汗がたっぷり出てくる。
     M腰氏も頑張って登る。
12:15天狗原に着く。
     やや風を感じる。やっぱり山頂まで行きたい、と思う。
     雪がかなり締まってくる。標高がますにつれ風が強くなる。
     山頂直下で猛烈に風が強くなる。
     ボーダー2名が、風が強すぎて山頂で板が履けないと徒歩で降りてくる。
13:15増々風が強くなってきたのでここで撤退する。
     「後少しなのに・・・」
     天狗原まではただ降りてきただけ。
     この後は重い雪に悩まされながら降る。
     途中で遅いラーメンを食べる。
     ゲレンデは板が全く滑らない。最後はブレーキ掛かりっぱなしでくたくたになる。
15:00駐車場に到着
     M腰氏もM木も消化不良で本日の山行が終わってしまった。
     「残念だな」

2013.3.16中里の岩場 キコリ2F

先週の日曜日に中里の岩場にクライミングをしに行ってきました。
メンバーはT、H、Oの三名。
取りついたルートはハンマヘッド、貯金箱、植木鉢、恐竜王国
左から10c,11a,10d,11b

1日、日当たりも良く、まさに春の陽気の中、クライミングを楽しめました。

恐竜王国は看板ルート。ボルト間隔がなかなか遠いものの、スケールは群を抜いていると感じました。

次回このエリア来たらRPしたいです。

作成者O

20130315 河又

河又のコウモリ岩に行ってきました。

天気:晴れ
ルート:イヤーイヤ(5.11a)、ミヤザキミドリ(5.10a)
メンバー:S藤、S田

春のポカポカ陽気

手足はツルツル

そして、花粉症を発症

マスク必須です。

20140315224128416.jpg

140309黒岩

メンバー:K大、uda
車道は除雪されていて通行可、端に雪が積まれていてすれ違い困難な箇所がありました。駐車場は3台ほど駐車できるスペースがありますが、この雪が融けるまでは時間がかかるかな…アプローチは雪が積もっているので長靴などが良いです。ひっくり返しの大岩には立派なつららが…早く暖かくならないかなぁ。

20140309東谷山BC

3月9日 東谷山へ行ってきました。

メンバーはS口さん、U野さん、T井の3名。

天候 : 快晴

コースタイム
 登山口8:10 ⇒ 二居峠8:50~9:00 ⇒ 鉄塔9:30 ⇒ 山頂12:00~12:30 ⇒ 貝掛け温泉バス停14:40

”The Day”という言葉がまさに当てはまる日でした、BCフルハイクアップが初めてのU野さん良いスタートが切れそうです。
東谷山登山口

少し登ると綺麗な景色が広がりテンションもUP
綺麗な景色

順調に高度を上げていきちょっと難所の傾斜がキツイ尾根もクリア。
ヤセ尾根

山頂直下で少しバテ気味になってしまいましたが予定通りお昼に山頂着、U野さん意外に楽勝だったかな??
苗場山、かぐら峰をバックに記念撮影
記念撮影

穏やかな山頂でゆっくりお昼をとり滑走準備をしてドロップポイントへ・・・
先行者のトラックは多くあるものの軽いパウダースノーはまだ豊富に残っていました!!

S口さん、良いスプレー上げています
S口さんスプレー

U野さん、BCに慣れてきて滑りも安定
U野さん

T井、雪まみれ((笑))
雪まみれ

予想外のパウダーを楽しみながら降りてきて帰りのバスの時間まで余裕があったのでゆったりティータイム。
ティータイム

最後はトンネルを抜けて夢のような時間は終了。。。
トンネル

今回も怪我もなく楽しいひと時を過ごせました。

20140223 前武尊BC

2月23日 前武尊山へ行ってきました。

メンバー:M腰さん、M木さん、S尾さん、U野さん、K嶋さん、T井さん、K藤さん、(M田さん)、S田の9名。

天候:晴天

コースタイム:
 登山口9:15 ⇒ 前武尊頂上10:15 ⇒ 十二沢滑走(右) ⇒
登山口11:00 ⇒ 前武尊頂上12:00 ⇒ 十二沢滑走(左)

朝から快晴、気温が高くあっという間に雪が重くなってしまった。

1本目は右ライン、2本目は左ラインを滑走。

正解は、左ライン。ややパウ頂き!

