プロフィール

ta ke3

Author:ta ke3
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


20150530 有笠ヘルケイブ

まぐろクライマー

大変です。
変な人発見しました。
もはや人ぢゃないんです。
登るのをやめると
息ができなくなってしまって
死んでしまうんです。

まぐろクライマーです!
(しかも、脂肪が少ないので赤身です。ここ大事ね。)

なのでずっとクライミングを続けているんです。

毎週連続は、つらいなーとわかっているんです。
たまにカレイやヒラメみたいに昼寝ぶっこいていようかなーなんて思うんです。
たまには、中之条の有笠じゃなくて竜宮城のサロン乙姫なんてとこに行ってみたいなあなんて思ったりもします。

でも
結局のところじっとしていられません。
そう思いながらまた向かってしまうんです。
登ってしまうんです。

20150530arikasakeibu



この日のMJです。
ブラストを落としたので、ルンルンしんすけです。
ルンルンの意味がわかったようです。
楽しいのはクライマーじゃないんです。
この12bかれーよ!と苦労するクライマーを見てる方が楽しくてルンルンしてしまうんです。
まぐろじゃなくて鯉のつもりで登れるんじゃないかと思っていたのにね。


Muraもルンルンしんすけ
たぶん、去年の秋頃から週末は、クライミングが続いてます。
さすがのまぐろもずっと登り続けてお疲れ気味。


師匠、1便目ぬん掛け。2便目回収。
それで帰る。
それでもまだまだ続けるつもりだ。
やはりこの人こそまぐろだ。
よぼよぼになってもやり続けるんだろうな。



こうしてまぐろな3人は、今日も登り続けたのでした。

有笠ヘルケイブ
フリークライミング
メンバーは、まぐろ1MJ、まぐろ2Mura、まぐろ3Okdでした。

by Mura


2015.5.30 有笠フェアリー

天気:晴れ
メンバー:S田、S藤
ルート:パスファインダー、No Siesta、翁、入梅

今日は1日通して静かなフェアリー。
ただ、今日は暑かった~
10時位には汗ばみ始め、ホールドはヌメヌメ。

S藤は、先週に引き続きパスファインダー。気温が上がる前に1便目で核心のムーブを固め、あっという間にRP。
今回ムーブ力の無さを実感。解ればあっという間なのだが。


S田、今日はオンサイト特訓。
まずはNo Siestaにロックオン。気合のマスターで挑むも核心でフォール。
めげずに次のターゲットは、翁。核心は越えたのだが、最後にテンパってフォール。
ならば入梅で…残念ながらフォール。
そんなに甘くはないか。
ひとまず、全てRPできて良かった♪


20150524 有笠ヘルケイブ

天気:晴れ
岩の状態:概ねgood(85点)
メンバー:OKD. Mur. 1-K. D5. MJ-Mac


考えると怖くなる
怖くて逃げ出したくなる
逃げ出したら遠くなる
遠すぎて見失ってしまいそうだ
素晴らしき最高のゲーム


いつものヘルケイブに、今日はダブルKatくん参戦です。
いつも静かなケイブですが、MAX20人近い大賑わい。
みんなではじめの一歩でアップしてそれぞれの課題へ。

1-K:初のケイブ。Mur師匠のヌンガケをガン見したいたにも関わらず、まったく違うラインとホールドでFL。オンサイトと言ってもいいね。彼のボルダ力には関心させられる。
ねぼすけクラックはマスターでオンサイトをねらうも、最後のムーブで手こずっていました。
150524-2.jpg


D5:久々の外岩でうまいことムーブが起こせずハマってましたが、果敢に攻めてました。個人的にはその姿勢が好きです。一緒に修行しましょう。
150524-3.jpg


OKD師匠:僕と一緒にブラスト。1便目はわりとすんなり核心まで。しかし、寝不足が祟ってしまい、ガス欠。師匠、とりあえず寝てください。
150524-4.jpg


Mur師匠:ルンルンしんすけ。本日4便目に一気に高度を上げてワンテン。次回からいよいよRP便になるのでしょうか?段々と洗練されてきました。
150524-1.jpg


