プロフィール

ta ke3

Author:ta ke3
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


2016030 かぐらBC

天候 晴れのち曇り
メンバー Kat,Aya

かぐらスキー場トップから中尾根北斜面に行ってきました。
スキー場トップには昨年同様ゲートがあり、スキー場スタッフによるチェックが行われてました。
今年は計画書の提出が義務化されており、ない方はその場で記載して提出しないとゲートを出られないようです。




雪不足と聞いてましたが中尾根周辺は十分な雪がありました。まだしばらくは楽しめそうですね。
スキー場も地面が出ているところはなく、安心して滑れました。


スキー場に戻った後は夕方までゲレンデで練習です。二人ともくたくたになるまで滑りました。
Katくんお疲れ様でした。

20160326笠ヶ岳

天候:快晴
メンバー:S軒
白毛門を経由して笠ヶ岳まで行ってきました。 
前夜に雪が降ったようで白毛門駐車場からしっかり雪を踏む事ができ、天気にも恵まれて快適な雪山気分を味わう事ができました。

笠ヶ岳は白毛門よりも標高が130メートル程高いので谷川岳との標高差も近くなるので東面がより迫力が増して見える感じがしました。馬蹄型の縦走路もきれいに見渡す事ができ思わずデジカメで滅多に使わない動画機能を使ってしまいました。

ただ下山の際には標高を下げるとスタート時にあった雪はびっくりする位にとけて無くなってしまって、代わりに泥と落ち葉のミックスが姿をあらわして靴底の分厚い冬季対応の登山靴との相性は最悪でコケまくり・・・
駐車場に着いた頃には身なりは土木作業のオッサンと化してました。。

P3260125ブログ用

20160326河又フリークライミング

天候 : 晴れ時々曇り

メンバー : Sak、Mki、TK

ルート : レンコン畑5.10a / サンダーボルト5.12a★★★

今回は以前から気になっていた雷岩にいってきました。

まだ若干肌寒いので本格的にシーズンインをする前に場所の確認をしておこうと思い、探索(ハイキング)感覚での山行です。
雷岩アプローチ
快適な登山道

仁田山峠の駐車スペースからハイキングコースへ入り20分程で見晴台まで歩き見晴台からは『踏み跡がわかりずらい』との事前情報から踏み跡らしきものを辿ってウロウロ・・・結果的には河又方面と書かれている赤テープに従って行くのが正解でした。
(踏み跡は枯葉で隠れてほとんどわかりません)

最初に到着したのは蛇岩で高さはあまりないものの結構広くルートもトポより多くあるように思えます、ただ蛇岩は日陰なので肌寒いです蛇岩から5分程移動したところに雷岩はあり蛇岩とはうって変わって日当たりが良く快適です

アップはレンコン畑5.10aで、ついているグレードのわりに難しく感じました。
レンコン畑
Mki : レンコン畑を難なくOS

アップ後はお目当てサンダーボルト5.12aにトライ。
Sakサンダー
Sak : 予定通りキッチリ1DayでRP

TKサンダー
TK : とりあえずムーヴのバラシは完了、次回はRPできるかな~!?Mkiちゃんもムーヴは解決したようです

今回は2ルートしか触っていないですが、まだ面白そうなルートはたくさんありそうなので楽しめそうです。

20160322 雨ヶ立山ハイキング

天候 : 晴れ
メンバー : nh、ts

雨ヶ立山に行ってきました。
天気は快晴、朝はさすがにまだ冷え込みますが、歩き出すと程なく体が温まります。
取り付きの板幽橋までの長い林道は雪がほぼ無く、約1時間程度で到着。登り始めると、やはり今年は雪が少ないため藪が多めです。それでも山頂に近づくにつれて雪質も良くなり快適に登れました。
雨ヶ立山は静穏な山でした。

