プロフィール

ta ke3

Author:ta ke3
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


黒岩 フリークライミング

2014-05-25-Sun

メンバー
OK師匠、OGボス、まっちゃん、すーさん、たけちゃん、Drモロー、Sat
ルート
夏子 イプシロン下部、アックスの涙、スノードロップ、あひる

久しぶりにOGさんが参加して楽しいクライミングでした。
残念ながら、今回はRPはなしでした。

報告:Sat

20140525 有笠

天気:晴れ
ルート:『東の石門』
    白雪(5.8)
    有笠中央岩陵(5.9)
    謎の女(5.10a)
    はし休め(5.10c)
    モーテル有笠(5.11c)
    『フェアリーロック』
    ラスカルの泉(5.10a)
    パトラッシュ(5.10b)
    アメデオの手(5.11b)
    パスファインダー(5.11bc)
メンバー:Kag Hat Kub Tkm Mac(ミジンコ報告者)    
    


度々失礼します。
実は僕『モテ期』キてます。
誰にモテてるかって?



 に
 い


 と
 か



 か

 蚋


 
 も


 羽
 虫



 w
  w
   w

ブイブイどころかブンブン言わせております。

今週も有笠に行ってきました。まずはお決まりの石門へ。
石門は人が多めで朝からけっこう賑やかです。
今回は石門初のKag氏と外岩初で先日入会したばかりのTkmくんに『石門満喫メニュー』を楽しんでもらいます。

Kubくんが白雪5.8にロープを張る(しかもOS)
新人Tkmくんいきなりノーテン抜け。
Hatさんがはし休め5.10cにロープを張る。
新人Tkmくんあっさりノーテン抜け。
ルートが空いたのを見計らって僕が中央岩陵5.9にロープを張る。
新人Tkmくん考えながらもこれまたノーテン抜け。
こりゃぁとんでもねぇ。

手前ミソなハナシで心苦しいですが、ワタクシミジンコもクライミングを始めて9ヶ月『ホップ・ジャンプ』で(ステップを忘れてこれからつまづく予定)先輩がたを驚かせてきたと自負しておりますが、Tkmくんはメンタル・フィジカル共に強く何より楽しそうに登っていく。手足も良く伸びるしカラダの使い方がうまい。本人次第だけど一生懸命やればすぐにうまくなりそう。これから楽しみです。
新人


午後はフェアリーでラスカル・パトラッシュ・アメデオをみんなでお触り。Hat兄貴と僕はパスファインダー。

さてさて、本日の出来高ですが

まずはKag隊長。
白雪と中央岩陵は余裕。
謎の女はニーバーが決まらず、ヒザにキズを作りながらTO。
はし休めはわりとすんなり抜けてました。ムーブを固めればRPできますね。『総合的な山力』での新人指導もKag隊長ならではです。このミジンコも勉強させていただきました~。
Kag隊長はパソコンでいうところの拡張性の高いマザーボードといったところでしょうか。

次にHat兄貴。
カゼをこじらせてまだ本調子ではないにしろ、パスファインダーワンテン。次は行けますね。
それからクライミングの安全に対する認識も毎度のことながら素晴らしく、新人の指導も至らないリーダー(僕)をサポートしていただきました。ありがたい。

それからレンジャーKubくん。
最近Sat先生に負けないキレキレ具合。モーテルも2便でRP。まさに『一泊二撃w』どんどん強くなりますね。
彼も率先して新人Tkmくんの指導をしてくれました。優しいオトコであります。

そんで新人Tkmくん。
先にも書いた通り、これから楽しみです。
まさに、
『ヒツジの皮を被ったなんとやら』

そんで僕。
ようやくパスファインダーRPできました。遅ればせながら次はアヒル狩りにしようかな。
僕も便乗して














ヤギ

『メェ~メェ〜』
(弱っ!)

ふぇあり


それからそれからこのたび車を買い替えまして
以前僕の車に乗ったことがあるかたはご存知とは思いますが
彼女↓エリちゃんていいます。
IMG_1786.jpg
彼女ともサヨナラなんです。
いろんな登山口に連れていってもらいました。

今の車を手放すワケではないので、もしかしたらたまには出動するかもしれません。

次回からは新しい車で山行できるでしょうか?

みなさんお疲れ様でした。

iPhoneから送信

20140524 獅子岩南東稜

こんにちは。
自分を動物に例えると『ライオンに食べられちゃう前の震えるヌー』だと認識しております。ミジンコです。
ってなワケでごさいまして(どんなワケだ?)ワタクシ『ヌー』はライオンに立ち向かってきました。
取り付きより


天気:晴れ
メンバー:パーティ1(チームミジンコ)
      Dr,Morrow
      僕(ミジンコMac)
      パーティ2(チームキレキレ)
      ティーチャーSat
      レンジャーKub

05:00 前労P
05:50 7号橋P
06:00 子持山登山口
06:40 獅子岩取り付き
07:00 パーティ1登攀開始
10:50 パーティ2獅子岩ピーク
11:30 下山開始
12:00 7号橋P
12:40 前労P解散

~山行とは関係ありませんが~

14:00 Suz夫妻宅にて二人を拉致w
14:30 伊勢崎のクライミングジム
17:00 出しきった感満載で登攀終了
17:20 伊勢崎の登山用品店で新会員Tkmくんと合流
18:00 解散

