プロフィール

ta ke3

Author:ta ke3
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


20160429 河又フリークライミング

天候 : 晴れ

メンバー : Sak、Mki、TK

ルート : サンダーボルト5.12a/カミナリ族511b/冬の稲妻5.10d

前日までの雨が気になりましたが雷岩へ、風通しの良い岩場なのですっかり乾いていました。
風が冷たくフリースだけではちょっと肌寒かったです。

Sak :
サンダーボルトのムーブ効率化を研究、最後の核心ムーブをスタイリッシュにまとめました

Mki :
カミナリ族はムーブが固まったようです
サンダーボルトもキレイなムーブで登ってました、エンジンがかかってきたかな

TK :
本日もワンテンで終了。。。そう簡単に登らせてもらえないです
分かっていても上がっちゃうんですよねぇ・・・

20160430 黒岩フリークライミング

天気:晴れ
メンバー:Fuk、Kub、Tak、Fuj、Mat
ルート:夏子、アックスの涙、親父ギャグ、あの日に帰りたい、老眼鏡、つる、あひる、西稜ほか

前日の風も治まり、終日、快適。混雑かと思いきや、一番乗りで、思い通りのルートを選べた。
ただ、上からの滴りはあって、「夏子」は核心付近がびっしょり。そこをTakがリードで突破でびっくり。
Fujが「西稜」「ピラミッドフェイス」を初リード。難なく登りました。
某有名クライマーの方達(多分)もいて(いらして)、当たり前だけど、うまい。

※西稜に残置のヌンチャク回収しました。基部の黒岩看板(黒っぽい県設置の看板)に掛けておきましたので、お心当たりのある方はお持ち帰りください。

20160423-24 立山BC

メンバー:TK、S×2

今年も立山に来ました。

【1日目】
天気:快晴⇨曇り
ルート:9:30 室堂→12:30 剱御前小舎→剱沢滑走→14:00 剱御前小舎→15:30 雷鳥荘

今年は小雪でしたが、立山はまだまだ真っ白!
剱沢、雷鳥沢ともに快適に滑走することができました。

【2日目】
天気:快晴
ルート:8:00 雷鳥荘→11:00 山崎カール→山崎カール滑走→12:30 一ノ越→14:00 東一ノ越→タンボ平滑走→15:30 黒部平

日中は気温15度まで上がり、かなり暑い1日でした。

立山デビューでしたが、立派な滑り💮

西上州・笠丸山

2016.04.22  HN、MN

登山口10:30 ― 山頂12:10
山頂12:50 ― 登山口13:40

アカヤシオツツジを見に、大ナゲシへ向かう。
一番近い南側からの予定が、林道通行止めで足止め。
北側から登る気がせず、笠丸山へ変更した。
途中、昨年崩壊した橋がまだ復旧しておらず、299へ戻って山側から回りこむ。
登山口は、ミツバツツジが満開で綺麗だった。
地図時間、1時間のコースなので、のんびりふらふらと山歩きを楽しんだ。
山頂のアカヤシオツツジは満開。
ポカポカ陽気で日が当たるところは汗ばんでしまう。
綺麗なツツジのあいだから、西上州のごつごつした岩山が黒く輝いていた。

20160424 二子山弓状フリークライミング

天気:曇り
気温:寒い
湿度:やや高め
状態:個人差あり

メンバー:Mac、他2名


二子弓状「おいしいよー12c」RPできました。
そして最終便で次のルート「任侠道12d」へ。
ヤバい、面白すぎるw

20160423 黒岩フリークライミング

天候:曇り
メンバー:Aya、Fuk、Mat
ルート:岳友、つる、アヒル、舞姫

木々が芽吹き始め、風景も明るくなってきたが、スタート時は肌寒いくらい。
岩も湿った感じで、今期初参戦のメンバーにとってはやや厳しい状況。
それでもアップをそつなくこなし、筋トレコースに。疲れました。

20160416 河又フリークライミング

天候 : 晴れ

メンバー : Sak、Mki、TK

ルート : サンダーボルト5.12a/カミナリ族511b/晩秋のレクイエム511b/冬の稲妻5.10d/バラバラ5.10b/ルート名&グレード不明

先週に引き続き雷岩へ、3回目にしてやっと楽なアプローチを確認できました。
この日の雷岩は一日中半袖でいられるほどポカポカしていました、相変わらず岩場も静かでマイペースで登れます

Sak :
雷岩の安全そうなルートを片っ端から登ってます。となりの小泉エリアに面白そうなルートを見つけたようです、次回は大型ブラシ持参かな!?