2016-03-22_10-59-33_152_convert_20160328231915.jpg

3/26 谷川岳

前労に入会し6度目の谷川岳。
初めて両耳制覇しました。
登山道渋滞はありましたが、晴天に恵まれのんびりと雪山を楽しむことができました。

浅間・黒斑山、蛇骨岳

03月24日  HN、MN

車山峠登山口08:30―黒斑山11:00―蛇骨岳12:00
蛇骨岳12:30―車山登山口14:30

雨予報で、大岳BCの予定を急遽変更して、予報の比較的良い蛇骨岳へ向かう。
出がけは雨。
軽井沢に入っても天候は変わらない。
車山峠へ坂道を上がっていく。
ほぼ登山口近くで、雲の中から青空へ飛び出た。
積雪も、思ったより有る。
雲海と青空。
入山者もほとんどいない静かな山。
どでかっと、そびえ立つ浅間山に圧倒され、いつもより多く見える噴煙に地球を感じ穏やかな山旅を満喫した。

20160327 榛名山 黒岩 フリークライミング

天候 曇のち晴
気温 5度くらい
状態 コケコケ ジャリジャリ
ルート 岳友会 つる あひる おきて
メンバー aya kub

風花が舞い、花冷えの1日でした。

おきて ムーヴはバラせましたが、繋げるのは厳しそうです。

20160326 有笠山 ちっぽけ岩 フリークライミング

天候 晴
気温 5~10度
状態 良好 日向は滑る
ルート Unname TCE
メンバー kub他

TCE RPできました。ジムっぽい動きで、面白いルートでした。

上州武尊山

2016、03、21 HN MN YK

くもり時々はれ
リフト終点09:30 ― 山頂12:00
山頂12:30 ― 川場スキープラザ14:00

川場スキー場のリフトを使い、楽ちん山行。
流石に3連休だけあって、登山客も多い。
スキー客はその割に少なめ。
稜線は、ガスがまいていて、時々晴れた。
晴れたときに、山頂側から見た剣が峰が素晴らしくかっこいい。
武尊山といわずに画像だけ見ると、「どこの国の山だろう。」
と勘違いしそうだ。
下山は、スキー場にデポしてあったスキーをはいて、
ゲレンデを滑り降りた。 

20160320 二子弓状フリークライミング

天気:晴れ
気温:春だわ
湿度:若干高め
状態:染み出しあり〼

ルート:徒然草・高くのぼれ・ペトルーシュカ・おいしいよー

メンバー:N-Hat・Mac・他1名

先週は最高気温-2°Cだったのに、この日は16°Cまで気温があがり、この振り幅にカラダもびっくり。前日からの雨の影響で、ハーネスのギアラックにはタオルがデフォでした。

Hat:ペトルーシュカ12b
この日はレスト体勢の修正と核心パートの固め。
だいぶ良い感じにまとまってきてそろそろトライ便でしょうか。早いです。

Mac:おいしいよー12c
前日ジムで久々メンバーたちと楽しく10便(アホなのか?)出して、案の定ヘロヘロ(アホなので)で進展なし。しかし、ヨレてても4クリップから上は完全に固まってきました。

さて、次。


お疲れ様でした。

20160321 有笠山 ちっぽけ岩 フリークライミング

天候 晴
気温 5度
状態 冷たい、フリクション良し
ルート 雲がながれゆく TCE
メンバー kub他

kub初めてのちっぽけ岩でした。

アプローチは落ち葉に覆われ、踏み後は不明瞭でしたが、青テープを辿って行きます。

ちっぽけ岩という名前ですが、高さも幅もありとても良いエリアでした。

TCEはトポの通り、美しいく楽しい課題でした。

今回は繋げられなかったですが、次回は落としたいです。

20160319 二子山 クライミング

天候 雨、晴
気温 10~15度
状態 染み出しあり
ルート クールダウン 高く登れ ムーチョス・ボニータ
メンバー kub他

弓状エリアは各ルート染み出しがありました。
広場エリアはルートは短いですが、ムーヴ、ビレイ等短いエリアの難しさを感じました。


20160313 二子山弓状フリークライミング

天気:曇り
気温:-4°C~-2°C(ゴッカン)
湿度:高め
状態:ガバの裏が氷っているとゆう悲劇
メンバー:Hat.Mac.他2


いつもの弓状エリア。去年は3月に入ると暖かくなり状態も天気も落ち着いたのですが、今週はまた冬に逆戻り。「振り返るな」には1メートルを超える氷柱まで。泣きたくなる1日でした。ここ最近は状態に泣かされてます。
この日のクライマーは寒さのせいか、20人弱。
ペト、クア、Tウォールで4人。
おいしいよ~も4人。
任侠は5人で回していた。