当日取り付き渋滞が予想されるため
出発時間を一時間早めて出発。で、一番乗りw
クライムオン


パーティ2の提案で1~2ピッチをつなげるコトに。
リードはパーティ1は僕。
パーティ2はSat先生。

前回はリードが初めてだったのでかなりいっぱいいっぱいでしたが、今回は気持ち的にゆとりがあります。
ロープが交差なんて・・・
ヘタクソか
してるぢゃんすか(笑)このヘタクソめw

3ピッチ目パーティ1Morrowリード。
パーティ2はレンジャーKub。
巨大フレークが大きなクチを開けて待ってます。
Dr.Morrowくんは先日のエキスカーションで鍛えられてきたせいかまるで散歩をするかのように登っていきます。


4ピッチ目(核心)はふたたびSat先生と僕がリード。高度感がたまりません。
先生

子持山から見る赤城と榛名はとてもとても美しくて、ちょっと泣きそうになったりして。
赤城山

パーティ1の5.6.7ピッチはMorrowくんリード。
パーティ2は5.7ピッチKubくんリードで6がSat先生。
キレキレのオトコ

獅子岩ピークにはハイキングの人たちが沢山。
ハイキングにも良い山ですね。

気温もちょうどよく、吹き抜ける風も気持ちよく、
楽しい山行でした。お疲れさまでした。
お疲れ

今回計画してくださったSak隊長が急遽欠席のためタナボタ状態で僕がリーダーをやらせていただきました。
いろんな意味でステップアップしたい僕にとってはとても勉強になりました。
まさに『ギョフノリ』 わははは。
参加された方々には頼りないリーダーだったかもしれませんが、
いろいろまかせてくれてありがとうございました。そして何より計画から下連まで引き受けてくれたSak隊長本当にありがとうございました。


赤城バック




iPhoneから送信

20140524御座山

メンバー:K子、tsuku
天気:晴れ
コースタイム:7:30長者の森登山口-山頂10:50-下山14:20

しゃくなげで有名な二百名山・御座山に新緑のハイキングに行ってきました。
落葉松の芽吹き、ミツバツツジを見ながら気持ちのよい道をのんびり歩いていくと、しゃくなげが現れ始めました。
陽の当たるところは咲き始めていましたが、しゃくなげのトンネルのようなところはまだまだこれから・・・
しゃくなげトンネル

やっぱり6月上旬が満開でしょうか。
山頂からは八ヶ岳や南アルプスがきれいに見えました。
山頂

20140525 神楽峰BC

メンバー:AYB、SKD
天気:曇り時々晴れ



バックカントリー滑り納めで、神楽峰に行ってきました。
ゆる~い山行でしたが、たまにはこんな日があってもいいのです。
ブナの新芽と雪のコントラストがとてもきれいでした。
そして、頂上で念願のフルーツミックスゼリー、最高です!

今年も大きな事故もなく、とても楽しくシーズンを終えることができました。
ありがとうございました。


20140518 有笠


 と
  え
   ソ
    レ
     で
     狂
    い
   だ
  す
 明


 来
  る
   と
    し
     て
      も
      ・
      ・
      ・
 

    あ
    の
    ガ
    バ
    を



掴んでしまった。

なんちてwww


今週も有笠に行ってきました。

天気 :晴れ(虫がではじめました)
ルート:*東の石門
     謎の女(5.10a)
     モーテル有笠(5.11c)
     祝30万km(5.11d)
    *フェアリーロック
     パトラッシュ(5.10b)
     夢を見る頃(5.11ab)
     ステミングダンス(5.11ab)
     パスファインダー(5.11bc)
メンバー:Okd Sat Sak Suz Hat Mac 

一年前はクライミングの『ク』の字も知らなかったミジンコですが、この時期の有笠(フェアリー)がこんなにも賑わっているとは知りませんでした。
しかもしかも三ツ星ルートのパスファインダーはモテモテです。でもこの雰囲気キライじゃないっす。

朝、有笠東口Pは既に県外ナンバーで満車状態。まずはみんなで東の石門へ。

で、まずSat先生。モーテルTRで一便出した後サクっとRP。しかも全然違うムーブで突破。
最近マジでキレッキレですw
次は黒岩スノードロップですか?

次はSak隊長。見事30万km走破。抜群の安定感で相変わらずセクシーなムーブ。
Sak隊長のステキムーブに名前をつけさせていただきました。
『ワタシ、ソレ、知ってますムーブ』

そんでSuz大先生。新婚でシアワセの真っただ中。久々の有笠でも愛のチカラで12万kmトップアウト。
愛妻弁当ガチでうらやますい。

それから前回30万km走りきったHat兄貴はフェアリーで一通りオサワリ。前日の黒岩の疲れでしょうかいつものパフォーマンスがでませんね~。また次回一緒に頑張りましょう。

あとOkd師匠。アップでパトラッシュをOS。夢を見る頃もRPでお持ち帰り。パスファインダーもすでにムーブ解決した模様。凄すぎる。
Okd師匠のステキムーブに名前をつけさせていただきました。
『秘伝のタレムーブ』

そんで僕。
ホワイトパレスと間違えてステミングダンスに取り付いていました(爆)やはりミジンコ。
でもステミングダンス5.11abは辛いっす。夢を見る頃が可愛く感じます。
足の短い僕にはステミングのために開いた股関節のナンコツが八月中旬並の賑わいでございます(ワケわからん)

