プロフィール

ta ke3

Author:ta ke3
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


20160124鍋割・荒山ハイキング

メンバー:SK
天気:快晴時々曇り

予定では南面から荒山へ向かうルートでしたが登山口までの林道が除雪されておらず辿り着く事ができず、一般的な箕輪の駐車場から変更して登り始めました。
鍋割山を目指す登山者は多く、道のりは踏まれて舗装路と化してましたが荒山高原から北上して荒山へ向かう登山者は少なくて、さらに自分は東面から回り込むルートを予定していたので東に進むと約1名と思われるトレースが!マニアックな同類がいてラッキーと思いきや・・そのトレースは20M位で引き返し無くなってました(泣)。
孤独なラッセルを1時間程してましたが・・急にジムに行きたくなったとゆう理由を見つけて往路下山しました。。

20160130 前武尊バックカントリー

天候 : 曇り時々晴れ

メンバー : TK、Kat1、Miki、Sak、他1名

コースタイム : ゲレンデトップ10:30 ⇒ 前武尊山頂11:10 ⇒ 十二沢滑降13:00 ⇒ レストハウス13:30

今期のBCは、前武尊山でスタート!
例年と比べると、1ヶ月遅れです。

昨日からの降雪で、山頂付近では30センチくらいの新雪。








パフパフとまでは行きませんでしたが、新雪、地形、ヤブが楽しめたので、足慣らしにはちょうど良い山行でした。お疲れ様でした。


20160124 二子弓状フリークライミング

天気:晴れ時々曇り
気温:朝-6°C 昼-1°C 夕方-4°C
湿度:寒くて何が何だか。
状態:寒くて何が何だか。
メンバーMur. MJ(報告). 他1名


先日の雪の影響を心配しながらダメモトで青梨から林道に入るも案の定除雪されておらず、中里経由で299号を走り坂本登山口まで。車はやはり入れずでした。ま、登山道を歩くこと前提でここに来ているしw。アプローチは40分ほど。初めて歩いたが、なかなか楽しめる。
雪はそれなりにあったが、トレースバッチリで歩きやすい。
SNSのおかげで林道の状況やアプローチの状況をほぼリアルタイムで知ることができる。ネット社会、ありがたや。
僕の知る限り太陽さえ出てれば弓状は登れるはず。メンバーはMur師匠と僕(Mac)とMac子さんの3人。文字通りドM(笑)


弓状に着くと気温は-6°C。
アップも2手目にはすでに感覚がなくなりスタンスも何を踏んでいるのか分からない。
既にゴウモンの類ではなかろうか。
去年ドカ雪の中でアップしたことはあるが、今日のほうがツラい。いままででいちばんしんどかったかも。
アップ終わりでお昼になるが、気温はまだ氷点下。晴れているのに風が強くて岩の温度を吸い取る。その岩は僕らの手の体温を吸い取り、手の体温を吸い取られた僕らのやる気を吸い取り、運動能力と冷静な判断力をも吸い取っていく。


お昼は暖かいものがいいので、今流行りの『どん兵衛10分待ち』を試してみる。山専ボトルのお湯なので、お湯を入れて15分。
さぞかし美味しくなっているだろうと食べてみると、
寒冷地のため、どん兵衛自体が冷めてしまうとゆう残念な結果に。



それでも、トライは本気です。僕はオガミ引きつけまで高度を上げる。さらに、イッパツでは止められなかったバケツ前の右手カチも止まり、この極寒の中でも手ごたえは充分。

Mur師匠のトライは思うようにカラダが動かず、今日はピンチ止まらずでした。それでも僕よりは2手(この2手が3Qくらい)進んでる。
なにやら夜は反省会をするようで(笑)
他1名のMac子さんの真珠入り13aも筋トレ便だったようです。なにやら夜は反省会をするようで(笑)
コレといった反省点のない僕は冷めてしまったどん兵衛の作り方を反省。