N-Hat:ペトルーシュカ5.12b
前日から連続して出していたため少しヨレていましたが、段々と安定感が出てきました。下部核心の4~6間のムーブとレスト体勢は固まりつつありますね。ここからは下部の洗練と緩急、下部核心と上部核心の足がポイントでしょうか。状態次第ではすぐに行けそうですね。ガンバです。

MJ-Mac:おいしいよ~5.12c
僕は二子越冬2年目になりますが、この日初めて「氷砕き氷柱落とし便」を出しました。しかしながら3ピン目のクリップホールドが凍り、4クリップホールドも凍り、最終便では2クリップホールドとオガミの右足までもが凍りついてしまいました。しかし、核心のフリクションは最高で2便目では3ピンから終了点まで繋げることができました。いよいよ、本当に・・・ん~どうだろ。

他2名:任侠道5.12d/真珠入り5.13a/マイライフ5.12a
この冬ずっと一緒に通っているM師匠と二子のスケバン(笑)M子さん。2人とも相変わらず強い強いw
50代後半にさしかかりながらも進化し続け、限界を走る(しかも楽しそう)師匠と、
153cmと小柄な女性ながら13bを落とす強さと気さくな人柄のもう1人の師匠。
この2人はやはり僕の目標であり、憧れです。サイドワインダーどころじゃございませんてw

お疲れ様でした。(報告MJ-Mac)

20160306-07 武能岳

メンバー:HN MN RC YS
天気:曇り
行程:3月6日 土樽駅ー蓬沢ーテント場
3月7日 テント場ー蓬峠ー武能岳ー蓬峠ー
テント撤収ー土樽駅

今年は雪が例年より2mは少ないとのことで、やはり気温も暖かい。久々の重荷に薄着が心地いい。最初こそ心が折れそうになったが、行く手を遮っていた沢もHNさんのお陰で無事に通過でき、快調に進めた。天候の心配もあり、予定地より手前でテント設営。雪のブロックで我が家を整え、外で乾杯。疲労した体にビールが染み渡る。これが最高の時間。その後はテントに入りMNさん特性のカレー鍋でまた幸せな気分。この日は早めの就寝となる。
夜小雨がちらついていたが翌日の天気も思ったよりは悪くない。なぜかアンジェラ・アキの『手紙』が頭の中で回りながら山頂へ無事到着。曇ってはいたが展望あり、谷川の山々が一望できてとても幻想的だった。帰路、蓬ヒュッテまでの間はかなりの強風だったが途中で嘘のように風が止んだ。テント場まで、シリセードを試みたが雪が重たくて全然滑らない~。
最後は長い林道を抜け終了。雪山を満喫した!

20160312 二子山 クライミング

天候 雪
気温 -3度
状態 凍
ルート 悪魔のエチュード ペトルーシュカ
メンバー hat kub他

各ルートにつららができ、黒いホールドは濡れではなく氷でツルツルでした。

20160310 二子山 クライミング

天候 曇
気温 -1度
状態 染み出しは少なめ
ルート 悪魔のエチュード ノースマウンテン ペトルーシュカ
メンバー kub他



ルートの染み出しは少なかったのですが、岩が冷たかったです。
焼き石をするも、指と足の感覚が無かったです。

20160309 二子山 クライミング

天候 雨
気温 5度
ルート ノースマウンテン
メンバー kub他

トップアウトするルートは濡れていましたが、ノースマウンテンは状態も良くRPできました。
たくさんの方にお世話になりました、ありがとうございました。
ワンテンになってから、ムーヴの修正が疎かになっていて長引いてしまいました。一本毎に改善していかなければいけないと思いました。

20160306 二子山 クライミング

天候 晴、曇
気温 7~13度
状態 染み出しあり
ルート おいしいよ ペトリョーシュカ モダンラブ ノースマウンテン ワーカーホリック 高く登れ 他
メンバー hat mac kub 他二名

hatさんモダンラブRPおめでとうございます!

各ルート染み出しがありました。

 | ホーム |