パスファインダーは激混みでお持ち帰りはできませんでした。

みなさんおつかれさまでした。
20140518arikasa.jpeg

20140517 白馬鑓ヶ岳BC

メンバー:KAさん、TSさん、KK(報告者)
天気:強風・霧(ときどき雨・晴れ)

男三人で温泉に行ってきました。
0230高崎集合
0555猿倉スタート
0655白馬尻付近で休憩
hakubayari1.jpg

0803雪渓の途中で休憩
1023稜線で休憩
1100杓子岳をトラバース

白馬鑓山頂を目指して、つきそうでなかなかつきません。
hakubayari2.jpg

1230白馬鑓ヶ岳にようやく到着、お疲れ様でした。
hakubayari3.jpg

1315夏道側に少し下った場所からエントリー
滑り出しは40°ほどありますが、その後は30°ほどの快適な斜面が続きます。
hakubayari8.jpg

雪質も良かったですが何よりも広大なスケール感に感動しました。

匠の滑り
hakubayari6.png

hakubayari5.png

1345白馬鑓温泉到着
KAさんとTSさんは入浴。私は足湯してました。かなり熱いので雪を足して温度調節をする必要があります。テントが5張くらいありました。テント持参でここに定着して、日がな一日ハイクアップと滑走を繰り返すのはとても良い考えだと思います。
細心の注意を払って撮影。
hakubayari7.jpg

1610小日向のコルを登り返して猿倉到着
累積標高差1900m、シビアでしたがとても楽しかったです。
KAさん、TSさん有難うございました。

黒岩 フリークライミング

2014-05-17-Sat

メンバー
むらっち、 まっちゃん、 ふじやん、うらっち,、たけちゃん、 なおやん、Drモロー、 バービーMiちゃん、Sat

ルート
夏子 岳友会 おけら スノードロップ、寒桜、つる あひる 老眼鏡

久しぶりに大にぎわいの黒岩でした。
うらっち: 夏子 岳友会RP
バービー:老眼鏡 フラッシュ
なおやん:寒桜 RP

モローは、あひる あと一歩でRB!
スノードロップ難しい~。カッチカチです。

報告:Sat



磐梯山・安達太良山

5月12・13日  N夫妻、TさんとSさん

12日磐梯山  翁島登山口 ― リゾートスキー場上部 ― 山頂 ― 翁島登山口
13日安達太良山  ゴンドラ上部 ― 山頂 ― くろがね小屋 ― ゴンドラP

燕岳で、1泊2日のんびり予定が、初日の午後から荒れ模様ということで、標高が低く比較的天気が良さそうな山を探したところ、安達太良山が良さそうなので、隣の磐梯山とセットで福島へ行くことになった。
高崎を5時に出て郡山まで高速を使い、猪苗代湖近辺は、通勤渋滞もなくスムーズに下道を走った。
雲が多いが晴れていて暑い。
磐梯山翁島登山口は、ほかに車が1台有っただけで静かだ。
リゾートスキー場をてくてく歩く。
1時間ほどでスキー場最上部に着いた。
そこから山頂まで2時間弱。
猪苗代湖と尾瀬・会津の山々を眺めながら、快適に標高を上げて行くと、左側に真っ白な山がどかっと現れた。
飯豊連峰のようだ。
山頂は360度の絶景で、目前の吾妻山はまだ白く雪が残り、翌日登る安達太良山はあまり雪が見えなくて黒っぽい。
麓には沼が点在し、檜原湖の中央に船が一本の線を描いていた。
「磐梯山、下から見ても綺麗な山で、登っても良い山だね!」と、まったりぼんやり気持ちが良い。
降りは1時間半くらいで降りた。
温泉は、あだたら高原へ向かう途中にある「有森山」という日帰り温泉で、17時から200円引き(520円)というので協議の結果、20分くらい荷物の整理で時間をつぶした。
岳温泉は、明日のお楽しみ!
ここもなかなか良い温泉だった。
日が変わって13日。
夜中から朝にかけて雨。
安達太良山登山口の駐車場では、日も射してきて天気予報は上り坂。
本日は「あだたら高原スキー場」のゴンドラを使って楽ちん登山だ。
しか~し、ゴンドラで高度を稼ぐとそこは雨の中。
しかたがなくカッパを着用した。
山頂までは約2時間。
上り坂のはずの天気は晴れることがなかった。
山の天気は崩れるのは早いが晴れるのは遅い。
山頂からくろがね小屋へ向かう。
峰の辻で(分岐)、くろがね小屋を経由しなく勢至平へ直に降りる方へ間違えて入ったとき、ガスが突然晴れた。
目の中には、雪原を100Mほど並行した向こう側の大岩に、「くろがね小屋」と書いた矢印と大きな赤丸が飛び込んできた。
それはまるで、
「道を間違えたよ!そっちではないよ!」
と、「天?」が教えてくれたようなタイミングだった。
「すご~い!」「不思議!」
と、感謝感激で無事「くろがね小屋」でコーヒーに有り付くことができた。
「きっと降りたときに晴れるんだよね・・・。」
と小屋を後にしたら、やはり晴れてきて、勢至平でおっぱい山(安達太良山山頂)を望む事ができた。
あとはお楽しみの岳温泉。
とろっとろの湯でやはり良い。
ホテルにおじゃま、そこも綺麗で大満足の800円。
たまにはこういう山行もいいもんだ。

