プロフィール

ta ke3

Author:ta ke3
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


20141124 二子山東岳弓状エリア

天気:晴れ
ルート:ダイとゴン5.9
     ワーカーホリック5.10b
     ノースマウンテン5.12a
     火の鳥5.12a
     ペトルーシュカ5.12b

メンバー:Mur, MJ-Mac, 他一名

少し間があいてしましましたが、個人的には2度目の二子弓状。
このエリア、ミジンコにはいささか早いような気もするが・・・・

がんばるっすよ〜。














w




この美しい岩場。ここにいるだけで気持ちがいい。
20141124-3.jpg

そんで、Mur師匠のペト。
20141124-4.jpg
↑この人、朝は『要介護』ってくらいにヤラレていたはずなのに(笑)、激強です。ハンパねぇです。

僕は前回ノース初触りにして中指べろん。一便だけの不完全な終わりだったので
出しましたよ〜2便。(←それだけ〜?)
いえいえ、一便だしただけでヘトヘトですよ。
20141124-2.jpg
二子のシーズンは始まったばかり。

わりと暖かかったですが、ツヨツヨクライマーのみなさんは『焼き石』してました。
お疲れさまでした。



    

20141123 有笠フリークライミング

天気:雲り時々晴れ
ルート:ラスカルの泉5.10a
    パトラッシュ5.10b
    パスファインダー5.11bc
    No Siesta5.11c
    白雪5.8
    はし休め5.10c
メンバー:Okd,Sat,Take,Ura,MJ

さてさて、有笠シーズンも終盤に入り、だいぶホールドが冷たくなってきましたが
この日は風もなく暖かいフェアリーでややのんびりクライミング。
Takeさんの車からは僕の大好きなスティーブン・タイラーの声が。

それぞれの宿題・課題に取り組みます。

個人的にはNo Siesta終わりにしたかったのですが、来年に持ち越しになりましたw
岩場のスティーブン・タイラー(意味わからん)にはなれず、無念(苦笑)

20141123 二子山東岳弓状エリア

メンバー Mura(報告)、他1
天候:晴
エリア:二子山東岳弓状エリア
ルート:ワーカホリック10b、ペトルーシュカ12b、火の鳥12a

今週の二子は、
さすが3連休の人気の岩場。
混んできたなあと思った先週よりさらに混み混み。

内容は、先週と同じで落とせそうで落とせない。

やべー、はまってしまったかな?

このまましばらくの間、
毎週同じ岩場の同じルートで
「先週に同じ」という報告が続きそうです。

やってる本人は、必死こいてるんですけど、
にぎわってる山行報告ブログのお茶を濁すような気もするので
今後は、まとめてとか落とせたときに報告とかにします。

20141124 河又

天気:曇り時々晴れ
メンバー:S×2
ルート:泣かないで愛ちゃん、地主

今日はとても賑やかな河又でした。
有笠でお会いした方もちらほら。
そろそろ寒さも本番ということで、クライマーの方々は越冬地を求めて南下している模様!?
今日の成果です。
泣かないで愛ちゃんは、新たな課題克服に向けてこれから頑張ります。
地主★ゲット。小作人と合わせて河又11b三部作にリーチかかりました。

20141122,23 城ヶ崎遠征


天気:晴れ
エリア:サンセット
ルート:エアーダンス、風に吹かれて、ピーターパン、ティンカーベル、海賊フック、カルボナーラ、タイトボーイ
メンバー:Ayb、Mat、Hat、Sak、その他1名

今年もやって来ました。年末恒例となりつつある城ヶ崎遠征。
海なし県民は、海を見るだけでテンション⤴︎さらにクライミングもできてテンションMAX!

☝️の10b、アップで取り付きましたが、大誤算。グレード以上に難しいです。

日中の日差しは、完全に常夏。
ということで、1日目は暗くなるまで遊んで、民宿の美味しい海の幸をつまみに乾杯!
クゥ~♪


2日目は昨日よりも日差しが強く、朝のホールドはヌメヌメ。
でも昨日よりはこのホールドに慣れてきたかな!?