そんでワタス。RP便になってからワンテンジゴクにハマり最終便でなんとかRP。肩の荷が下りました。
このルートも本当にいろんな人にお世話になりました。ありがとうございます。
150524-5.jpg



お疲れ様でした。

さぁ次へのルーレットを廻そうか?
素晴らしき最高のゲーム

20150517燧ケ岳BC

天気:快晴
メンバー:kk、ts

今シーズンの滑り納めとして燧ケ岳に行ってきました。
例年よりも雪が少ない模様でしたが、雪質も滑りやすく良い形で締めくくることができました。

山頂より至仏方面
2015-05-17_11-43-06_585_convert_20150526231257.jpg

2015.05.24 有笠フェアリー

天気 晴れ
メンバー TK SAT

さわやかなクライミング日和
フェアリーは大盛況でした。
20人いたかな。

夢見る頃やっとRP。もっとかぶりになれないとダメですね。ジム行かなくては~。

記 SAT

2015.5.24 有笠フェアリー

天気:晴れ
メンバー:S田、S藤
ルート:パスファインダー、ルート名不明

今日も大盛況のフェアリーでした。
先週までアドベンチャーで、今週からフェアリーに移動。
天気予報はハズレ、一日中、日差しが降り注いでいました。


で、S藤はフェアリーの人気ルート、パスファインダーがお目当て。S田はあまり人気ないけど以前から気になっていた右隣りのルート名不明をダメもとでお触り。

S藤のパスファインダー、まずは核心のムーブをなんとか解決したいかな。

S田のルート名不明、1便目はなんとかムーブのバラしが出来て大満足。
2便目は繋げてのトライ、2テンまで持ち込んだが指皮ヒリヒリ拷問ルートだけあって、この時点で諦めムード。
どんなに休んでも指皮はヒリヒリのままなので、3便目は回収便のつもりだったが、これが思いのほかムーブがハマってRP
こんな事もあるんですね。リラックスして登れたのが良かったのかな。

お疲れ様でした。

20150523鹿俣山

天気:はれ
メンバー:Sさん、Kさん、Hさん、T(記録)
センターハウス7:35→たんばら湿原→ブナ平→鹿俣山10:45→センターハウス12:05

関東随一のブナの原生林が広がるブナ平の新緑を目当てに行ってまいりました。新入会員のHさんは初参加の山行でした。ハイキングのメンバーが増えてうれしいですね!
DSCN2610.jpg

たんばら湿原ではちょっと終わりかけの水芭蕉も見られ、少し尾瀬に似た雰囲気。樹林帯では鳥の鳴き声とブナの新緑に癒されてとても気持ちがいいです。鹿俣山まではちょっとダラダラと距離がありました。
下山後はランチ!今回はこっちのがメインです。
DSCN2623.jpg
チーズフォンデュ、新玉ねぎとSさん特製アスパラを入れたコンソメスープ、Sさんちのレタスのサラダ、いただきました!美味しかったです。チーズフォンデュはもう少し山仕様に工夫を加えてまたやってみます!日帰りグルメ山行もたまにはいいですよね、また企画します。お疲れさまでした。

20150425.0517 小川山 ボルダリング

0425
天候 晴
メンバー mor kub他

0517
天候 晴
メンバー kub他

課題 エイハブ船長他

クジラ岩は午後になると日が陰り状態が良くなる感じがします。
morさんエイハブワンデイおめでとうございます。

20150516 有笠ヘルケイブ

天気:雨のち曇り
メンバー:OKD. Mur. MJ-Mac
ルート:はじめの一歩
Blast-off
ルンルンしんすけ

朝、雨の中車を走らせて今日もヘルケイブ。雨予報は朝だけでしたが、午前いっぱい降り、ブラストの出だしはやはりビチャビチャ。
午後になり少し条件は良くなったものの、この日のRPはオアズケとなりました。

