プロフィール

ta ke3

Author:ta ke3
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


20160731 有笠山 ヘルケイブ フリークライミング

天候 晴れ
気温 30度くらい
状態 ヌメル
メンバー kub他一名
ルート 始めの一歩 ルンルンしんすけ

9時くらいまでは日が当たって暑かったです。
日は陰っても、気温が高いためかホールドが抜けて来る感じがしました。
今回はヒルにはやられませんでした。
状態が良くなったら狙って行きたいです。

20160723-24 白馬大池

メンバー: KS×2
7/23: 曇り 栂池高原駐車場→リフト→栂池平→天狗原→乗鞍岳→白馬大池山荘(テン泊)
7/24: 晴れ 往路下山→栂池自然園→リフト→栂池高原駐車場

 天候が心配だったが長野県に入ると雨が止んだのでひとまず安心。栂池平で準備体操をし、重たいザックを背負ってさあ出発。登山道脇には小さい高山植物が咲いていた。
P7230042.jpg
P7240047.jpg
DSCF5039.jpg
 天狗原の湿原で昼食をとってから乗鞍岳に向けて出発。雪渓と岩稜帯が見えてきた。すれ違いの登山者の中に数人ヘルメットを装着している人がいた。きっと御嶽山の噴火の影響だろう。
DSCF5060 - コピー
 だんだん疲れてきた頃に傾斜が緩やかになり、ようやく乗鞍岳のケルンが見えてきた。あともう少し!
P7230022.jpg
 雲の隙間から小蓮華山が現れ、とうとう白馬大池に到着。透明度が高くて綺麗だった。
P7230037.jpg
 夜中、寒くてほとんど寝られないまま24日の朝を迎えた。朝日がテントを照らし内側からテントを見ると、草が影絵のように映っていた。太陽が上がると同時に体も温まりホットコーヒーを飲んでから出発。天気が良かったので無我夢中で写真を撮っていると「80の婆さんと歩いているみたいだ」と言われる。どうやら待ちくたびれたらしい。それでも止められない。大池は静まり返り小蓮華山を鏡のように写していた。
DSCF5174.jpg
 ゴゼンタチバナも見れて大満足。帰りは栂池自然園によってワタスゲを観察してから帰路につきました。もう少し体力をつけたら小蓮華山まで行ってみたいです。
DSCF5243.jpg

帝釈山

2016、07,24 HN,MN、YM、MH、TM

駐車場08:10-登山口08:20
-田代湿原09:45
避難小屋10:00ー山頂11:00

田代湿原はすでに花が散ったあと。
今年はやはり季節が早い。
トンボが大量に飛んでいた。

20160724 坊抱岩フリークライミング

天候 : 晴れ
メンバー : Sai、Sak
ルート : オールージュ、あやつり人形、芸者ワルツ、ピナクルダッシュ

日差しは強かったのですが、日陰は涼しい姥捨山でした。







20160717 北川フリークライミング

天候 曇り
気温 27度 むし暑い
メンバー  Aya、他1名
ルート 秋葉大権現ほか
梅雨空の中、雨を避けて北川まできました。
天気は曇り、それほど暑くもなく良かったのですが染み出しで岩の状態は最悪~半分から下は濡れ濡れ…上部はしっとりしてました(ーー;)
せっかく来たので何とか登りましたが…
この時期、北川は厳しいのかな?

20160626 前三ツ頭

メンバー  K夫婦

天女山登山口 6時30分

前三ツ頭 9時15分

天女山登山口 11時15分

八ヶ岳の天気が良さげだったので、権現岳に登りに行った。

が、雨こそ降らないが、意外と天気が悪い。そして寒い。降りてくる人はカッパを着ている人がほとんどでした。

でも、南側は視界があり富士山を見ることができた。

前三ツ頭に着いて寒いしカッパ着たくないしで、あっさり下山を決意。

帰りに農産物直売所に行って新鮮野菜をゲット。

こんな山行もありですね。

20160716 瑞牆フリークライミング

天候 曇り
気温 20度くらい
岩の状態 濡れ濡れ、一部は湿り気味程度
メンバー Hat,Aya,他2名
ルート カサメリエリア:レーザーズエッジ、めんたいこ、ナイトデイジーダンス
雨が心配されましたが、何とか一日天気がもちました。
岩の状態は前日の雨の影響でコセロックは濡れ濡れ、モツランド、コロッセオは被っているためやや湿っている程度で登れました。
恒例のナイトデイジーダンシンチーム!今日は4名で楽しみました。チーム全員収穫がありました👍

カサメリ沢のケルン
オブジェのように見えるのは私だけ?