今日も暗くなるまで遊んで、帰路につきました。
ロケーション良し、ルート良し、食べ物良しで、皆さん怪我なくファンな城ヶ崎遠征となりました。
お疲れ様でした。

20141116 榛名ガラメキ温泉探検隊(黒髪尾根)

天気:晴れ
メンバー:Kag,Myg,Moc,Sun,Osw,S-Ken,MJ-Mac

ザイル祭の翌日、以前からKag隊長と密に(w)計画をしていたガラメキ温泉探検と昔の相馬山山頂にある黒髪神社参拝の廃道を歩いてきました。
『前労の温泉ソムリエ(自称)』のワタスとしてはやはり放ってはおけないワケでして。
いつもクライミングばっかりやってるからってハイキングがキライなワケではないのですよ。
むしろこのテの『アヤタン的』なノリは好物ですw(っつってもモヤシハイカーなのですがね・・・)

*今回の記事は写真が盛りだくさんです。

1116-1.jpg
9:30 出発です。

1116-2.jpg
誰ですか?

1116-3.jpg
ステキなMocさん。

1116-5.jpg
スルス岩のサキッチョです。

      で、


  よ
   く
    見
     て
      み
       る
        と
         ・
          ・
           ・

1116-4.jpg
終了点と思しきハンガーボルトとサビサビのRCCボルトが。
スルス岩の西面にフリーのルートがあるではありませんか。
開拓はYHさんだとか。疼きますw

さてさて、先を急ぎますよ〜。

ここから怪しげな踏みあとと、地形図・コンパス・GPSを頼りに
1116-7.jpg

1116-11.jpg
結構ガチでウロウロしちゃったりしてw









          ん?






     ありゃ、なんだろか?


1116-8.jpg

   ちょいと、近づいてみますか。

1116-9.jpg


え〜〜〜〜〜。マヂっすか?

しかもさ、こんな型のブルーバード知らないし。
1116-10.jpg
タイヤなんか木と融合しちゃってるし。すげ。



1116-6.jpg
ところで、誰ですか?


1116-12.jpg
しばらくすると廃道に出ました。

右手には・・・・なななんと、

1116-13.jpg

     黒
     岩
     の
     全
     貌
     が
     っ
     !




こうして見ると黒岩って結構丸いんすね。


1116-14.jpg
さらに進むとガードレールが。
アスファルトではないけれど、舗装された部分もあったりして。
1116-15.jpg
その舗装がイキナリ『沢』だったりしてw

更に進むと。

1116-16.jpg
もうちょい。

1116-17.jpg
着きました。
『THE GARAMEKI HOT SPA』って・・・
フォントもナニゲに後付けっぽいなw
でも紅葉がいい感じですぞ。

さて、浴槽は・・・・
1116-21.jpg
         まさかコレ↑か?

       個人的には大好き(笑)


どれ、フタを開けてみましょ。
1116-18.jpg
一応自噴(当たり前かw)湧出量はかなり少なめだが
このオーバーフローされた感じはそこそこ信頼できますな。
少し口に含んでみると、この近辺のお湯によくある出汁系の味。
手を浸けてみるとアルカリ泉特有の少し『にゅる』っとしてる。悪くない。
土地柄、塩化物泉だとは思うが。

お湯はネットで調べた通り28℃(体感だがw)くらいだ。
季節的にゴウモンになりそうだが、入れなくはない。
さて、入ろうかと思いきやタイムリミット。
先を急ぎます。暖かくなったらまた来よう。
1116-19.jpg
浴槽から見上げると宿の名残が。

とりあえず集合写真を撮って先を急ぎます。
1116-22.jpg

ぐっばい、ガラメキ。
1116-20.jpg


ここからは相馬山頂にある黒髪神社を目指して黒髪尾根の急登を登ります。
S-Ken、Osw、Sun、そしてワタスのアラウンド40カルテットは割と得意分野。
中でもOswさんの健脚ぶりには驚きました。
1116-25.jpg
↑妖精ではないですよ(爆)。わははは。


そんで、
1116-23.jpg
わかります?