OKD師匠はブラスト2便。岩の湿気で思うようにムーブが起こせず苦労してました。

Mur師匠はルンルン。この悪条件の中、今日も少し進んでおりました。下部はだいぶ余裕がでてきたみたいです。

ワタスはブラスト。全てワンテン。このタイミングで核心のムーブを変更する手際の悪さとアタマの悪さ。ん~。

この日は他に2パーティいましたが、静かなヘルケイブでした。

20150517 柴崎ロック

天気:晴れ
メンバー:Su×2

人目を気にせず静かな岩場で練習を・・と思いきや。。
駐車場について見ると9時前にも関わらず、すでに5台も止まってて自分達の6台目で駐車場は満車となりました。


岩場に下りて見ると20人以上のクライマーがいてお目当ての人気ルートはしばらく取りつけそうにない様子なので空いている5.10台を順調に落としながら5.10cのスノーシャットとゆうルートへ取りついて見るが・・これがかなりのお買い損ルートで非常に緊張感のあるバランシーなムーブを要求してくる。だが各駅停車でかなりブザマなムーブを披露しながらも何とか必死こいて終了点にたどり着きました(絶対に11台あるだろう!)。
その様子を見ていたのか・・何組かその10cに取りつくが誰もまともに登れずプリ棒使用やら途中敗退やらで
その様子を見ていた自分はちょっと優越感(腹黒い)。。

その後夕方になり人も減り始め、目的のうるしぎが空いたので取りついて何とか1テンで終了でき次回へいい感触で終わらせる事ができました。

Sカも頑張ってますよ・・・

2015.5.17 有笠アドベンチャー

天気:快晴
メンバー:S田、S藤
ルート:宝探し、疾風、用心棒

今日は大盛況のアドベンチャー。

木漏れ日につつまれて何もしなくても気持ちが良いのだが、今日は宿題の続きということで、宝探しでユルユルモードから戦闘モードにチェンジ。

S藤の疾風、やはり核心のガバどりが遠くパワー系で大苦戦。。

S田の用心棒、本気トライの午前便は惜しくも終了点前でフォール。手応えはあったのでお昼休みを十分とって午後のトライへ。午後便は後半ヨレヨレになりなりつつ気合でRP❗️ヤッター♪

お疲れ様でした。

20150516 有笠山フェアリー フリークライミング

天候 : 雨のち晴れ

メンバー : Sat、Tak

ルート : 夢見る頃 5.11ab / 入梅 5.11a

朝から雨が降っていましたが・・・
三ツ星狩りその②ということで偏屈岩へ向かいました、途中コンビニで買い物をしていると雨も強まり土砂降りに

とりあえず岩場へ行きましたが案の定偏屈岩はビショビショ、下部は乾いているんですけどね。。。
ジムに行こうかな~と思いつつ偵察がてらフェアリーに行ったら夢見る頃と入梅ができそうなのでSatさん、Takが苦手なかぶりルート強化Dayに変更しました。

夢見るころ⇒Satさん、入梅⇒Tak

お互いムーヴは解決しましたが後半は慣れないかぶりルートに体力を吸われRPならず
次回へ持越しとなりました、たぶんいける・・・と思います。

夢見る入梅

この日は後から訪れたNさんとAさんに色々とアドバイスをいただいたり実際に登ってムーヴを見せていただいたりと収穫のある1日となりました、おつきあいいただき感謝です

20150509-10 フリークライミング

0150509 有笠山ヘルケイブ

P5090014.jpg


GWは誰もいなかったヘルケイブですが、この日は僕らの他に2パーティ。夕方から二子ではお馴染みの激強クライマーのSSKingさん一行も登ってきてセッションノリのクライミング。
Mur師匠とワタスはそれぞれの課題に打ち込みました。
Mur師匠はルンルン。2テンまで追い詰めてきました。下部から大分ムーブも洗練されてきて、よい感じ。
RPもそう遠くなさそうです。