20140510-11 伊豆城山

140510_Jyomaya_01

リーダー部山行報告です。
5月10日11日の土日で
湿っぽい有笠など見向きもせず、
伊豆大仁の城山南壁に行ってきました(^^)/。

メンバー
Mura、Sat、Matsu、Tsuku、Moro、Saku、Sai、Ura、Kat1

5月10日
朝4時30分前橋を出発
関越=圏央道=中央道=東富士五湖道路=東名=伊豆縦貫=伊豆中央
8時過ぎ大仁
城山の麓にある駐車スペースに着
行きは、案外早いぞ。

初日
Mura、Tsuku、Moro、Kat1
城山南壁下部でシングルピッチフリークライミングの
初級者講習
90度以下のスラブで岩馴れのためのトラバース
終了点の結び替えのやり方
トップロープで登り込みをしました。
天気快晴で木陰で癒やされたり
親切なおじさんクライマーに教えてもらったり楽しんでいただいたりでいい一日でした。

140510_Jyoyama_02
結び替え指導のMoro君

この岩場は、ほぼみなさんマルチピッチでなくてもヘルメット標準装備のようでした。
上から石とか、ビレイデバイスとか、財布とか、人とかいろいろ落ちてくるらしいです。

140510_Jyoyama_03
写真は、Tsukuさんガンバ!!です。

Sat、Matsu、Saku、Sai、Ura
城山南壁のマルチピッチルートは、
5.7の簡単な南西カンテから5.11aまで14本のルート数。
この日のマルチピッチチームは、最もやさしい南西カンテルート5.7ピッチ数7
日差しが強くとても暑い中、戻ってきたのは、午後2時過ぎ。
初マルチピッチのSai、クライミング経験の少ないUraでもたっぷりと楽しんだのであります。
ルートそのものは、簡単でマルチピッチのシステムを覚えるためとか岩登り気分を味わいたい万年初心者などにいいんではないかと。

140510_Jyoyama_04
写真 西南カンテ懸垂下降中

宿泊オリーブの木
日帰り温泉施設付きでのびのび。
おされな一棟建てのコテージでベッドに寝る。
夕食朝食ともバイキング

ヤマヤは、テントだろ!軟弱者!とお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、
城山の麓に流れる狩野川の河川敷にてテント泊もできますよ。

5月11日
Mura、Moro
城山お初で選んだマルチピッチフリールートは、
南壁ど真ん中をまっすぐに登り上げる
エキスカーション5.10c 6P
城山のマルチピッチは、アルパインマルチピッチではなくフリークライミングを上に上にと続けていくマルチピッチフリールートでした。
エキスカーションを登り上げた感想としては、
11dクライマーのMoro君が、ずっとフォローでもそうとういっぱいいっぱいに頑張んなきゃならなかったので(やばかったねー。)
中途半端なクライマーはやんねえほうがいいかな。
それでも100mオーバーのスッキリ拡がった岩壁で砂粒のようになってしまうスケールの大きさや
高さ90mほどでハングののっこしとかは、そこいらには、ありませんので
精進して登れるようになれば、チンサム感もそうですけど達成感は、たったったまらんぞ。

140511_Jyoyama_02
写真 ずっと上の方、4ピッチ目に砂粒みたいなふたりがいるぞ。
クリックして拡大してね。

Sat、Matsu、Tsuku、Saku、Sai、Ura、Kat1
一日目に続き南壁下部にてシングルピッチフリークライミング
城山南壁の下部のシングルピッチは、
ルート数30本以上でクライミングデビューに適した低グレードも多く初級者講習に使えます。

140511_Jyoyama_01

城山南壁は、会のリーダー部講習山行として向いていると思います。
ただ、南向き斜面なので5月でも日差しが強い日は、体力を消耗します。
冬場の岩場なんだね。

帰りは、沼津によって美味しい寿司を食って帰るという思惑は、あっさりと粉砕されたのであります。
中央高速事故渋滞がありまして5時間ほど。
そうしょっちゅう行けるところではないし
弾丸日帰りツアーは、無理です。
富士山を眺めながらのんびり帰ってきました。

参加していただいた方お疲れ様でした。
いいところです。
次回ビールタダ券もらったしまた行こうかな、
ふるってご参加ください。

報告リーダー部長M

20140511 有笠山

『やさぐれたガバあり〼。アンダーで召し上がれ♡』

天気  :晴れ
メンバー:Fまん隊長、Kub、D-Kat、
     Mac(ミジンコ報告者)
ルート :『東の石門』
     有笠中央岩陵(5.9)
     謎の女(5.10a)
     はし休め(5.10c)
     無名ルート(5.10c)
     『フェアリーロック』
     ラスカルの泉(5.10a)
     パトラッシュ(5.10b)
     夢を見る頃(5.11ab)
     パスファインダー(5.11bc)

またまた失礼します、ミジンコでございます。
有笠に行ってきました。
前日の午後からシゴト(&シゴト飲み)
で那須塩原泊まり、朝4:00に起きて高速ぶっ飛ばしてちょっぴり遅めの有笠in。
シゴトがなければ城山でしたのに(涙)
sekimon.jpg
空を見上げて城山のコトを考える。下向くと涙がでちゃうからw

午前中は東の石門で遊びます。
D-Katくんは前回の宿題だった『はし休め』をRP。
限界グレード更新。おめでとうございます。
daigo.jpg
どんどん強くなります。