よ〜く見てね。


1116-24.jpg

見事に鎖飲み込んでますね。

だいぶ日も西に傾いてきました。
1116-28.jpg
我々の山行ももう少しです。
1116-26.jpg
標高があがってくると、何層もの稜線レイヤーのいちばん奥に八ヶ岳が見えたりして。
1116-27.jpg
Kag隊長も『若いモンに負けねぇぞ』とがんばります。
1116-29.jpg
山頂直下から見た前橋の風景。
なかなかのモンです。
1116-30.jpg
黒岩北面の『エンド・オブ・ザ・レインボー』いつか触ってみたい。
1116-31.jpg
山頂到着。日没が近いので急いで下山します。
1116-32.jpg
下りのハシゴ最後のトコロで『バイィ〜ン』ってなります。地味に痛いですw


ってなワケで(どんなワケだ?)ございまして、とてもとても楽しい
山行でした。大満足です。お疲れさまでした。

長々とすいませんでした。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

20141121丁須の頭

2014.11.21(金) 快晴
裏妙義 丁須の頭へ行ってきました!
メンバー:NT(ひ)・NT(み)・SG・HM(報告)
コースタイム:国民宿舎9:00→三方境11:00→
丁須の頭13:30→お昼休憩→国民宿舎4:00

①IMG_2667_convert_20141122224011
国民宿舎から見上げる妙義山

②IMG_2670_convert_20141122224132
お天気も良く、ぽかぽか陽気。
まずは三方境を目指します。

③IMG_2679_convert_20141122224248
紅葉がまだ見れました~♪
この辺りのモミジは葉っぱが小柄で
とてもかわいらしい感じです。

④IMG_2706_convert_20141122224335
だんだん、険しくなってきました(汗)

⑤IMG_2714_convert_20141122224418
途中に、頼りないハシゴが・・・
(向こうで見守ってくれてるNTさん)

⑥IMG_2721_convert_20141122224501
細い溝を登って行きます。
ちょっとクライミングちっく☆

⑦IMG_2728_convert_20141122224546
丁須の頭が見えてきました。
どうしてあんな形になるんでしょうか?ふしぎですね~

⑧IMG_2739_convert_20141122224631
丁須の頭でお昼休憩。
すんばらしい景色を楽しめました。
街並みがきれい~

近くてなかなか来れなかった妙義山。
ワイルドでカッコいい山でした。
一緒に行って下さった皆様
ありがとうございました(*^_^*)

20141116 有笠サンダンス

無理やりねじ込ませてもらいありがとうございました。
有笠は東口の山道が通行止めで、
急遽サンダンスエリアへ。
サンダンスは西口駐車場から15分くらい。
が、普段短いアプローチしか歩いていないため、
Hatさん、Kub君、Morrow(報告者)の3人は息も絶え絶えに岩場に到着。
超短時間のしっかり登山。

ここは雨でも平気そう。
がっつり被ってます。
直ぐそばには古谷ロックも。

友よさらば 5.10a、こけの庭5.10bでアップ後に
大地讃唱 5.11bとPlease Jam Me 5.11cを楽しみました。

友よさらばはちょっと短いですがガバのアップルート。
一方、こけの庭は低グレードで★なしですが、ジリジリ系で楽しい。ルートファインディングが大切かも!?
ただ、岩が冷たく、
首の動脈で悴む手を温めながら登りました。
大地讃唱は下部の核心を抜けてると、
後はガバを気持ちよく
が、、がが、
上部も一箇所悪いところが。
「悔しいですっ」が口をつきます。
一回は言うことがこのルートのマナーです。