Mki :
苦手な被りルートにトライ、ムーブももう少しで固まりそうです。

TK :
サンダーボルトはムーブの解析は済んでるものの繋ぎに一苦労・・・今回はワンテンで終了。次回こそは決めます

!!注意!!
雷岩に初めて来たときから一部岩の状態が脆そうと話していたのですが、カミナリ族トライ中に落石が発生しました。
幸い怪我人も出ず事なきを得ましたが直径が約20cmと大きなものでした。
落石雷岩
雷岩に限らずほかの岩場も同様ですが、トライ中のルートの真下に立たったり休憩場所は岩場から充分に距離を取る等注意をはらって行動してください(当たり前の事とは思いますが慣れてくると疎かになってしまいがちです)
あとヘルメットは1パーティー1つは携行し、最低限ビレイヤーは着用したほうが良いと思います。

安全行動でクライミングを楽しみましょう

20160416〜0417二子弓状フリークライミング

4/16
天候 この数カ月で最高に良い状態
気温 15℃
メンバー Hat 他1
ルート ペトリューシュカ、 任侠道、他

Hat:ペトリューシュカ ワンテンが暫く続いてましたが、直前にムーブを変更しRP。
この日は、リーチがかかっていた二子クライマーのRP祭りとなりました。
Mさん、任侠道は最高到達するもあともう一歩。もうすぐの収穫待ち。

4/17 
天候 AM曇り、PM強風、夕方 良い状態
気温 15〜20
メンバー Hat、Mac、他2
ルート 火の鳥、おいしいよー、任侠道

Hat:火の鳥、岩が乾いておりトライする事に。ムーブも面白く落としてみたくなりました。
Mac:おいしいよー、RPのフェーズであともう少し。ムーブの手順を少し変更決断し更に確率はあがりました。あとは、コンディションが良い日に狙うだけです!

報告者:Hat

20160416 黒岩フリークライミング

天候:晴れ
メンバー:Oka、Suz、Mac、Mat
ルート:アヒル、舞姫、ボランティア、エンド・オブ・ア・レインボー

黒岩久々のメンバーやら、Hさんの登場やら、懐かしモードも。
Macがエンド・オブ・ア・レインボー(5.12b)を触りたいというので北面に。
中間の支点まで。何度かのトライでムーヴは解決した模様。期待できますぜ。

20160409 角田山

天気: 晴
メンバー: KS×2
ルート: 角田浜海岸駐車場→桜尾根コース→山頂→宮前コース→402号線→駐車場

 山肌から雪が消えて春の訪れを告げる花と言えばカタクリだ。今年も角田山にカタクリを見に行こうと計画を立てた。昨年は灯台コースだったので、今年は桜尾根コースから登ることにした。登山口に到着すると私有地のコースなのに登山者が20人ぐらいいる。「花をとらないで下さい」という看板が多数あり所有者の花を大事にしたいという思いが伝わってきた。登り始めると早速、うす紫色の可愛い雪割草が現れた。
DSCF5003.jpg
 雪割草を山で見るのは初めてだ。近所のホームセンターで販売しているものとは違い、生き生きと感じられた。次は白いイカリソウも咲いていた。
DSCF5012.jpg
本日のお目当てのカタクリとショウジョウバカマも咲いている。昨年よりも沢山咲いている。やはり4月10日頃が一番見頃のようだ。
DSCF5026.jpg
ここはカタクリの群生地で稜線上にずっと続いている。下から眺めると緑の絨毯の上に紫の星の欠片が散りばめられたかのようにキラキラ輝いている。きっと一眼レフがあればあるがままの景色を写すことができるだろうな。
DSCF5025.jpg
山頂はハイカーであふれ返っていた。少し足を延ばして眺めのいい向陽観音堂で休憩をとることにした。角田浜海岸と上堰潟公園が良く見える。ピンク色の桜と黄色の菜の花で公園は鮮やかだ。昨年の4月18日に来た時は観音堂の桜は満開だったが、今年は少し早めに来たのでつぼみはうっすら桜色に染まり影を潜めていた。春を待ちわびているのだろう。KSはザックから肉と野菜が入った袋を取り出し、焼き肉の用意をし始めた。「何も重たい荷物を背負って山で焼き肉をしなくてもいいの」にと言うと「これが楽しみなんだよ」と譲らない。肉はほとんどKSが平らげて満腹になったのか気持ちよさそうに寝てしまった。昨年より風が弱いので昼寝をするには丁度いいのだろう。
帰りは宮前コースを下った。分岐には看板がなかったが道ははっきりしていたので迷うことはなかった。ここもカタクリの群生地で桜尾根コースよりも何故か少しばかり花が大きい。土壌に違いがあるのだろうか?
DSCF5031.jpg
さて、来年は3月下旬に雪割草の群生を見に行こう。どのコースにしようかな。