午後にフェアリーに移動して『ラスカル』と『パトラッシュ』
このふたつのルートはクセがあります。でも個人的には好きなんすよ、こういうの。
Fまん隊長見事FL。シーズン初有笠ですがブランクを感じさせない登り。すばらすい。

Kubさんは『夢を見る頃』に挑戦。自分に足りないものが浮き彫りになってきた模様。
一緒にがんばりましょうね。

ミジンコはパスファインダーを2便出しましたがRPならずでした。無念。
寝不足過密スケジュールで落とせるほど甘くはないっすね。
watasu.jpeg
たまには自分の写真でも。いらないすか?そうすか。

この日もフェアリーでは元会員のNれいさんとAみさんが『予感5.12bc』をやっていってからだの使い方のご指導をいただいた。
何より嬉しいのはOkd師匠やMur師匠にくっついているコゾーではなく一人のクライマーとして認識されているコトを実感。
ま、勘違いかもですがw
ま、相変わらずミジンコですがw
最後には『夢を見る頃』の回収便までだしていただいた。ありがたや~。
そういえば、前回の有笠でもヌンがけしていただいた。

みなさんお疲れさまでした&ありがとうございました。

業務連絡:Dr,Morrow氏、『ノーファインダー3Q』はあらゆる意味でハマりそうになったため(爆)見ただけで敗北しました(笑)後日一緒に触りましょうw

20140510 黒岩 フリークライミング

メンバー
okd fjt mac kub

ルート
西稜 練習岩 夏子 岳友会 柿 西18番 つる あひる

成果
fjt 練習岩RP
kub 西稜OS

西稜は岩がガタガタしてたところがありましたが楽しいですね。

報告 kub

20140506 有笠(東の石門、フェアリー)

天候:快晴
メンバー:Sat、Mcd、Morrow、Kub、Okd、Hat(報告者)、他1(Knt)

GW最終日、有笠の東の石門メインで行って来ました。
(前にトライしたルートが登れず悔しくて、、)
普段は少ないクライマーもGWで県外から遠征に来られ、車はいっぱい。
でも、石門は予想通り人はおらず貸し切り(入門エリアだからね)
Kubさんは初の有笠参戦! みんなそれぞれの課題へロックオン!

(東の石門)
・はし休め 5.10c
・大いなる山の日々 5.11a
・モーテル有笠 5.11c(たぶん10c)
・謎の女 5.10a
・祝30万km 5.11d
・無題 5.10c
・ちょっとだけよ 5.10c?

(フェアリー)
・夢を見る頃 5.11a/b
・パスファインダー 5.11b/c

Mcdさん、Morrowは石門エリア制覇まで後1ルート! フェアリーへ場所を移しパスファインダーへ。2人は新しいエリアへ旅立って行きました(置いてかないで~)
Sat先生、宿題の大いなるをRP!最近キレキレです!
Kubさん、初参戦でRP祭り。大いなるも3撃!やりおるね~!
Okdさん、アップされて、祝30万kmをさくっとRP。さすがっす!そしてフェアリーへ。
Kntさん、外岩ルート2回目ですがボルで鍛えRP祭り。次は祝30万kmですね!
Hat(報告者)も祝をやっとこさRP出来て、次はフェアリーへ!
皆、それぞれと収穫あった日でした。
怪我無く、楽しく、安全に。今後ともよろしくお願いします!

20140426-27 立山BC

20140426-27
立山BC

お天気:2日間とも快晴
メンバー:AYB. TKI. SKR. URN. SKG. KJM(記)

立山1日目
あまりにも素晴らしい景色に 日本だと忘れそうでした


天気も良く最高(●^。^●)! 荷物が重くて大変でしたが 頑張ってよかった~


素敵です


雷鳥荘のごはん。ビールで乾杯ッ


長い一日でしたが充実してました。
沢山食べて 明日も楽しまなくちゃ)^o^(

立山2日目
超晴天!
空気のピンとした朝。いい ホントいいっ。
夜も早々に眠り 体力も回復


雷鳥。。。
お土産でもらう箱の絵よりだいふキュート♥
変な声も帳消し


結構 急
アイゼン 来年には何とかせねば
なんとか登れてよかったぁ(汗)


絵になります




ヒトッて ちっちゃい


自然って ゆうだい


仲間って いいね


美女’sは紳士3名に感動と感謝の気持ちでいっぱいです
時に泣きそうになりながらも 笑いも多くて楽しい山行でした

最後に沢山の写真を提供してもらったのにTKIさんの素敵な滑りが…
あとで言い訳させてくださーい!
でも、先にスミマセンッ

20140504-5大烏帽子岳

メンバー:N夫妻、F夫妻、K子、desk(記)
天気:4日晴れのち曇り、5日ガスガス、曇り

GW後半の5~6日は、気圧の谷の通過により大荒れの予報であったため、白馬から上越の大烏帽子岳へ転向しました。
2泊3日のテント泊装備を背負って宝川温泉から林道歩き開始。
2泊分のお酒の重みが効いてます。
この日は23度、汗だくでした。
林道脇にはふきのとうがたくさん!
「帰りに採ろうね~♪」

1420m付近、母なる木のような大木がある、テン場に最適なポイントに到着しました。
今日はここで終わりでよかった~ ほっ(笑)
目の前にはシリセードの大斜面があるいいところ
宴会の夜はとても楽しく、Fさんのホイッスルが夜の山に鳴り響き、クマさんも寄せ付けませんでした