Please Jam Meはルーフからでる一手だけが厳しい。
でも、こんな大きなルーフはお初で新鮮。
ムーブは解決しましたが、次回の宿題。
てか、回収がつらすぎです。

このエリアは一癖あるルートが多くて楽しい~。

20141115 子持山獅子岩南東稜

冬の訪れを感じさせる子持山。少しばかり落葉の多い紅葉の獅子岩に行ってきました。

天気:晴れ
気温:取り付き時3℃
メンバー:パーティ1 Sak&Sai(&N-Hat)
     パーティ2 N-Hat&1-K&MJ-Mac

個人的には三度目の獅子岩マルチ。なんか来るたびに獅子岩が小さく見える。
僕が大きくなったせいだろうか・・・
あ、誰?『お前はチビだろっ』って言ったのww
いえいえ、登ってみるとやはり大きな岩でした。

去年の今頃初イレブン落としてSak隊長に連れてきてもらいました。
今回は先日初イレブン落とした1-Kくんを連れてきました。


パーティ分けはマルチ初リードをする1-Kくんの現場でのシステム確認と指示が出来るように
知識も経験も安全認識も豊富なHat兄貴が一ピッチ目だけパーティ1に入り(残置w)
ピッチを切るところでパーティ2にマウント(回収w)っていう、ちょっぴり異色のパーティ分け。
もちろん、事前に事務所の練習ボードでもたくさん練習してきましたよ。
Mur師匠、お世話になってます。


今回も取り付き一番乗りを目指し早朝から動き出します。

20141115-2.jpeg
↑日の出とともにライオンに立ち向かうヌーたちw(弱っ)

20141115-3.jpeg
↑行きますか?行かれますか?

20141115-4.jpeg
↑1ピッチ目リードはSaiちゃん。
Sak隊長とHat兄貴をひっぱり上げる。

20141115-7.jpeg
↑1-Kくんも一ピッチ目余裕のリード。
2ピッチ目Sak隊長は散歩でもするかのようにいつもの調子。

20141115-8.jpeg
↑4ピッチ目からの赤城山。僕はここから見る赤城がいちばん好きかも。

20141115-6.jpeg
↑5ピッチ目からの前橋の景色。麓は紅葉もまだ楽しめますな。

20141115-5.jpeg
↑5ピッチ目の1-Kくんと、いつも誰にでも親切に教えてくれるHat兄貴。
ダブルロープも紅葉カラーでコーディネイト。
ま、たまたまですがw

20141115-1.jpeg
無事登頂しました。この青空たまんねっす。
(このポーズに名前をつけました。『S-Kenに捧ぐ』)

午後は少しだけ屏風岩の「エイトマン5.11cd」触ってみようかと思ったのですが、獅子岩終えた満足感と一本目の錆びたハンガーを見て

『今日のトコロはかんべんしてやるか』

と、やや上から心の中でつぶやき、ザイル祭に向かったのでした。

付き合ってくれたみなさん本当に本当にありがとうございました。

20141114 御岳山・大岳山

メンバー: HN、MN、YS
天気: 快晴
コース: 滝本駅―御岳山駅―武蔵御嶽神社―七代の滝―天狗岩―ロックガーデン―綾広の滝―大岳山―御岳山駅―滝本駅

武蔵御嶽山神社は、「おいぬさま」(大口真神)が鎮座しているらしく、平日にも関わらず愛犬連れの観光客や登山客で賑わっていました。途中宿坊がいくつもあり、一度泊まってみるのも面白そうです。
真っ赤なもみじは今年一番でした。
その後、だいぶ下って七代の滝、長いはしごを一気に上がって綾広の滝をみました。滝ではマイナスイオンを浴び、途中の遊歩道では落ち葉をサクサク歩きながら紅葉と苔に癒され、心身共に浄化されました。
大岳山頂では、富士山も拝むことができました。
風も雲もなく、思わず昼寝したくなる程でした。
東京だとは信じられないくらい自然のパワーに癒された1日でした。
ちなみにスカイツリーやビル街も見えました!