20160717 中里 木古里岩 フリークライミング

天候 曇時々雨
気温 27℃くらい
状態 ヌメル
ルート 10b?○ 11b?× ドンガバチョ12a/b×
メンバー kub他二名

当初有笠の予定でしたが、週の半ばの雨があったので中里に行ってきました。

一時雨がありましたが1日できました。
ドンガバチョは全然できませんでしたが、面白かったです。

状態が良くなったら、またトライしてみたいと思いました。

20160710 瑞牆フリークライミング

天候 曇りのち晴れ
気温 20度くらい
岩の状態 湿り気味
メンバー Hat,Aya,他3名
ルート カサメリエリア:トレビの泉、真実の口、ナイトデイジーダンス、トップガン
今シーズン2回目のカサメリです。
朝のうちは昨日の雨の影響が残り湿度が高かったですが、徐々に回復し高原のさわやかな気候のなか1日楽しんできました。
初触りの真実の口は、正直者の私はちゃんと登れました🤗もちろんHatさんも完登です。
Hatさん初のNDD!前半のヌメヌメスローパー核心を突破しました。強いですね!
私はNDDトライの合間に、冷やかしでトップガンを初お触り。気合い一発のランジもむなしく空振り…というかほとんど飛べなかった💦まだまだ修行が足りません。
みなさんお疲れ様でした。

手前の岩はNDD、トップガンのあるコロッセオ、奥は有名な神の手13cdがある少年タワー

20160710 中里 木古里岩 フリークライミング

天候 晴
気温 30度くらい
状態 乾いているがヌメル
メンバー kub他一名
ルート スター誕生11c

木古里岩1Fは日向は暑かったですが、午後になると日が陰って風も吹き、状態が良くなりました。

トポに無いルートがありましたが、岩が脆かったです。

スター誕生11c

なんとかRPできました。ボルトが不安で脆い所もありましたが、面白いルートでした。

20160703偏屈岩クライミング

天気:晴れ
メンバー:O、M、F、S、T
ルート:棚からぼた落ち、掟破り、全国平均の男、青いパンツの男、ハッピーマンデー、家さんの腰つき

この日は朝からほぼ貸し切りの状態で、各々課題とするルートにじっくり取り組むことが出来ました。
岩場はジットリとした空気でしたが、時折吹く風と河原の水音が爽やかに感じました。
段々夏らしくなってきました。
滝登りたい!

20160703 瑞牆山カサメリ沢フリー


天気:晴れ時々曇り

気温:20度
湿度:やや高め。
状態:ちょっとヌメる

メンバー:
AYB、TK、N-Hat、Sak、Sai、MJ-Mac、
他3名

エリアとルート:
・モツランド
かずのこ5.10d
レーザーズエッジ5.10d★★★
プラチナム5.11c★★★

・コセロック
トータルリコール5.10b★★
ネコの手5.10b
ネコの足5.11b
ワニワニワニ5.11b★
お先にマサカズ5.11d★
ギャラクシィ5.12b★★★

・姐御岩
金のわらじ5.12a★★★

・コロッセオ
ナイト・ディジィ・ダンス5.12c★★★

シーズン初のカサメリに行ってきました。天気予報を気にしつつ、久しぶりの花崗岩に多少戸惑いながらも、いろんなグレードルートを楽しんできました。
心配された天気も崩れることなく、大自然の中でとても気持ち良くクライミングできました。

途中、オランジュ岩とコートタジュールを下見。「ちちくりマンボウ5.10c」「怒涛のレイバック5.11b」「ギャラクシアン5.12a」次回は触ってみたいですね~。

お疲れ様でした。

20160702 二子山フリークライミング

天候 曇り時々晴れ
気温 25度くらい(湿度が高い…)
ルート 話がピーマン、シリアル、鬼ヶ島、鬼ごろし、フランシーヌの場合
メンバー Mac,Huj,Aya,他2名
弓状はほとんど水没しましたが、祠はまだのぼれます。
クライミングを始めてひと月のHujくん、ピーマン5.10aを2撃でRPしました。先が楽しみですね。

ピーマンを登るHujくん、ビレイヤーはMac先生

20160626 裏妙義 谷急沢右俣遡行→左俣下降

天気:概ね晴れ
メンバー:FTS

今シーズンの初沢は裏妙義のお手軽な谷急沢です。

国民宿舎裏妙義の駐車場に到着してみると何か閑散とした雰囲気が・・入口に目を向けて見るとP6260028改
こんな事になってました!

中木川沿いの林道を30分程進んだ橋の脇から入渓する。シーズン初だが3人とも安定した足取り、結構なハイペースで遡行するとあっという間に女道の稜線上へ詰め上げた。

P6260046改
核心の滝をリードするF氏

女道をわずかに登れば、谷急山に続く主稜線と合流する。この稜線は地形図上では判読しづらい小ピークがいくつも出てきて高傾斜を登っては下っての繰り返しで3人とも今日の核心はこの尾根歩きだった・・ご様子。。
P6260068改
核心の尾根歩きではこんな景色も・・

左俣下降するのに適当と思われる鞍部を下り始めるが落ち葉と泥の斜面の下りにヒヤヒヤする。
やがて水流の音が聞こえてきて一安心。左俣は傾斜の緩いナメ滝中心で下降するにもあまり苦労しませんでした。
予定より早めの2時には国民宿舎に帰還すると皆、速攻でヒル退治に精を出してました。
各3匹、2匹、1匹と成果ありでした。

 | ホーム |