翌朝、天気が悪化する前に4時半にテン場を出てまずは布引山を目指すものの、朝日岳も濃いガスの中へ消えてしまって、目指す方向も真っ白になり…1泊での下山を決めました。
テン場への戻りは大斜面をシリセード(私は途中からただの滑落)

帰りの林道では山菜採りへ転向です♪
山菜採り

夢中になって袋いっぱいのふきのとう、こごみを採って、いい収穫でした。

20140503-04小川山

天候:快晴2日間(夜は寒い)
メンバー:Hat×2、他×2

この数年はGWに友人夫婦と山行に行っており、今回はキャンプしたい!!
嫁達の要望と僕達(夫達)の要望を叶えて貰える天国は(小川山だろ~)って事で行って来ました! 
朝7:30現地集合。テント、タープ等々設置しチェアに座ると雑談しだして朝からキャンプモードで
気持がまったり。いかんいかん、支度をしてそれぞれの山行へ。

1日目
♂組:2峰セレクション(マルチ案内)ほぼ時間通り。もう3回目。残り時間でPMフリー。
♀組:瑞牆山荘~大日岩ハイク。富士見平~大日岩までは残雪も残っており、のんびりハイク。
   八ケ岳が綺麗に見えました。 夕方合流してキャンプ。
2日目
♂組:昨日の内容よりクラックの練習に変更し、基礎的なルートでクラックに慣れて頂きました。
♀組:のんびりと散策&見学。 夕方合流してキャンプ。 3日目の朝で撤収。

写真無しでゴメンなさい。
焚火とBQはいいですね~。でも太るから、デブクライマーには危険な天国でした。


20140505 腰越の立岩

140505_Tatsuiwa_seimen
写真 立岩西面

こどもの日は、立岩でタツイワ!
って意味不明なことで
あざっす。これが言いたくてわざわざ行って報告も担当したんであります。

埼玉県小川町にある腰越の立岩に行ってきました。
メンバー
Mンコ選手(ロシアの体操選手じゃないっす)、
Mキちゃん(あざーすじゃない方)、
YM(報告、まっちゃんじゃない方)

ここは、クライマーの駐車によるアクセス問題があるので小川町の町内に駐車して
この3人の組み合わせも初めてだし遠足気分で最近みんなとご無沙汰だけどどうなんすか?みたいな会話をしながらてくてく歩く。

途中、ヤマヤが平地の町で道に迷う(すいません最近歩きしてません。しかも車で移動ナビまかせのていたらくです。)。
コンビニによる。
なんだかんだ1時間以上掛けてアプローチ道と思えるところに。
なるほど駐車スペースなし。

山道を踏み跡らしきものをすんなりとはいかずだが、急斜面をどんどん登る。
なんとか岩までたどり着く。
ぐるっと一回りして確かにちっちゃい。
山のてっぺんに大きいタケノコみたいなとんがりがふたつという感じだった。

一番見通しがよい西面で遊ぶことにした。
西面は、3本ルートがあって
真ん中の10aは、岩の一番上まで上がれて麓ののどかな景色が見えて気持ちいい。
この1本だけでも気持ちいい1日を過ごせる。
これと右の10a/bは、クライミングの初級者にもトップロープで気持ちよく登れます。

140505_Tatsuiwa_seimen03
写真 私でも登れます。

左の5.8にMウンコ選手、もといMンコ選手がオンサイトトライ。
5.8だからあっさりじゃねと思ってみていたら、
出だしで手がワタワタして繊毛運動状態になってしまった。

クライマー的には、好きなんですよ。こういうルート
数字上低グレードなのでじゃあ僕もできるかなって取り付くとぜんぜん違って大汗。
いいながめでした。

あとから自分もやってみた。
出だし使うホールドを選ぶのとホールドの持ち方、次のホールドにデッドで
2クリップまでの間に
ボルダームーブ(5級ぐらいすかね)を要する5.8かい?
西面で一番グレードが低いが、一番難しいムーブが必要でした。

140505_Tatsuiwa_seimen02
写真 オンサイトトライ中のMンコ氏

最後に北面と西面の境目のカンテ沿い5.10cで遊んで
考えてみましたらカンテ沿いのルートっていうのは、1回やったかな程度で
お迎え状態で保持するとカンテの出っ張りのためホールドから重心が離れる。
どっちかの面に体を全部入れてしまうとその反対面側のホールドがみえにくくなる遠くなる。
このルートもまたくせ者でした。
これにはまってしまい、片っ端からオンサイトお持ち帰りの予定が、くるってしまった。

140505_Tatsuiwa_seimen04
写真 くせ者の10c

岩場もずっと自分達3人だけでのんびりした1日を過ごせました。
3人の感想は、
アプローチは難ありだが、遠足気分と思えばよし
人気のないとこだと思ってたが、そのとおり。
こじんまりした感じで
ソファみたいな岩もあるし、
その前のもみじは、秋になったら見てみたいし
快適に登れるラインから岩のてっぺんに出た景色は、いい気持ち、
おもしろいムーブも楽しめるし
夕方5時になると町の夕焼け小焼けが響き渡るし
ボルトも終了点もしっかりしてました。
また来てもいいと思えるいい感じののどかな岩場でした。

なのでまた予定を立てるかもです。

標高低いから虫は、多いかな。

20140503-04 立山(雄山)