20141116 二子山東岳弓状エリア

メンバー Mura(報告)、他1
天候:晴
エリア:二子山東岳弓状エリア
ルート:ワーカホリック10b、ペトルーシュカ12b、火の鳥12a、ノースマウンテン12a

二子には9時ちょっと前に着いたが、車がたくんさん。
ハイカーか、中央稜か、祠か、弓状か。
弓状に着いてみると先週よりどっと増えて車の多いのは祠と弓状のクライマーだった。
自分は、先週から風邪を引いてしまいこの日も風邪薬を飲んでいたが、
長袖のコンプレッションを着込むクライマーが多い中、
こちとら気合いが入ってるぜと半袖で突撃。
やせ我慢じゃねえよ。
でも、あったかい日でよかったなあ。

ペトは、まだ何日かかるかはわからないが、落とせる手応えありです。

20141115 有笠フリークライミング

メンバー Oka、Aya、Sat、Mat(報告)
天候:曇り時々晴
エリア:偏屈岩
ルート:ねずみ返し10b、全国平均の男10c、ハローミッチェル10a、低姿勢11b、棚からボタ落ち11b、掟破り11a

フェアリー側の林道が車両通行止めのため、偏屈岩に。上空には雲が垂れ込めており、いつ雪が降り出してもおかしくない程の寒さ。気合いを入れて厚い上着を脱いで、ルートに取り付く。各自宿題を提出したり、持ち帰ったり。いずれにせよ有笠山もそろそろシーズンオフか…と思いながら帰途についたら暑い程の陽射し。

20141115 小川山 ボルダリング

天候 晴

メンバー kub他3名

ルートと成果
哲学岩 5q○ 3q×
クジラ岩 穴社員3q× エイハブ船長1q×
ビクター コンケーブ3q○ 三日月ハング1q× サブウェイ3q×

寒くなってフリクションは良いですが、手も足も感覚が無くなって全然踏めませんでした。

20141108 有笠フリークライミング

メンバー Oka、Aya、Mat(報告)ほか一名
天候:晴れ
エリア:奥壁
ルート:つり師10c、まっしぐら11b、のっぺらぼう13a

朝方は霜が降りるほどの冷え込みも、陽が昇るにつれ和らぎ、快適な一日でした。
奥壁エリアは偏屈岩から15分ほど登った頂上に近いエリア。展望もあり開放的なエリアですが、岩はなかなかに手強い。前回「予感」の呪縛?から逃れたAyaさんと相棒のKchanは「日本のどこに出してもはずかしくない(日本100岩場)」ルート、「のっぺらぼう」にトライ。さすがに簡単には登らせてくれないようでしたが、手応えも感じていた様子。

荒島岳と能郷白山

2014年11月2・3日 HN、MN
2日荒島岳 勝原元スキー場P07:40―スキー場上8:30―シャクナゲ平分岐10:30―山頂11:30―P14:30

2~4日、北陸で遊ぼうと計画したら、天気予報は3日間共に雨。
宿の予約もしてあったので、いつものように晴れを求めて山の変更というわけにもいかず、雨覚悟で出かけてみた。
2日、荒島岳P、晴れ。
「しめしめ」と登り始める。中間の紅葉がとてもきれいだった。
しゃくなげ平の分岐から雨。
山頂の展望はなし。
登山道は、どろどろずるずるで尻もち厳禁!
能郷白山はやめにしようとすでに決意した。

3日能郷白山 温見峠07:50―山頂08:55―温見峠09:50

夜は雨と風で完全に観光モード。
朝になって雨が止み、やっぱり行こうか・・という気分になる。
MNはすでに行かない宣言。
1人なら、ぶっとばしで「ささっ」と行ってこようという気になり、温見峠へ。
登山口は雨だったが、登りはじめるとみぞれにになり、山頂は雪景色になった。
久しぶりの単独で、誰もいない山域と視界がない降雪に「なんだかなー」と思いながら、すたすたと歩いた。
下山時には日が射し、何組かが登ってきた。
4日は晴れで観光を楽しんだ。永平寺も丸岡城もなかなかよかった。

