プロフィール

ta ke3

Author:ta ke3
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


20160925 有笠フリークライミング

天気:晴れのち曇り
気温:25°C
湿度:高いね
状態:そりゃあもう

ルート:
大福5.9
おいらの人生5.10a
宝探し5.10c
やもめの日々5.10d
力王5.11b
無人島5.11b
いかだ下り5.11b
用心棒5.12b
海賊船5.13a

メンバー:OKD. F-man. T-Sak. Mik-S. N-Hat. S-Fuj. MJ(報告)

久しぶりに気持ちよく晴れた朝。
ずっとジムトレばかりだったので、状態が悪くても本物の岩の感触。嬉しい。
アドベンチャーは大にぎわいで、無人島5.11bが大人気。適度に悪いムーブが登攀本能をくすぐるw

OKD:久しぶりのクライミングとのことでしたが、5.11bFLはさすがでした。また遊んでくださいね。

F-man:これまた超久しぶりのクライミングとのことでしたが、5.10cと5.10dをRP。すぐに戻せそうですね。

T-Sak:下部が滝になっている海賊船でトレーニング。この努力が、近いうちに成果になることを僕は知っています。アナタの背中は遠すぎて見失ってしまいました。強すぎです。

Mik-S:ジムトレの疲れが残っているせいか、まったりモードでしたが、カラダの動きはさすがですね。無人島の核心部で僕がビームを出したのは言うまでもありません(笑)

N-Hat:リハビリクライミングとのことでしたが、だいぶキレが戻ってきた様子。良いシーズンになってきたので、楽しみましょうw
あ、でも置いてかないで(笑)

S-Fuj:この日も快進撃は続きます。やもめの日々5.10dをFLでグレード更新したかと思えば、5.11bをまさかのオンサイトトライ。
さすがに難しかったようですが、僕をはじめ、12クライマーたちは「やばい、こりゃ喰われるな」と、ガチで思いましたよw
僕が優しいのは今日で終わりだと思ってください(笑)

MJ-Mac:ヌメヌメの用心棒を初トライ。テクニカルな核心とガマンの上部。面白いよ、このルート。自分のコンディションを整えて、岩のコンディションが良いときにトライしたいです。

お疲れ様でした。

20160924 瑞牆クライミング

天候 曇り
気温 13度くらい
状態 びしょ濡れ
メンバー Aya、他一名
ルート 龍脈門(植樹祭エリア しじま谷)
前夜の雨の影響で岩は全面的に濡れてます。
一応、一本だけ触ってみましたが全然ダメでした。
早々に諦め入間のベースキャンプに移動
お盆以降、こんな週末が続きますね~
来週末に期待です。

大盛況のベースキャンプ

20160917-18尾瀬

メンバーTK、SK
天気17日くもり18日雨
18日に至仏山で知人と合流する都合で、前日から尾瀬へ入った。予報では17日午後から雨というので天気はまったく期待できなかった。鳩待峠へ着くと、バスの乗降場所が少し鳩待より手前に変わっていた。数年ぶりである。鳩待峠からまずはアヤメ平へと向かって緩やかに登っていく。
IMG_35731.jpg
アヤメ平は一時荒廃が進み、植生保護の試みを行っていると本で読んでいた。実際に行ってみると確かに一部そういう場所が点在していたが、それでも素敵な景色のいいところだった。草紅葉が秋色に染まっていた。
P11105801.jpg

その後、尾瀬ヶ原へ下りて山の鼻でテント泊。夕方から雨が降り始め夜には本降りとなった。朝になっても強い雨が続き、至仏山の登山は中止してテント撤収してそのまま帰った。こんなに雨が降っているというのに、鳩待峠まで150人以上とすれ違ったことには驚いた。雨の尾瀬に来る人がこんなにいるとは。