20160410丹沢 大山

メンバー:K×2
ルート:ケーブル駅P→男坂→阿夫利神社→山頂→見晴らし→女坂→ケーブル駅P

実家から見える地元の山が大山です。ケーブルカーもあって観光地の様相。豆腐料理が有名みたいですが観光地価格です!何百年も前の大昔から信仰の山として親しまれていたようで、参道のような急登の階段を1時間ほど歩いて神社に到着です。
P11101061.jpg
あふり神社といいますが、昔の雨乞いの山で「雨降」⇒「あふり」神社となったそうですよ。神社を過ぎて山頂へと続く登山道へ進むとものすごい斜度の階段が待ってました。
P11101071.jpg
展望が開けてくると、富士山と横浜や江の島などの街並みと海が見え、山頂にもしっかりとした神社がありました。大山は歴史を感じさせる巨木の多い山でした。山桜も見頃、もう春の芽吹きも始まっていて季節の進みの早さを感じた山旅でした。

20160412 有笠偏屈岩

天気:晴れ
気温:6°C寒い
湿度:適度にあり
状態:悪くないが良くもない

メンバー:Mac. 他2名(他会)

久々の有笠。
しかも、偏屈岩はいつぶりだろうか。
記事を読み返してみたら、前回は2014年の9月だった。一年半ぶり。
前夜少し雪が降ったようで、西口Pは少し雪がありました。さぶっ

西口の林道は整備されてて快適に走れました。
更に驚いたのは偏屈に行くためのアプローチの木が伐採されてて林道から丸見えになってました。そのため、鬱蒼としていた偏屈岩には終日陽があたり、かなり印象が違っていました。

とりあえず、10台2本でアップ。
今日のシナリオは偏屈でまだ触っていない「棚からボタ落ち5.11b」をマスターでオンサイトしたらロアダウンでとなりの「八方美人5.12a」にヌンチャクかけて、あわよくばワンデイ狙っちまおう的なw
ちなみに2016年4月現在のワタスはオンサイトグレード11aですから、まぁまずムリなんすね。ってか、図々しいにもホドがあるってなモンです。はい。

本日のメンバーが「家さんの腰つき11a」というルートを宿題にしており、「ではヌンがけがてらOS」ってな感じで触ってみたら、出だしでまさかの遭難w
ガチでウロウロしているうちに前腕終了のお知らせ。2ピン目でテンション(弱っ)
結果3便目でRP。
ムーブは偏屈のイレブンの中ではいちばん面白い。個人的にはオススメです。

出鼻をくじかれた僕は棚ボタトライ。最後のレストポイント抜けてフェイスに出ると、染み出しが残ってるぢゃんすか。最終クリップしてからまさかの2ピン分クライムダウンして再びレストポイントのイヌ小屋へw
意を決して最後のヌルヌルカチフェイスを攻略してオンサイトグレード更新すると同時に八方美人トライ断念決定。ちーん。

最後はまだ触ってなかった「なんちゃってチャンピオン」と「全国平均の男」でクールダウン。

さてさて、このエリアで残っているのは、いよいよ2本の12と、全くやる気がしない極悪11d?だけ。
有笠シーズン初めとしては、楽しめました。

お疲れ様でした。


20160411 有笠山 ジ・アーチ フリークライミング

天候 晴
気温 9℃
状態 良好
ルート 大盛の男 腸捻転
メンバー kub他一名

初めてのジ・アーチはとても素晴らしい岩でした。

アプローチ、ルートともに不明瞭のため、知っている人と行った方が良いと思います。
気温が低く、風が抜けるため寒かったですが、コンディションはとても良かったです。
晴れの日は太陽が被るため、ホールドが見辛かったです。