余談だが、ここで僕らがやっているおいしいよーというルートを紹介したい。
注意:オンサイト狙いのかたは見ないほうがいいかもw

『おいしいよー 5.12c』
二子東岳唯一の12c三ッ星ルートで、ノースマウンテン、ペトルーシュカ、任侠道、唐獅子などに並ぶ人気ルート(日本の100名ルートにも選ばれてたと思う)
下部パート(5クリップまで)は僕の手順で15手。被りのキツいサイドアンダーのガバをつなぎ段々と手が遠くなり足が悪くなる。
中部パート(5~7クリップ)核心パート。僕の手順で15手と核心がかなり長い。ここから手も足も悪くなりランナウトする。
上部パート(7~終了点)は、みなさん5.10台と言ってますが、核心抜けまでの30手こなした後の17手は5.11bくらいに感じる。合計47手。
ロングルートのノースマウンテンでさえ33手前後だから手数は多い。二子ではほとんどの人がこのルートを落とすと任侠道に行く。RPまでどのくらいかかるか分からないが、楽しみながらトライしていこうと思う。

長文失礼。

20160116-17二子フリー

2016/1/16
天候:晴れ
メンバー:Mura、HT報告者
ルート:みんなのなんとか、ノースM、おいしいよー

気温はまだ暖かいので、過ごしやすい。

Mura おいしいよ この日核心からいっきに高度が延び、RPを狙える位置まで来ました!

HT ノースM この日は最後に初めてヌンがけ。凡人は頑張るしかない!

この日は吉田のキャンプ小屋で素泊まり。コスパよしで快適でした。Muraさんは祝杯。


2017/1/17
天候:晴れ
メンバー:Mura、HT、MJ、他1
ルート:みんなのなんとかと他アップして、ノースM、おいしいよー

Mura おいしいよー 今日の体調は万全では無いものの、出すごとに前進中!

MJ  おいしいよー こちらも、少しづつ前進!二人とも強い、そして気持も!

HT ノースM  こちらは進展厳しく悩み中。もっと楽に登りたいな〜、、強い気持ちで慣れるしかなさそう。頑張りマス!

各自、絞り出して頑張りました。









20160116.17 下仁田 ボルダリング

天候 晴 曇
気温 寒い
状態 良
メンバー kub他
課題
橋の下岩
一級 ○
初段 ×
地ジャン 一級 ○
sd 初段 ×

クラック岩
抜歯二段×
5級○

はまっていた課題がムーヴを変えたら登れました、セッションの大切さを学びました。

20160116大高山方面バックカントリー×→ハイキング

天候 晴れ
メンバー STさん、K1

大高山の手前の一ツ石という場所の雪の状態をチェックしに行きました。
雪はまったくなく、エントリーポイントが見える場所までの往復2時間30分
程度のハイキングとなりました。

以上です。

20160116 河又フリークライミング

天候 : 晴れ
メンバー : TK、Mki、Sak
ルート : そういちろう、デザートソング、一期一会

まだまだ雪不足ということで、今日も河又です。

TK
日当たり良好、そういちろうにチャレンジ。正解ムーブって?河又らしいルートだけあって、簡単には登らせてもらえませんよね。

Mki
デザートソング、今日は気持ちが先走ってしまい、いろいろと噛み合わない1日でした。これが12のプレッシャーでしょうか?

Sak
一期一会、やっとRPできました。素晴らしいルートでした。いろいろ勉強させてもらいました。

20160109 河又クライミング

天気 快晴

TK  SM  Sat

朝は寒いですが、陽が当たるに連れてあったまってくる河又です。

Mちゃんは、デザソンもう一歩になってきました。12クライマーまじかです。

TKは、小作人、ムーブ解決しRP。最近ほんと強いです。わたくしもあやかりたい…。じゃなくて、練習して強くなりたい!