おつかれさまです。
普段は『ミジンコクライマー』
たまに『へたれボーダー』
まれに『もやしハイカー』に変身しますMacです。
ちなみにハイキングのときには『ヨコシマカメラマン』にもなります。

今回は立山に行ってきました。
メンバーは僕と他1名(配偶者)

初日は天気が不安定で室堂で雨が降ったり雪が降ったりでしたが
夕方から晴れてキレイな写真が撮れました。
二日目も朝から晴れて雄山山頂までいい天気でしたが
山頂辺りから雲がではじめて午後は少しどんよりしていました。
下山してからテレビで知りましたが僕が一の越辺りまで下山したときに事故が起こったようですね。
僕もそそっかしいところがあるので気をつけたいと思います。

では美しい景色を拙いカメラワークでw


黒部湖から
黒部ダム展望台から見た雄山と大汝


日没
雷鳥荘から見た夕日。

これまた日没
キレイですな〜。

ピンク
日没後(ピンクモーメント)の雄山肉眼ではもっとピンクでした。

テン場
テン場もたくさん貼られてました。

星の降る夜は
三脚もレリーズもありませんでしたががんばりました。
手持ではコレが限界(シャッタースピード30秒)

朝日の
朝日の大朝日岳なんつってw
あ、ぶたないでwww

ちょっぴり
ちょっぴり劔先輩が見えたりして。

登ります
さて、サキッチョ目指していきますか?いかれますか?

ピーク
サキッチョです。

三角点
三角点す。

デカイ北ア
サキッチョからの景色。

劔先輩
劔先輩♡

白山?
コレは白山ですかね?誰か教えてください。

アイドル
アイドル発見。萌え。


ってなコトで楽しい山行でしたが、
バス、ケーブルカー、ロープウェイが混みまくりで
移動が核心でした。でも行けてよかった。

稜線


おつかれさまでした。

20140505至仏山BC

20140505至仏山BC

天気:曇り
メンバー:S田 S藤 U野

至仏山BC行ってきました
お天気予報は午後から雨
少しでも雨を避けようと、7時に鳩待峠の駐車場スタート

朝の内は山も見えていました


上空で唸りを上げる風音を聞きながら、木立の中を進みます
1900m辺りからガスが出てきてしまいました



2000mを越えると視界は30m程に
風も強く、立っているのも大変な状態に
雪面は硬く滑りずらそうなので、小至仏山にて下山決定

10時半には鳩待峠駐車場に到着です
雨には降られませんでしたが、真冬並みの至仏山を経験してきました

S藤さん、楽しいBCを体験できずに今年のBCが幕を閉じてしまいましたが、来シーズン再チャレンジです!
お疲れ様でした

20140501至仏山BC

5月1日 至仏山へ行ってきました。

メンバーはT井、他3名

天候:概ね晴れ(行動時のみ)

コースタイム
 鳩待峠7:45⇒オヤマ沢田代9:30⇒至仏山山頂10:20===ワル沢滑降11:00=>渡渉ポイント12:00⇒鳩待峠12:40

この日の天気は6時から12時にかけて晴れ、他の時間帯は曇り&雨のきわどい予報でした。。。
不安を抱えつつ一路鳩待峠へ、6:30に到着う~ん曇ってる。平日なのか天気予報の影響なのか下の駐車場は車が5台程度停まっているだけでした。
30分程待ったけど回復する様子もなし、とりあえず様子を見ながらゆっくりと支度をいたらようやく少し雲が切れ始めてきました!

出だしはこんな感じ
至仏山出だし

少し経ったら…どうもこの方は晴れ女の様です
晴れ女

山頂も天気が良く穏やかでした。
至仏山山頂

さて、今日のお目当てのムジナ沢へドロップを…と思ったら雪が少なッ
残念ムジナ沢

行けない事も無さそうでしたがここはまだ雪が豊富なワル沢に変更、少し斜面が荒れていたけど大きな斜面を楽しめました
ワル沢滑降!

鳩待峠に戻るときも天気が良く暑いくらいでした。
鳩待峠戻り

鳩待峠に戻りお昼を食べ終わったころで雲行きが怪しく、遠くでゴロゴロ…あっという間に雨が降り出してきたのでサッと退散。

ホントに山行中だけ晴れるというミラクルな天候でした~

1パーティに1人は晴れ男or晴れ女は必要ですね!

20140504 榛名黒岩

20140504 榛名黒岩

天候:晴
メンバー:KB君、KG氏、DK君、Fまん(報告)

【取付いたルート】
オケラ[5.8]
夏子[5.8]
岳友[5.9]
チェス[5.10a]
アルカディア[5.10b]
ミニマックス[5.10c]
ツル[5.11b]
アヒル[5.11c]

今日の黒岩は連休中日のためか、我々の他は1パーティー(2名)だけという非常に静かな中でクライミングできました。

若手のDK君がやってくれました。
岳友は核心辺りで無念のテンションでしたが次回トライでは確実に落とせそうです。
気をとりなおして、チェス、夏子の順でトライし、サックリとRP。

勢いはとどまるところを知らず、さらにオケラをオンサイトトライ!
数十分の格闘のすえ、最後のムーブでテンション。

向上心と果敢に攻める姿勢は見習わなければ、、、( ̄▽ ̄;)

20140503 黒岩

メンバー:Sat(報告) SD  天候:晴れ(暑い)

アップ 柿泥棒  ダウン ツル

今日は、マルチピッチの練習をしました。
何年も黒岩に通っているのに初めての練習岩です。
ここ、マルチの練習にいいわ~。

練習したことは、マルチ全般の流れの確認と懸垂下降です。
懸垂は特に、バックアップの取り方と仮固定、ロープを投げずに
降りる方法、連続懸垂のすばやいセット といったところです。

やっぱりこういうのちょこちょこやんないと身につかないなあと実感しました。
今年はマルチをたくさんやりたい!