20160917 有笠山 アドベンチャーランド フリークライミング

天候 晴
気温 20℃くらい
状態 一部濡れてる
メンバー kub他三名
ルート 大福9MOS しお豆10aMOS 用心棒12b×

用心棒
下部は濡れてますが、状態は大分良くなりました。
ワンテンになりましたが、繋げるのは厳しそうです。

20160910 有笠山アドベンチャーランド

天候 : 晴れ

メンバー : Sak , Mik , TK

ルート : やもめの日々/5.10d、宝探し/5.10c、用心棒/5.12b、海賊船/5.13a

いよいよ有笠山もシーズンinを思わせるような気候になってきました。

岩はまだ完全ドライというわけではなく時間帯でコンディションは変わります、
夕方は結構ぬめってきますのでアタック便はお昼くらいがねらい目です。

無人島

/

20160817-20160819 槍ヶ岳 双六岳

メンバー YM
17日 雨
新穂高温泉→わさび平→奥丸山→槍平小屋キャンプ場(テント泊)
18日 雨
槍平小屋キャンプ場→槍ヶ岳→双六小屋キャンプ場(テント泊)
19日 晴
双六小屋キャンプ場→双六岳→鏡平→わさび平→新穂高温泉

雲の平まで行く予定でしたが、初日に足がつってしまい雲の平まで行くのは諦めました。
涙の撤退、、、いえ、勇気ある撤退ですね!
天気にはあまり恵まれませんでしたが、楽しかったです!

20160910 黒岩フリークライミング

メンバー:O、M、S、H、F、T
天候:晴れ

道路工事が終了し、春以来の黒岩です。
秋晴れの爽やかな天気のなか、久々の外岩の感覚を思い出しながら思い思いにクライミングを楽しみました。
岳友会の付近にスズメバチの巣がありますので行かれる方は注意してください。

日光・社山

2016.09.11  HN,MN、HS、MH

歌が浜P-貉窪―阿世潟―阿世潟峠
―社山  往復

天気はくもり、男体山は雲に隠れていた。
風がなく暑くもない、歩くにはいい条件。
湖畔の道をてくてくと、快適な森林を1時間ほど歩くと阿世潟の分岐に着いた。
中禅寺湖は波をたてていてザプンザプンと音がしている。
そこから登りになる。
ガスがまいていて、時折見える湖に観光船が白波をたて走っていた。
首長竜でも居ないかなと隅々まで目を凝らして探してみた。
カヌーらしき点が、ゆらゆらと動いている。
山頂では、2組の登山者が先着で、誰も居なかった山中に少し意外な気がした。
紅葉はまだまだ早いが大分、秋の気配。
徒歩の帰り道に、イタリアとイギリス大使館旧別荘があり覗いてみた。
観光の人込みの中に、汗のにおいをプンプンさせ入り込むのは流石に避け、
「温泉でさっぱりだ!」と大声をあげそうなのをグッと堪え、また、もくもくと歩いた。

20160904 集中山行 茂倉谷から

メンバー:Os Th Sk

前労駐車場に集合しOsさんのドライブで土樽へ、北アルプス縦走の話題で花を咲かせるが・・・
茂倉新道の起点駐車場への1本道と思われた道路途中にある橋が工事による通行止め・・・ガ~~ン!!迂回路の看板もなし!集中山行の沢組敗退か!と思いきや、よく地図をこらして見ると何とか迂回できそうな細い道があったので長い距離をUターンして少し迷いながらも起点駐車場着で30分のタイムロス。
茂倉谷は入渓してすぐは緑色のコケやナメ滝が多く癒し系ですが傾斜が増してくると適度に楽しめる小滝が頻繁に出てくるので飽きる事なく楽しめました。
ロープは1回も使用せず最後の二俣へ・・地形図で確認すると左に行けば標高の低い鞍部の稜線上へ抜けれそうと自分の判断で左に向かうと途中まではしっかりと沢型が続いて正解!と思いきや稜線まで標高差100m程は濃密な笹藪を新規開拓状態で登山道に抜けた時には疲労の半分以上は藪漕ぎに奪われていました。
すでに集中する時間を過ぎていましたが藪漕ぎ途中で電話が繋がり少々の遅れで山頂に着ける事は伝えておいたのでハイキングチームに待機して頂き、無事に集中する事ができました!
P9040007ぶろぐ