ワタスはブラスト。この日からRP便。これまた、ムーブは解決して追い詰めてきた感はあるものの、核心抜けたらポロリ。テンションムーブだとつながるんだけどな~。
ま、去年に比べたら、『サバ折りムーブ』や『ハイステップ後のフリーズ』は完全にモノにできたのでよしとします。
少しは強くなってんのかな?ははは。
P5090009.jpg


この日、そろそろ二子がシーズンオフになるため、打ち上げ的なクライマーの集まりがあり、夜から二人で参加させてもらいました。メンバーの大半が13クライマーという(おそらく、僕がいちばんのミジンコ)すごい。



20150510 榛名黒岩

打ち上げ後、僕らは車中泊で朝を迎え、黒岩に向かう。昨日の雨が気になったが、キレイに晴れわたり、期待できる。
9:00過ぎに黒岩Pに着。ほぼ満車、大人気です。
黒岩はヘルケイブとは違い穏やかな雰囲気。染み出しもない。
この日外岩デビューした他1名のSさん。夏子、岳友、ピラミッドフェイス、オケラを果敢にトライ。ガンバです。

Mur師匠とワタスはおきて。ワタス初オサワリでしたが、想像していたよりもずっと悪い。核心は1級以上のムーブでしょうか。V型のカチのフリしたパーミングは人体改造でもしない限りデッドで止まる気配は感じられませんでした。改めてOKD師匠を尊敬。これ落としたのか、すげえな。
間違いなくお買い損ルートだと思いますが、面白いです。目、鼻、クチ、耳の中まで砂だらけですがw
遊んだ感ハンパねぇですw←ドM
ほのぼのした黒岩に僕らの叫び声が響きわたりましたw
P5100055.jpg


てなワケでございまして、攻めの二日間は収穫こそないけれど、確実な手応えを感じて終わりました。

Mur師匠、いつもありがとうございます。写真も使わせていただきました。

20150510-11燕岳

1日目:中房温泉-合戦小屋-燕山荘-テント
2日目:テント-燕岳-テント-合戦小屋-中房温泉

メンバー:HN MN KA RC YS

天気:晴れ→強風(夜)→快晴

念願の燕岳に行ってきました。今年は雪が少ないと言われていた通り、富士見ベンチまではアイゼンを装着せずに進めました。
久しぶりの重荷と急登で余裕しゃくしゃくとはいきませんでしたが、燕山荘からの絶景に感動です!


テン場は貸し切り状態、夜の強風でテントが飛ばされないよう山男が見守っていてくれました。





メガネ岩でポーズ


山頂で

数々のサプライズありのとても楽しい山行でした。
一緒に行ってくれたみなさん、ありがとうございました!

2015 0509有笠 偏屈岩

天気 雨が降ったりやんだり
メンバー TK KB Sat

今年初の偏屈岩に行きました。
TKとSatは、三つ星11狩りが目的です。
予定通り、掟破り11aは二人ともあっさりゲット!
でも、低姿勢11bは…
次にしといてやるか ;^_^A
あとは10台やりました。

KBは、10b 10c OS 10b RP
TK 10c Fr
Sat 10b RP

掟破りより10b大統領に苦戦した。



20150505-6燕岳

5日 中房温泉第1P 5:15→燕山荘10:45 テント設営 大下りの頭までピストン
6日 燕山荘→燕岳→燕山荘 テント撤収 8:10→中房温泉11:20
メンバー:TK、ST

予定では4日から入るつもりでしたが、天候不良のため予備日へずらし、4日はノープランの松本観光と甘く考えていました。さすがGWですね、大王わさび農場なんて近づくこともできない大渋滞・・・。特に観光することもなく、お腹がすいたので本屋で情報収集して安曇野のとんかつ専門店「百家」へ行ってみることに。開店前に駐車場で待っていると、続々と車がやってきて驚く。とんかつは肉厚でほんわか桜色、ボリューム満点でお腹いっぱい!!おすすめです。
満腹後は眠気がピーク!観光やめよう!午後には有明荘へ行きゆっくりお風呂に入り明日に備えて第一Pで就寝。