20160111 夜後沢バックカントリー

天候 : 晴れ
メンバー : hs、ts

タイトルは夜後沢バックカントリーですが、実際は鹿俣山ハイクになってしまいました。
今回は新入会員のhsさんの初山行でした。
が、滑りにならなく残念な結果に…申し訳ありませんでした。次回はthe dayに期待です。
シール、スノーシューでの登行は問題ありませんが、滑走にはもう少し積雪がほしいです。
下山後hsさんのリクエストでビーコンとプロービングの練習をしました。
私も再確認することができ有意義な練習になりました。こういう事は定期的に行いたいところです。

20160109 蔵王・熊野岳ハイキング

天候:曇り
メンバー:Mat
ルート:蔵王山麓駅(855m)=地蔵山頂駅(1661m)⇄地蔵山(1763m)⇄避難小屋⇄熊野岳(1841m)

ロープウェイを乗り継いで麓から20分程で山頂駅に。20160109zao01.jpg

乾いた雪を踏みしめながら、先行パーティと前後しながら行く。スタート直後は時折膝下までもぐったが、しばらく歩くと雪も締まり、ツボ足でも十分だった。
標高差200m、夏道なら2時間かからずに往復できるコースで、簡単と思っていたが、途中から風が強まり、視界も悪くなる。ルート上の木の杭(杭というよりは雪の板状)を追いながら山頂へ。
おそらくは、道標や碑なのだろうが全て氷雪に覆われてこんもりとした姿が認められる。わずかに蔵王山神社の屋根の形がそれらしい。20160109zao02.jpg

帰路、目印の杭を途中で見失い、あせる。ホワイトアウトで視界は20メートルもなかったのではないか。行きつ戻りつしながら、最後はコンパス頼みの計器飛行。雪を掻き落とした黒い杭が見えた時はホッとした。避難小屋で休憩し、再び山頂駅に戻る。スキーで遊ぶ気力もなく、デポした道具を抱え、ロープウェイで下山した。

八ヶ岳・茶臼山

2016.01.11  HN、MN、MH、SK、TK

八千穂高原スキー場07:30―白駒池09:30ー麦草ヒュッテ10:40
ー茶臼山12:00―麦草ヒュッテ13:40―スキー場15:30

登山道は予想道りの雪の量で、ほとんど夏道に近い状態。
それでも流石に八ヶ岳は気温が低く、雪はさらさらで思ったよりは氷になっていなかった。
こちらからのルートは、登山者が入っていないようで、足跡もなく静で快適な山遊び。
白駒池も、麦草ヒュッテも雰囲気があってなかなか良い。
山頂だけガスがまいていて、展望がなかったのが残念だった。

20160111 河又フリークライミング

天候 : 晴れ
メンバー : Sak、Mki
ルート : ムーンビーム、デザートソング

山は雪不足ということで、今日も河又です。

Mki
デザートソングは、5クリップ手前までつながり最高到達点をマークしました。RPまで秒読み段階です。

Sak
年末年始の疲れが祟ったようでモチベーションが上がらず、一日中ビレーヤーで療養しました。

20160111 二子山弓状フリー

20160111 二子山東岳弓状エリア
天気:快晴
メンバー:Mura、Htn

気温は、10度以上。
この時季の二子では、暖かすぎるぐらいだ。

20160111FutagoYumijyo

Mura
おいしいよー

背中から腰にかけての痛みと相談しながら
1~2便出せればいいか

と言っていたくせに

暖かさのおかげで持ちこたえたのか
日没後も出す。
弓状で最後まで壁に張りついてました。
冷えてうす暗いんですが岩のフリクションがよくなるんです。

まだまだRPは遠いので出し続けるしかないですから。


Htn
ノースマウンテン

考えることがあったのかなかったのか思索にふけってました。

「ノースは長い旅だ。」と言った段持ちジム専ボルダラーがいました。
ルートの長さ、高度感。
そのとおりでうまいこと表現したなと思いました。
登れても登れなくてもいいから
やってみるとクライミングに向き合うことができるいいルートです。