20140503 妙義山 妙義富士稜と大沢コース

20140503 妙義山 妙義富士稜

2013年5月3日(土)

メンバー:Fまん(報告)、KG氏
天候:晴れ

昨年の相馬北稜をやったときに左手から伸びてくる尾根に興味が湧き、今回は妙義富士へ行ってきました。

名前と違い、この山は形がまったく富士っぽくありません。
どちらかというと槍っぽいですね。

相変わらず稜線に出るまでは獣道しかない急登の連続。
足場の土は軟らかくて崩れるし落ち葉で滑るしで、四肢を駆使して、時には枯れ枝をバイル代わりにしたりと、なかなか楽しめました。

稜線に出ると突然眼下に広がる見晴らしが良い景色が現れます。

下りは数年前に廃道となった大沢コースを使ってみました。
たまにケルンやテープが出てきますが、道は綺麗に消えてます。
仙人滝が以外に綺麗でした。

来年は何処へ行こうかな。

20140503_060232.jpg

20140503_065744.jpg

20140503_104612.jpg

20140503_122554.jpg

20140503_134422.jpg

20140503 黒岩 フリークライミング

メンバー 
ktd okd szk kub

ルート 
練習岩 夏子 チェス 柿 ボランティア つる あひる

ktd 練習岩FL

1日半袖で登れるくらい暖かくなってきました。

あひる厳しい!

報告 kub

20140429 神楽峰BC

今シーズン初めてのかぐらスキー場、そして初めての神楽峰バックカントリ。

天気:曇り
メンバー:S藤、S田

第五ロマンスを降りて早々にパトロールによる登山届提出確認から始まり、1時間弱で神楽峰頂上に到着しました。下界は日中ともなると汗ば陽気ですが、頂上は風が強くハードシェルを着ていても寒かったです。そして、今シーズンの中でもかなり上位にランクインするほどの滑り難いコンディションでした。
こんな日にバックカントリデビューしたS藤さんでしたが、無事に最後まで滑りきりました。お疲れ様でした。



20140429 至仏山

天候:曇り時々晴れ
メンバー:M腰、K籐(一)、F田え

この日は午後から雷予報でしたが、朝は晴れていて青空がのぞいていました。
予想外のいいお天気にテンションあがっていましたが、戸倉からタクシーに乗ったところでハプニング発生!!
M腰さん、シールを忘れた気がする!!とのこと・・・・・
・・・・・とにかく鳩待峠についたらザックを確認しましょうということでタクシーおりてすぐにザックをあさりましたが、やっぱりない・・・・

M腰さん、どうするのかな・・・と思っていると、
「訓練だと思って担いでツボ足で登る!!」とのこと・・・
この時点で山頂は難しいんじゃないかなと思いつつ、9時前には鳩待峠を出発!!

しかし、ちょっと進むだけでM腰さんに疲労の影が・・・
なかなか進まず、どうしようか・・・
そこでシール代わりにタオルを滑走面に張り付けて歩いてみてはどうか・・・ということでやってみました!
至仏山
滑走面とればよかったかな~
ちょっと分かりずらいけど赤いビニールテープでタオルがスキーにはりつけられてます・・・

多少はきいてるようでなんとか少しずつ前に進むことができました・・
しかし、ゆっくりペース、しかもシールなしのスキー歩行で疲労もたまったので小至仏山のトラバースを過ぎたところで滑走開始。
あまり荒らされてなくて気持ちよく滑れました~
私にはちょうどいい斜度でしたがどうやらM腰さんには滑りづらかったようで、やっぱり至仏山までいって滑りたかったな~とのこと・・・

滑走終了地点でビーコン探索練習をやり、帰ってきました~
途中、うめたK籐さんのビーコンが見つからない!!??とひやっとしましたが無事救助(笑)

結局雨にも降られず、ハプニングあり、楽しい山スキーでした

2014.4.24 至仏山

毎年恒例の至仏山

メンバー M腰、M木、O 、S

8時集合
9時30分 戸倉のゲート着
前から8代目くらいに並んだ。



10時 ゲートオープン
鳩待峠駐車場着
10時50分頃から登り始める。

今日は青空が広がってとても気持ち良いお天気だ。


昨年は歩き始めた頃から、あられ混じりの雨が降り、雷がなり始め、
途中で撤退したことを思い出す。







13時過ぎ 頂上着
14時 滑り始めた。

今日の雪はちょっとザラメ状
初日だけあって、まだ白くて綺麗な雪だ。

あっという間に大斜面の滑り終了。
ワル沢へ。

板を付けて登り返し、
15時半頃 鳩待峠駐車場着

お疲れ様でした。

2014.3.25. 根子岳

メンバー M&S
天気 快晴

リフトに一本乗る。(確か300円だったかな)
10時頃から歩き始めた。
青空でとても気持ち良い。





12時過ぎ 根子岳頂上着
13時頃 滑り始める。

もっと雪質が悪いかと思ったが
意外と良くて、雪面も荒れてなく、
気持ちよく滑れました。




 | ホーム |