朝、ガスでもやもやとした天気のなか出発。おやおや!?今日は晴れる予報じゃなかったの!?と疑念を抱きながら登る。第3ベンチを過ぎて富士見ベンチとの中間くらいでアイゼンをつけ、合戦小屋が近づいてきた頃に稜線の向こうに青空が見えた。急速に雲が流れてその青空がどんどん広がっていく。燕山荘に着くと、快晴の大展望が広がっていました。
P1100394.jpg
翌朝、テントの中から日の出が拝めそうなところへテント設営する。
その後は表銀座縦走をイメージしながら大天井方面へお散歩し、大下りの頭まで行ってきました。いつかこの先へ行きたいなぁ、行けそうだなぁと思いました。稜線はすっかり夏道で、夏の香りがしました。
DSCN2600.jpg

水晶岳に沈む夕日を眺め、翌朝はテントから朝日を眺め、雲一つない快晴の2日間でした。美しい景色にみとれ、素晴らしい時間を過ごせました。

20150503~04小川山

メンバー:ス×2
GWの貴重な連休を利用して小川山へ行ってきました。
糞会社の激務のため前夜に慌ただしく準備をして当日も慌ただしく出発!
高速に乗ろうとETCゲートを目の前にして・・・「あれ?自宅の鍵かけたっけ?」・・Uターンする間もなくETC通過!小川山まで不穏なドライブが続く。
廻り目平に到着すると予想はしていたものの好天続きのGWとゆう事で大盛況!車輛の密度が尋常ではなく右往左往しながらキャンプ場から1キロ超下った無料駐車場まで引き返し、廻り目平までランニング!(嫁はザックの上で昼寝)

春のもどり雪とガマルートのマルチを行い1日目は終了。
夕方には駐車してる車の数も減ったのでまたもやランニングして無料駐車場までマイカーをとりに行き(嫁はザックの上で読書)キャンプ場に車を移動。
苦労のかいがあって広めのテン場を確保できました。夜はバーベキューと焼きそばを堪能し焚火でまったりして過ごしました。
2日目は深夜から雨が降り出しテンションだが朝方には雨は上がり、晴れ間も出て一安心!
マラ岩・姉岩方面へ足を伸ばそうとするが岩場を探して右往左往・・地元の方に先導してもらい目的地に到着。5.10台を中心に遊んできました。
帰る間際にHさんと遭遇してビックリ!まだまだ続く小川山の日々・・羨ましい限りでした。
ブログ用P5040007

2015.5.9 有笠アドベンチャー

天気:曇り時々雨
メンバー:S田、S藤
ルート:宝探し、疾風、用心棒

有笠は何度も来ているのだが、アドベンチャーはお初。
アプローチで迷子になりかけ、なんとかたどり着いた。
こじんまりしたエリアで、ルート数も少なめ。
まずは2人、宝探しでアップ。
その後、S藤は疾風、S田は用心棒に取り掛かかった。

S藤
疾風、被りの核心で大苦戦しトップアウトできず残念。

S田
用心棒、最終便でなんとか2テンまでもっていけたのだが、まだまだ時間がかかりそう。




150508霧積川 墓場尻沢

霧積川 墓場尻沢左俣 同沢下降
天  気 曇のち晴
メンバー 大工・ヤナギユーレイ

気づけば2シーズンぶりの山行となってしまった。
そしてブログ

5時    自宅発
6時30分 いづみ橋(起点着)
7時    山行開始
7時15分 入渓
       三俣
       山連瀑
       雌滝
       雄滝
10時30分 林道
12時20分 いづみ橋

 2度目に訪れる沢だが、二人とも何も思い出せずなんとなく起点到着
 『じゃ行ってみますか!』…的なノリで山行開始するも本来入渓点である初めの堰堤がリニューアルされており
『まさかここじゃないよね~』とやり過ごす。
 しばらく林道を歩くとだんだん沢から離れていくので…適当な場所から入渓…

 ラバーソール初下しの大工は序盤フェルトとは違うフリクションに苦戦
 三俣までは足慣らしでちょうどよかったかな?
 ヤナギはハーフパンツスタイル

 だんだん記憶がピンポイントによみがえり
 妙義周辺の割に開けた感があり綺麗な沢のため快適だ。

 短いルートだが三連瀑難なく突破!、雌滝ビビりつつ突破、雄滝は巻いたが適度に楽しめた。

 今回は同沢を下降したが、三連瀑上部に支点をとれる場所がなく草付の斜面を高巻しなければならず、これがなかなかのスリル。
 ここは中俣下降のほうが難所なく下りられたのかな?