20141108 二子山東岳

先週の浸み出したっぷりの壁とは打って変わり、ドライな弓状エリアでクライミング。
天気は徐々に悪くなってきましたが、何とか持ちこたえてくれました。ただ、既にダウンパンツを動員してしまい、これからの季節に一抹の不安が・・・
ダンロップのミシュランマンになること必須です。
メンバーはMu、Morrow(報告者)、他1です。

ワーカホリック 5.10bでアップ後は、それぞれの目標ルートの練習です。

Muさんは、ペトルーシュカ 5.12b。
最後の核心に突入する前のレスト方法を探ってました。
僕の勝手な印象ですが、、あのレストが極まればRPは目の前なのでは!?

ペトレスト

Morrowはノースマウンテン 5.12a。
ラッキーにも13後半クライマーにヌン掛けしていただき、胸をなでおろしました。
本日2便目にして、ようやく石灰岩の登りの基本がわかってきて、3つあるレストポイントの2つ目までは自分の形が見えてきました。下部を固めることで後半部分が現実的なムーブに変わって来ればいいなと・・・
このルートは僕にとって「旅」です。

20141108 河又


天気:曇り
メンバー:S×2
ルート:ギザギザハート、小作人

今日はとても静かな河又。
ギザギザハートねらいで、朝から出陣。いつものコウモリ岩です。

今日の成果は
ギザギザハート、先週固めたムーブをおさらいして危なげなくRP★★、おめでとう。
小作人、被りのコルネで左右に振って登る河又らしいルートで★ゲット。

20141102-03丹沢 蛭ヶ岳

メンバー:K子、Tえ、他3名
コース:
2日6:30どんぐりハウス→大倉尾根→塔ノ岳→丹沢山→15:00蛭ヶ岳 山荘泊
3日7:15蛭ヶ岳→丹沢山→塔ノ岳→鍋割山→二俣→どんぐりハウス16:00

蛭ヶ岳は水場がないため、K子は今回共同装備として水分6Lほどと食材等を担いでくれました。歩荷能力はさすがの域です!大倉尾根(別名バカ尾根)の急登をひたすら登り、この時期としては気温が高めで大量に汗をかき、思わず花立山荘では季節外れのかき氷をいただいちゃいました!
塔ノ岳では一転して冷たい強風が吹き荒れ、以降怪しいお天気に。幸い、本降りの雨にはなりませんでしたが、蛭ヶ岳までは真っ白で展望なく、稜線では強風にさらされ続けてなんとかたどり着きました。こんな天候の日には小屋泊は気がラクです。
2日は蛭ヶ岳で夕日が富士山に沈む「ダイヤモンド富士」のみられる日でしたが、あいにく夜までガスと強風で見られませんでした。

yakei.jpg
しかし、深夜には晴れて横浜の夜景がキラキラと輝いて綺麗に見ることできました。
hujisan.jpg

ご来光や朝日に照らされる富士山も見られ、同行者は感動していました。
帰りは鍋割山を経由して名物の鍋焼きうどんをいただきました!
udon.jpg
美味しかったです!
紅葉も中腹で見ごろであり、丹沢の見どころを凝縮した山行でした。

20141103 二子山東岳

141103_Futaga_01

メンバー:Mu、他1

3日連続で二子の予定だったが、
土曜日の状況から日曜日は、浸み出しがよりひどくなりそうなので
二日目は、深谷ジムに変更し、
12aのルート作りと
12bのルートのトライをした。