by Mura


20160110 二子山弓状フリークライミング


天気:晴れです。
気温:暖かいです。
湿度:乾いてます。
状態:弾かれます。

ルートとメンバー:
ノースマウンテン12a:N-Hat. 他1名
おいしいよー12c:Mur. MJ-Mac

かなりの寒さを覚悟して弓状に。
しかし、日中は暖かく気持ちいい。
ただ、ひどく乾燥していてフリクションが悪く、スリップフォールが頻発してました。
この日の弓状は50人近くいて大盛況。
ま、連休ですもんね。
メンバーの目的ルートであるノースは5人、おいしいよーは4人で心地よく回りました。
お立ち台の任唐ラインは最大11人まで膨れ上がり、2便しか出せなかったみたいでした。




Hat:ノースマウンテン
このルートの核心はパンプしても足を上げ、次のムーブを起こすメンタル的な要素が強いですね。二子の雰囲気にもだいぶ慣れてきて、次回あたりから勝負ですかね?
「落ちたくない」から「登りたい」になったときにRPは見えてくるのかもしれませんね。

Mur:おいしいよー
Mur師匠の核心入り口のムーブを盗もうと思い、「ムービー回していいですか?」と聞くと、
「いま背中が痛いから参考にはならないよ」
と言われた思い出しの1便目・・・
すんなりオガミまでw
はい、ウソつかれました(笑)
でもしっかり盗みましたけどねw
しかし、やはり背中が痛いのかピンチが止まらず、苦戦していました。
名言『ピンチはチャ~ンス』でイバインパクトさんは笑ってましたw

Mac:おいしいよー
この日は下部のスタンスの洗練。オガミまで高度を上げることが目標。
して、見事3便目で達成。それどころか、2テンで抜けて自分的には大躍進w
まだまだ勝負できる段階ではないけど、なんとかなりそうな気がしてきたwww


お疲れ様でした。

20151231-20160101 雲取山

天気:晴れ
メンバー:KT、KS
丹波山村営駐車場になんとか駐車、年越しをしようと企んでいる同じ考えの人達がこんなに多いとは!
ダラダラと登っていくと七つ石小屋。今日は富士山がみえない。展望が期待できないので巻き道を進んで宿泊地の奥多摩小屋に到着。
翌朝、強風が吹いていたのに山頂に近付くと風が止み、元旦にしては暖かい日の出になりました。山頂には100人以上いたかな。快晴で富士山もうす紅色に染まり美しい日本のお正月の風景でした。
201601102141266e0.jpg
20160110214124082.jpg

20160109 下仁田 ボルダリング

天候 晴
気温 5℃
状態 良好
メンバー kub他
課題
クラック岩5級 抜歯二段 橋の下1級

橋の下の染み出しが無くなり状態は良好です。
あと一手と思って無駄打ちをしてしまいました、一本一本集中して登らなくてはと思いました。

20160103 二子山弓状フリークライミング

天気:サンサン
気温:ポカポカ
湿度:カラカラ
状態:ツルツル

メンバー:MJ-Mac、他3人

初登りは今年も二子で。お正月のせいか、クライマーも30人弱で少なめ。でも、おいしいよーはこの日も7人で回す。お立ち台ですら6人。

気温は12℃くらいまで上がり、焼き石もカイロもダウンジャケットすらもいらない陽気。
この日僕は初めて単身で二子に入り、茨城のUッチー、都内のSSKing先生、Rッシーさんの4人パーティ。Mur師匠のおかげで沢山お友達ができました。ありがたい。