 個人的に長いブランクは体が重くなっていることを痛感しました。

 使用した装備:40m*1、カム*1、ランニング*1
 写真は今回オアズケ

20150429至仏山BC

天気:快晴
メンバー:kk、ts

至仏山に行ってきました。
天気は快晴、鳩待峠はハイカー、山スキーヤー・ボーダーで大賑わいです。
順調に歩を進め二時間程で山頂に到着。

山頂にて
2015-04-29_10-17-21_271_convert_20150509090536.jpg

ワル沢へ向けて滑降します。
斜面の状況は雨の溝でボコボコ、下部はストップ雪と苦労しましたが、大斜面への滑降はやはり爽快です。
順調に滑降し、正午くらいに無事下山。
天気、ロケーションとも最高で良い山行となりました。

5/2.3 西穂独標

5/2 新穂高ロープウェイ-西穂山荘(テント泊)
5/3 西穂山荘-西穂独標-西穂山荘(西穂ラーメンしょうゆ)-新穂高ロープウェイ

ゴールデンウイークの西穂へ行ってきました。
駐車場もテン場も大混雑を覚悟していましたが、駐車場もちらほら空きがありテントも余裕を持って張ることができました。
雪も少なく、アイゼンを装着せずに行ってこられました。

爺が岳

2015.05.03 HN MN TK

扇沢P05:20-爺が岳山頂11:20ー12:40-16:00扇沢P

天気は快晴、暑い。
登山口で計画書を提出して、「今年は雪が少ないよ。」と言われ、冬靴でよたよた登りだす。
途中、軽い藪。
雪のない冬靴が重い。
流石にゴールデンウィークで、それなりに人がいるが、アルプスギャル・ボーイで、上越とは雰囲気が大違い。
山頂は大展望で、華やかな連休を満喫した。

20150502-6小川山

参加者:Hat×2、他3名
GWは恒例の友人夫婦とキャンプ。それならいざ小川山へGOとなった。
5/2 初日はゆっくり合流し、天狗山ハイキング。この日のメインは夕方早めからのBBQ。
5/3は、初の小川山ボルダリング。皆で8〜3級課題に挑戦。やっぱりメインは夕方早めからのBBQ。
5/4 友人嫁が小川山物語を挑戦したい要望。どうやら昨年にリードクライマーになったようだ。その経緯に感動。
午後からはマラ岩へ周辺に移動したら、天気も崩れそうになり少し早めに切りあげ。帰りS先輩夫妻に会えました。仲良くクライミングを満喫されたようだ。夕方は少し早めに風呂に入り川上村の焼肉屋に行ってみた。連荘泊は風呂後にここで夕食はアリですね。
5/5友人が宿題にしているルートを落としたい要望。AMヌンがけで手伝い、PMは別に合流した友人について行き、裏烏帽子へ視察。道のり1hで取付の12aへ。1回でムーブが分かったので、間違い無くお買い得ルート。核心は5ピン目と長いアプローチ。2回目×でタイムオーバー。メインは夕方遅めになったがBBQ。友人も宿題をRPしてお土産GET。
5/6イレギュラーをRPして終了。PM解散。
GWの癒された、ファンクライミングでした。