20160911 有笠フリークライミング

天候 曇り
気温 25度くらいでややむし暑い
岩の状態 シミだし少、滑り気味
メンバー Aya、他一名
ルート 八方美人他(偏屈岩)
久しぶりの有笠、そして久しぶりの偏屈岩です。
リーダーのMacさんは残念ながら諸事情により欠席、ツヨツヨクライマーのMさんと二人で八方美人を初おさわりしました。
核心部、ホールドが欠けて難易度が高くなっていると聞いてましたが…
いや~これは難しい!しかもヌメヌメ…
しばらく封印します( ̄ー ̄)

20160907 カサメリ沢フリークライミング

天気:晴れのち曇り時々一時雨
気温:20℃お昼寝サイコー
状態:かなりいいw

ルート:
じゃがバター5.10d
漁師の娘5.11c
お先にマサカズ5.11d
金のわらじ5.12a
医者の娘5.12a

メンバー:AYB. Mac



平日初めてのカサメリ。前日までの雨予報から一変、爽やかな青空で、岩の状態も良好です。

AYB:アップ後僕の金わらトライのためにヌンガケ。ありがたい。その後以前未解決だった漁師の娘を無事口説き落とし(笑)そのまま医者の娘にも手を出す(爆)
医者の娘はさすがにガードが固く。天気にも邪魔されて回収w。最終便でお先にマサカズをお試しオサワリ。

Mac:この日の2便目でようやく金わらをRP。続けて漁師の娘に手を出し、初の11c2撃。これは嬉しい。ま、AYBさんが付けてくれたティックマークとアドバイスのおかげですけどw
次回はいよいよNDDリベンジでしょうか。



20160903 瑞牆フリークライミング

天候 晴れ時々くもり
気温 20度くらい
岩の状態 乾いてます
メンバー Aya、他一名
ルート 龍脈門5.13a(植樹祭エリア、しじま谷)
天候不良で8月中旬からオアズケ状態になっていた龍脈門
やっとまともに触ることができました(^^)
想像してしたとおりバランシーでテクニカルなルート
難しい…けど面白い
しばらく頑張ってみます!

20160903-0904 谷川馬蹄形からの集中山行

【9/3(土):曇】白毛門P-白毛門-朝日岳-清水峠避難小屋
【9/4(日):強風と雨】避難小屋-蓬ヒュッテ-白樺避難小屋-白毛門P

メンバー:M木、Hマ、Fまん(報告)

集中山行前日から、谷川馬蹄形縦走を決行しました。

<9/3(土):曇>

3日(土)は早朝4時に前労Pに集合し白毛門Pへ移動。
時間はいっぱいあるのでノンビリと出発。
早朝だというのに、出だしは樹林の急登で、周りは蒸し暑く汗が噴き出てくる。
松ノ木沢の頭に到着すると、トマの耳方面の雲は厚く稜線を望むことはできないが、なかなか良い景色。
白毛門にはコースタイム通りで到着し、小休止してサッサと笠ヶ岳へ。
笠ヶ岳では強風と霧のため、避難小屋で一服(喫煙者はいないけど)。
順調に朝日を超えた頃、清水峠までの下りでMさんに先頭を任せる。
エンジンブレーキが壊れたように、一気清水の避難小屋まで下りきる。
下り始めると風も収まり景色が段々と良くなってきた。
テント持参でしたが、小屋に2番手で到着したので、ほぼ半分独占状態で快適な小屋泊にしました。