3日目の月曜は、二子
すっきりと晴れて弓状でも鮮やかな紅葉をめでることができ
時間が経つごとに岩も乾き、状態は、よくなった。

アップをした後、以前登ったルートのリピートと思っていたが、予定変更。
気合いを入れて新しいルートに取り付くことにした。
ペトルーシュカ12b
1便目でクイックドローをセットし
ホールドと最後の核心を確認する。
2便目からトライに入り1便ごとに解決したパートを増やす。
3便出して
つなげるのは時間がかかりそうだが、ムーブはほぼ把握できた。
本日より、今シーズンの二子が開幕。

3日連続で追い込んだのでうちに帰ったら身動きできず、食欲なくすほど疲れました。

20141101 二子山東岳

141101_Futago_Moro

メンバー:Mu、初二子のMC、Mo

前夜から雨が続いている中、3人で二子に向かう。
ふたりが初めてなので先に祠エリアによってから弓状に。

弓状のおもなルートと
二段岩壁、弓状、広場、右壁と案内しながら壁の状態を見る。

霧に包まれて幻想的な雰囲気もあったのかふたりは、想像以上の迫力を感じている。

アップを広場エリアの
高くのぼれ10b
クールダウン10a
10台でもマスターオンサイトは、難しいルートだが、
ここでは、アップルートなので
MC君、Mo君が、マスターでトライする。
探りながらふたりともオンサイト

アップの後、何をするか。
あいにくの雨であちこちで浸み出しになっていて
下から上まで濡れていないルートは少ない。
ビッグモモ11cか、
比較的できそうなノースマウンテン12a、
こんなすいてる日は、ノースをマイペースでできるチャンス。
ふたりにとっては、最初からとは思っていなかったルート。
Muさんが、登ってくれるならということで
甘いぞと思いつつ、自分も予定の火の鳥ができそうにないので
一緒にノースをやることにする。

ふたりが続く。
真剣にMuの登りを見ていたのもある。
下からMuがホールドを伝えたのもある。
霧雨の中、クライマーも少なく、ノースは、一日中自分達3人だけでマイペースでできたのもある。
それでもふたりとも1便目でトップアウトは、たいしたもんだ。

天気、状況は、悪かったが、
惨めな思いを覚悟していたふたりにとっては、上々の初日でした。


20141103 有笠フリークライミング

メンバー Mat,Mac,Hat,KatK,Aya,ほか一名
天候 晴れ
エリア 石門、フェアリー
ルート 大いなる山の日々11a,No Siesta11c,緋牡丹博徒12a,予感12b/c,無名ルート12c/d

連休最終日
冷たい北風が吹いていましたが、岩のコンディションは良くクライミング日和の一日でした(^^)
土曜から来ている人のはなしでは、土日は染み出しがひどかったようです…

さて、ベストコンディションの中みなさん成果を上げました。
KatKくんは初11となる大いなる山の日々をRP!
HatさんはNo SiestaをRP!
そして私もワンテン地獄から抜け出して予感をRP!

みなさんお疲れ様でした!
報告 Aya



20141103 河又フリークライミング



天気:晴れ
メンバー:S×2
ルート:そういちろう、ギザギザハート

今日の河又は、大盛況。
お初のシュテファンフェイスに向かったのですが、お目当てのルートは空いておらず、いつものコウモリ岩へ…

今日の成果
ギザギザハートは全てムーブ解決。次回に期待!
そういちろう、細かいホールドの連続でしたが、なんとか★頂きました。

20141102 表妙義


メンバー:S✖️2
天気:晴れ
コースタイム:登山口09:40→第4石門10:20→堀切11:00→鷹戻し11:30→東岳→中ノ岳14:00→見晴台15:00→15:30中ノ嶽神社

雨の予報でしたがなんとか晴れてくれました。とは言うものの前日の雨で岩はビッチョ、ガバの連続でしたが緊張感たっぷり。今回の核心である鷹戻しは、かなり苦戦すると思ったのですが、快適に通過♪
無駄に懸垂下降もやって、紅葉も綺麗で大満足の一日でした。

 | ホーム |