20150506 有笠

有笠山ヘルケイブ
フリークライミング
メンバー:Mura、Machi、Okd

ゴールデンウイーク最終日で
ケイブにクライマーは、3人だけ。

新緑の若葉ごしに届く日差しが優しく
カッコウの鳴き声とキツツキが木をコッ、コッ、コッと叩く音が聞こえるだけ。
ひんやりとした風が吹き抜ける。


会話は、少ない。
自然の中にいて自然を肌で感じられるのが心地良いからだ。


Okd師匠
時間を間違えたとかで10時に到着
早速ブラストにクイックドローのセット
ありがとうございました。
ハングを超えてトラバースの処理を探っていました。
20150506_arikasa_02.jpg


Mura
ルンルンしんすけ
4便出しました。
各パーツの精度を高めませんといけません。
最後の核心をマッチするには、足をマッチのようでした。
20150506_arikasa_01.jpg


Machi
10カ月ぶりのブラスト
10カ月前は、イレブンクライマー
今は、トウエレブクライマー
実力がついた証です。
1日で3便で解決していました。
20150506_arikasa_03.jpg


それにしてもこのエリアのルートはどれも
取り付く前にめげちゃいかんと気合をかけないといかんのね。
RPするまでがんばりましょう!

by Mura

20150429 有笠ヘルケイブ

午前中は暖かく、午後日が陰るとすこ~しさむいヘルケイブに行ってきました。
メンバーは、Okdさん、Ayaさん、Hatさん、Kub君、Morrowです。


それぞれの目標ルートの練習と、
クライミングモードの体作りに勤しみました。

取り付いたルートは、、、
ブラストオフ、るんるんしんすけ、ねぼすけクラック、など

Ayaさんは午前中ルンルンで筋トレ、
Kub君はねぼすけをRPしてました。
OkdさんとHatさんはブラストの練習

午後16時になり、AyaさんとOkdさんが帰ったちょっと肌寒いヘルケイブ。
Hatさんは見事に、ブラストオフをRPしました!!
ナイスクライミング!!
良いもの見せてもらいました。
ブラストオフ

大ナゲシ北稜

大ナゲシ北稜(バリエーションハイキング)
2015年5月3日 晴天 メンバー:Fさん、Mさん、K(記)
(記録) 7:20 赤岩橋 9:00 1073m(懸垂終了時点) 10:10 野栗沢諏訪山 12:20 小ナゲシ(1470m)
14:00 大ナゲシ 14:40 赤岩峠 16:20 赤岩橋
毎年恒例のバリハイです。昨年までは妙義でしたが今回は両神山域です。
打田氏著「藪岩魂」記載の最難ルートということで昨年から気になってました。
以下状況を簡単に記録します。
赤岩橋ゲート手前に駐車、少し戻り「くるみ橋」から枝沢左岸を入る。
まもなく尾根にとりつき踏み跡かけもの道を探し、ひたすら急登。
ふくらはぎの痛みを我慢しひたすら急登。
1073mからの懸垂は約15m。下部は空中懸垂。
ここからは、岩稜を右に、左に回り込み、地形図とGPSとネットで事前調査した情報を駆使して進む。
野栗沢諏訪山山頂には祠があり、銅鏡や剣などが供えられていた。
見た感じ、数十年は経ている様だが、この尾根を多くの人々が通過していたとは思えず、
途中の石標を含め何のために・・・と思ってしまいます。山岳宗教なのでしょうか。
赤岩峠から赤岩沢ルートは、武田信玄のころ秩父側から鉱石を運んだ道とのこと。
最近、その登山道や山の歴史を考えるのが面白くて。年のせいでしょうか・・・。
小ナゲシからは、岩稜の合間から懸垂(25mギリギリ)、懸垂点はシュリンゲあり。
懸垂下降点からコルを目指すが悪く、もう一回懸垂下降(25m)を行い、少し登ってコルへ。
コルから大ナゲシ方向に回り込んだところで一般道に合流。
ここまでの木登りで腕が萎え、大ナゲシの鎖場が厳しい。
ようやく山頂。久しぶりにヘロヘロになりました。
充実感にひたりながら一般登山道(まるで高速道路)を赤岩橋を目指し下山。