IMGP0065.jpg

140303~04乗鞍岳

メンバー:N夫妻、seki、chigi、uda
私にとってははじめての冬の3000mでしたが、アーベントロート、モルゲンロート、満点の星空、雷鳥、シュカブラと美しいものがたくさん見れました。(外国語は調べてね。)
3日 11:00乗鞍高原スキー場着→11:30リフト→12:15リフト終点より歩き始め→14:00テンバ着(第4から第5標識の間)
初日はテン場まで2時間弱の楽な行程。針葉樹に囲まれた平らな場所があり、すこぶる快適。トイレとダイニングテーブルを作り、ペンション中ちゃん完成。danran.jpgどこからか小鳥の声がぴちぴちと…日差しの強さからも春が近いことを感じます。小宴会の後お散歩がてら稜線上へ。穂高連峰、槍ヶ岳が夕日に照らされてすばらしかった。夕飯はカレー鍋。体の芯から暖まりました。mihoさんいつもおいしい食事ありがとうございます。ほかにもsekiさんが自家製○○ろくを振舞ってくれたり…テン泊ってやっぱり良いですね。夜もあまり冷え込まず、スバルの鑑賞なぞしました。星はすばる。
4日 5:30テン場発→8:30肩の小屋→10:00剣ヶ峰頂上→11:30テン場着
翌日はご来光を拝むため早出。稜線に登りあげると、八ヶ岳の向こうからご来光が。振り返ればこれから向かう剣ヶ峰がアルペングリューエンに輝いています。sunrise.jpg
なんかもうどこまでも歩いていけるぜ!って感じ。ざくざく、アイゼンの音を聞きながら歩いていると、ぎぃぃ~と木が軋むような音が。「雷鳥だ!」とNさんが叫んで顔を向けると、真っ白な雷鳥がてくてく歩いていました。なんか今年はいいことありそう。それにしても雷鳥があんな悪役みたいな声で鳴くなんて知らなかった。標高をあげると風が強くなり、美しいシュカブラが足元一面に広がりました。頂上付近では風がかなり強く吹いていて、頂上の祠はえびの尻尾まみれで面白かった。hokora.jpg頂上では北から北アルプス、八ヶ岳、南アルプス、中央アルプス、御嶽山、白山がぐる~と見渡せる大展望。御嶽山がかっこよかった。下りはシリセードを活用しながら楽々下山。バックカントリーの人たちともすれ違いましたが、確かにこんな雪原を滑っていけたらすばらしいだろうなぁと夢が膨らみました…ら、来年こそは!11:30テン場着。撤収して駐車場についたのは15:00でした。スキー場を登山の格好して歩いていくのはかなり恥ずかしいですね。しかも上級者コースなんかは私ではシリセードもできないので恐る恐る下っていたらリフトの上からがんば!と声をかけられました。ほうっておいてください。帰りは安曇にある幻の蕎麦屋○○なべでそばがきを食べました。N夫妻は4度目の挑戦にしてやっとです。はじまりから終わりまで良いことずくしの山行でした。一緒に行っていただいた皆さま、お世話になりました。

2014.3.1平標

8:40駐車場発
林道を歩く。とても暑い。雪質は最悪。ガスが出ていて視界不良。
汗が額から落ちてくる。この時期に信じられない気温。「滑りはきっと楽しくはないだろう」の会話。
12:00稜線に出たところで休憩。撤退を決める。
超重い雪。「おいしいところがおいしく滑れない」同行M氏の言葉。
14:00駐車場にたどり着く。時間の割に足が張っていた。
メンバーはM&Mコンビでした。


 | ホーム |