大盛の男 10d RP
探り過ぎて落ちてしまいました、思い切りが足らなかったです。

腸捻転 11c RP
ルーフがあり、怖かったですが楽しかったです。


20160410 黒岩フリークライミング

天候:曇り
メンバー:Oka、Mat
ルート:夏子、柿ドロポー、ツル、アヒル、スノードロップ他

日曜日にしては、空いていたためルートの選択は楽だった。
簡単と思っていたら、手こずったり、厳しいかなと思ったのが、意外といけたり。

20160409 河又フリークライミング

天候 : 晴れのち曇り
花粉 :多め
メンバー : A、T、S×2

ルート : レンコン畑、サンダーボルト、こがらし、バラバラ、冬の稲妻

今日の雷岩は、朝から気温高めで南国気分。
時折、気持ちのいい風が流れて快適な1日でした。


シューズも気持ち良さそう。


リーチかかってます。
一発とはいきませんでしたが、次回はツモってくるでしょう。


久しぶりにRPの喜びを実感♪

20160403 乗鞍岳BC

天候 : 曇り時々小雨

メンバー : Ayb、Kat1、ST、Sak、Mki、TK

今シーズン数少ないBCなのに・・・Mt.乗鞍の駐車場に着いたところで雨
時折雲が切れたりしていたので行けるところまで行こうということでゲレンデトップからハイクアップ開始しました。
乗鞍リフト
スキー場もだいぶ雪が少ないです、Mt.乗鞍はこの日が最終日

ツアーコース序盤は樹林帯のため視界はありましたが、位ヶ原あたりまでくるとほとんど視界も悪くなり方の小屋ではホワイトアウト状態になったのでココ[2766m]で諦めました。
乗鞍ガス
時折ガスも切れ、期待もしたのですが・・・

雪質は比較的板も走り良いコンディションでしたが、視界が悪いのが悔やまれます・・・
乗鞍Ayb
天気が良ければなぁ~

乗鞍記念
どこに来たのか分からないようですがとりあえず記念撮影

乗鞍ライチョウ
癒しのライチョウです、写真の真ん中あたりにいます。

下山後はゲレンデで滑りの練習をして終了、不安定な天気の中登って滑れただけでも良しとしましょう

20160331/0403 二子フリー

20160331
天気:晴れ
気温:6°C~17°C
湿度:爽やか
状態:染み出し少なめ

ルート:
おいしいよー7c
任侠道7c+

平日休みをとり弓状へ。
平日は空いててありがたいんだけど、巨大な岩場に数人てのもなんだか寂しいような。

任侠道、おいしいよー、共にRP便を出すも空振りに終わりました。
状態はここ最近ではいちばん良かったのに。

メンバー:Mac. 他1


20160403
天気:晴れのち曇り
気温:3°C~7°C
湿度:けっこう高い
状態:けっこう悪い

メンバー:N-Hat. Mac. 他2

ルート:
ペトルーシュカ5.12b
おいしいよー5.12c
任侠道5.12d
真珠入り5.13a

この日のメンバー全員がトライ便。
誰がいつRPしてもおかしくない状況。

しかし、コンディションは悪く次回持ち越しに。

次はみんなで決めようw

20160402 黒岩 フリークライミング

天候:曇
メンバー:ayb、sus、tak、mat
ルート:夏子、柿ドロボー、つる、あひる他

花冷えというのか、曇天で寒い1日。それでも黒岩は活況。
久しぶりのクライミングのメンバーもいて、岩の感触を確かめつつ、様々なルートにトライしました。
そんな中、aybさんが「おきて 5.12a」をR.P.
実質二日間、5度目のトライでした。

20160402 有笠山 ちっぽけ岩 フリークライミング

天候 曇
気温 10度
状態 良好
メンバー oka kub 他二名
ルート
ドンテン
雲が流れゆく
国体の☆
こんにゃく
Sala

Sala TCEと共通パートもありましたが、それぞれ面白いルートでした。

国体の☆ トポの通りアップに良いルートでした。
こんにゃく ムーヴはばらせました、次回は終わらせたいです。


 | ホーム |