そんで、登りのほうは相変わらずで、やっぱり時間がかかりそう。少しずつですが、進んでいます。


↑任侠とおいしいよーで世間話w
なにやらこの日、任侠のホールドが欠けて更に難しくなったらしいです。


20151227 烏帽子岳

メンバー HN MN TK SK
天気 曇り時々晴れ

湯の丸スキー場 9:00 - 分岐 10:00 - 烏帽子岳 11:15
分岐 12:25 - 湯の丸スキー場 13:30

雪が無いかもと心配したが、前日に降ってくれて、登山口から雪があった。

201601051913268a1.jpg

しばらく緩やかな登りを歩き、湯の丸山直下の分岐を過ぎたあたりから、たくさんの霧氷がお出迎えしてくれました。

2016010519132814a.jpg
20160105191329207.jpg

珊瑚礁のような霧氷が沢山あり、ちょっと感動!
山頂への登りも、あまりキツくなく、風もなかったので順調でした。
下山するにつれて、青空が広がりちょっと残念。

20160105191331a16.jpg

らくちんコースだったので、また行きたいとおもいます。

20160104 御岳 ボルダリング

天候 晴
気温 15℃
状態 午後、日陰が良い
メンバー kub他二名
課題
忍者返し 1級 ×
マルガリ 初段 ×
デッドエンド
7級 ○
7級 ○
イギリス人のトラバース 2級 ×
カンテ 2級 ○

平日?の御岳でしたが人の多さに驚きました。
河原のツルガビホールドの難しさを感じました。

20160103 下仁田 ボルダリング

天候 晴
気温 13℃
状態 暑い
メンバー kub他三名
課題
タッキートラバース 初段 ○

正月で帰省した友人と下仁田へ行ってきました。

昼はカメラマンに徹し、状態の良い時間帯にしっかりレストを挟みつつトライをして、やっとタッキートラバース落とせました。

たくさんの方にお世話になりました、ありがとうございました。

20151231 下仁田 ボルダリング

天候 晴
気温 -2℃~6℃
状態 午後から良い
メンバー kub他一名
課題
タッキートラバース初段×
フルコンタクト初段×
橋の下1級×

下仁田に登り納めに行ってきました。

朝方は寒くて感覚が無くなる上に結露なのか滑り、日があたると暖かいですが、手が滑ります。
昼過ぎは日が陰り、状態が良かったです。

また指皮が無くてはホールドが持てなかったです、レストは大事ということを学びました。

20160102湯河原幕岩フリークライミング&公園散歩

天候:晴れ
メンバー:秦×2、他 4名
ルート :5.10台と、もうすぐバカンス5.11C

たまたま、知り合いが急遽湯河原幕岩に行く話を聞きつけ、美味い刺身も帰りに食べたくもなり、日帰りで行って来ました。
時間も半日位でしたので、もうすぐバカンス(もうバカ)ってルートをPMより狙いを定めてRP。
年末年始に体重管理出来なかった自分にはホッとした収穫。でも体感グレードは、少し甘めかな。。

相方は、幕岩公園を散歩して山頂より太平洋を眺めて何か抱負を決めたのでしょうか。それとも帰りの刺身を何にするか考えていたのでしょうか。

【連絡】湯河原幕岩は公園内全面火器厳禁となっています。カップラーメン等、湯を温めるバーナー類、タバコも厳禁です。
特に今は落ち葉も多く、火事にでもなれば梅林が炎上、そしてクライミングも禁止になるかもしれません。ご存知の方もおられますが、共有知で連絡とさせて頂きました。


20151227裏六甲フリークライミング

天候:晴れ
メンバー:Hat、他2名
ルート:5.10台と、サイレントティアーズ

2015年の登り納めを帰省に絡めて、昔クライミングを習った懐かしの裏六甲 烏帽子・駒形の岩場に寄って来ました。
少し辛めの5.11a MOS狙いはダメでしたがRPして、旧友とファンクライミングして来ました。





20151230-31 河又フリークライミング

天候 : 晴れ
メンバー : Sak、Mki
ルート : デザートソング、一期一会

今年最後の登り納めは、河又で。
年内に課題を終わらせ、気持ちよく新年を迎えたかったのですが、そんなに甘くはありませんでした。

Mki
デザートソングは、3クリップが核心でしたが、覚悟を決めたら出来ちゃいました。一気にワンテンまで持ち込み、RPが見えてきました。

Sak
またしても最後のデッドが止まらない一期一会。
ワンテン地獄で迷走し始めました。

この日、マンモスケイブのRPを目の当たりにして、良い刺激を頂きました。来年も頑張れそうです。

2015123031 八ヶ岳アイス

天候 : 30日 快晴 31日 晴れ時々曇り

メンバー : mat sat

30日  北沢無名沢

北沢登山道、峰の松目沢を越えて、赤岳鉱泉手前の沢を詰め上がっていくと、左右に氷瀑が現れた。まずは傾斜のゆるい左側でウォームアップ。ミニバーチカルだけローブをだして、あとはフリーであがる。氷がなくなったので懸垂3回でもどる。