20150501 小川山 ボルダリング

天候 晴れ
メンバー kub他4名
課題と成果
クジラ岩 フィン○ エイハブ船長×
ビクター リッパー× マントル○ ランジ×
扇岩   左うちわ○ 蛇腹○ コーナー○ ウェーブ× 扇子×
筆岩 筆スラブ○ 達筆×
眠り岩  熟睡○ 眠り穴○

今回は新しい岩を触ってみました。次回は不可能スラブを見に行きたいと思います。

天狗岩~烏帽子岳(西上州)

天狗岩~烏帽子岳
2015年4月29日 メンバー:Mさん、Fさん、Hさん、K(記)
アカヤシオの季節となり、岩稜に咲く群落が有名な烏帽子岳に行きました。
コースは、一応バリエーションコース(初級)の天狗岩~シラケ~マル~烏帽子岳。
往路は、岩稜コース、復路は、トラバースルートをとりました。
(記録) 7:30 駐車場出発 8:15 展望台 8:30 シラケ山 10:00烏帽子岳 11:50 駐車場着
人気の山なので、駐車場が無くなる為、早朝出発したこともあり、なんと午前中に終了してしまいました。
バリエーションとは言っても入山者が多く、ほぼ一般道です。
岩稜は、一部で高度感はありますが、特にやばいところはありません。
アカヤシオは、Nさんの報告と同じ無、少なかったです。
少し遅かったのもありますが、減ってきているのでしょうか。来年に期待します。
貸切同様で温泉を楽しんだあと、下仁田B級グルメ(揚げたてメンチカツ)を堪能してきました。
山半分、観光半分もたまにはいいものです。

 

20150505有笠フェアリー

天気:晴れ
メンバー:MJ SKen TK Sak Sat
ルート パスファインダー
夢見る頃、ロマンチック街道、

今日のフェアリーは、12人ほど。

成果
Sakちゃんパスファインダーを一便RP
SatもRP
TK夢見るRP

pass sat

ゴールデンウィークも終わりまで秒読みですな。
お疲れ様でした。

2015.5.2~3 立山

メンバー:U野、S口、S田

今年の立山BCは、頼りにしていたTKさんが腰痛のため辞退となり、少数パーティーでの山行となりました。
今まで頼りっきりだったので、朝の乗継や雪のコンディション、ルートなど不安な事だらけ。

【1日目】
天気:快晴
ルート:8:30 室堂→11:30 剱御前小舎→剱沢滑走→14:00 剱御前小舎→15:30 雷鳥荘

朝の乗継はGWの混雑が予想されたので、チームワークを発揮。

バス、ケーブルカー、ロープウェイの乗継は全て始発で、幸先の良いスタート!

雪の回廊で余裕の観光。


立山と言ったら、おきまりの。


雷鳥沢では、余裕の登り。


そして、1日目のメインディッシュ
剣沢滑走。

気持ちぃ~♩


頼もしい2人のおかげで、楽しく初日を終えることが出来ました。



【2日目】
天気:快晴
ルート:7:30 雷鳥荘→11:00 山崎カール(ローソク岩)→山崎カール滑走→12:00 一ノ越→13:30 東一ノ越→タンボ平滑走→14:40 黒部ダム

朝はカリカリでしたが、照りつける太陽のおかげで雪の緩みが早い。
ところで、今回滑りで苦戦したのが👇のミゾミゾ(雨水が流れた溝)

さすが北アルプス、先週の至仏山のミゾミゾとはスケールが違います。深いところは40センチほど。
ミゾミゾが成長していない場所を探したところ、山崎カールが良さそうということになり、早速山﨑カールへ。

読みは当たり、フラットなザラメで快適な斜面でした。
このロケーションでの滑走に、皆さん大満足。


東一ノ越は融雪が進み、まるで夏山。


そして、タンボ平をゆったり滑って、今回の山行の幕を閉じました。


お疲れ様でした。
そして、TKさん、計画から段取りまでして頂きありがとうございました。





 | ホーム |  次のページ»»