 今度は右側の滝。離れてみると立ってるように見えたが、近くに行くと結構寝てた。南沢小滝の幅を狭くした感じだ。


二人で一本ずつリード。


そのあとは、右の氷柱部分でトップロープで遊んで、赤岳鉱泉に向かった。天気は快晴。こんな日に、暗い谷間で震えながらアイスなんて!登山に行くべきでしょう!

31日  ジョーゴ沢

大晦日。朝食を済ませ、7時30分過ぎに出発。いきなり、道を間違え、鉱泉のスタッフに助けられる。登山道で迷えるなんて…。どうもmat satの山行には、道迷いが付き物のようだ。なんだかんだでF2。先行Pがいたので、右側のラインから登った。

F2

F3はパスして本谷を進む。他のパーティはナイアガラに向かうようなので、わたくし達は、登ったことのない乙女の滝を目指す。案外近くにあった。

乙女

うーん。まだ発達が甘い。中抜けしてるし、でかいクラゲ状の氷がかぶさってる。でも、のぼられているようで足の置き場は豊富そう。まあ、『リードしないと遊べない』ので、行きます。;^_^A     真っ直ぐにあがるところは問題ない。くらげを叩いて邪魔なのよけて、左に移動するところが…しびれました。その後は、一番立ってるところで貸切で遊んだ。TRだと、難しいラインも余裕だぜ!

大晦日だし、大滝を見学して早目に群馬に戻った。紅白に間に合った~。

大滝30日の南八ヶ岳稜線。最高でした!

20151230 二子山フリークライミング

天気:ぱっくり晴れ
気温:朝-2°C 昼5°C
湿度:カラカラ
状態:二子サイコーw
人数:40人弱
メンバー:『キレキレムーブだがゴボウがキレないMur』と『核心12手で3回遭難するミジンコMac』
ルート:おいしいよー5.12c★★★

ポケットの中を散々探しても
いままでの僕のムーブしか
持ち合わせがないのよね。





朝からキレイに晴れ渡り越冬組の常連さんが集まる弓状。平日の来るクライマーも集まり、人数以上の賑やかさw

二子二年生の僕ですが、ほとんどが顔見知り。そういえば、去年の今頃ノースを落として12クライマーになった。今はおいしいよー5.12c。少しは強くなったんだろか。

朝、いつものルートを見上げると下部のクイックドローが回収されてる。
誰かがRPしたのか、それとも、年末回収か。アップ後カラダも岩も暖まらないままにMur師匠がヌンガケ。続いてワタスが核心パートをモミモミ。
Mur師匠の2便目はオガミの持ち方研究。ワタス2便目も核心パートをモミモミ。バケツ前の右手三連発の左足と右足の入れ替えで最後がスタで取れて全ムーブ解決。コレ繋げんの?ぱねぇす。
この日の2巡目で上部クイックドローの持ち主がRPして掛け替えを僕が。
ワタス3便目はヨレていたためモミモミすることなくテン山で駆け抜け意地でTO。
Mur師匠3便目は、隣のSVPからロングフォールしたUッチー(僕のペトRPは彼のビレイ)につられてありえない場所でフォールw
この二人、親子ほどの年齢差があるのだが、ナニゲに仲良しw
いくら仲良しとはいえ岩場で連れ(テン)ションしなくてもw
中学生かい(笑)


てなわけで、今年も安全に登り納めできました。関わっていただいた皆さん、本当にありがとうございました。

 | ホーム |