<9/4(日):強風と雨>

昨夜から物凄い強風。
ゴーゴーと風が唸りをあげる中、暗いうちから避難小屋を後にする。
風は群馬側から吹きすさび、湿った暖かい空気を送り込んでくる。
台風の影響をモロに受けている感じだった。
七ツ小屋山を越えた辺りで雨が落ち始める。
相変わらず風は収まる気配を見せない。
しかも視界が20mは無い感じの霧の中。
体が飛ばされそうになる中、何とか蓬ヒュッテまでたどり着く。

出発時から風は弱まることなく、相変わらず冬山のように激しく吹き込んで来る。
冬山との違いは、風が暖かいことくらいか。

このままの状況で茂倉岳へ突っ込む勇気は持ち合わせていない。
既に心は折れている...

ここで携帯で天神組の事務局と連絡を取る。
「おはよう!天神は無風だよ!」
「何ですと!!」

こちらの状況を説明し、我々は集中を諦めて蓬ヒュッテからエスケープすることを伝える。

白樺避難小屋を経由して湯檜曽川沿いの新道を使って下山。
1時間半程歩いて標高を下げ、上空の厚い雲を抜けてしばらくすると下界方面は確かに天気良さげ。
しかも土合に近づくにつれ、天候がどんどん良くなってくる。。。

山の天気は難しいと考えさせられた集中山行でした!

集中山行・茂倉岳

2016.09.04 
HN、MN、KK、
TM、HM、HK

谷川岳ロープウェイ―天神平
―谷川岳―一ノ倉岳―茂倉岳
―矢場の頭―土樽駅

天気予報はくもり。
稜線は歩けないくらいの強風が吹いているらしい。
ロープウェイチケット売り場で天神平の天気状況を確認すると、
霧が出ていて視界が悪いとの事。
天神平に着くと穏やかで視界も思ったほど悪くはない。
なによりも、雨が降っていないということが良かった。
天気予報があまり良くないわりに、登山者が大勢いる。
谷川岳に着いても視界はないがそんなに悪い天候ではなかった。
トマの耳は混んでいたのでスルーしてオキの耳で記念撮影、茂倉岳へ向かう。
わりと、谷川岳~茂倉岳間も登山者が入っている。
ときどき青空とガスが切れて山が幻想的に見えた。
12:00少し前に茂倉岳到着。
その後、沢チームと合流して下山。
茂倉新道は、長い長い道のりで日も指してよれよれと土樽に降りた。

20160903 有笠アドベンチャーフリークライミング

天候 : 曇り→晴れ
メンバー : TK、Mik、Sak
ルート : やもめの日々、塩まめ、おいらの人生、宝探し、用心棒、海賊船

ここのところ週末は雨続きでしたが、久しぶりの晴れ間を狙って有笠に行ってきました。コンディションはあまり良いとは言えませんが、それなりに収穫ありな1日でした。

20160813-14五竜岳

メンバー:K2
ルート:白馬五竜テレキャビン→遠見尾根→五竜山荘テント泊→山頂往復→遠見尾根
下界の暑さにさよならしてお盆休みは避暑に行き、テントでゆっくりくつろぎたいとの思いで五竜へ。テレキャビンとリフトを使ってらくらくと進むが、遠見尾根を歩き始めれば汗だく。避暑にはほど遠い道のりで、日差しが出るとたまらない!西遠見山まではらくに来れたが、白岳への急な登りが一番きつかった。
IMG_3525-1.jpg
小屋を見下ろして行くと稜線の風が涼しくなりようやく避暑に来た気分!テントを張って、お昼寝タイムが至福のひととき。五竜山荘は風の通り道となっており、前回に引き続きガスで覆われていき、夕日も流星群も望めない。
翌朝、一度起床しても濃霧に包まれていたため二度寝・・・その後、あわてて起きてみたらガスが晴れている!アタックザックで五竜岳を往復して前回のリベンジを果たした。
IMG_35031.jpg
山頂から見える鹿島槍の双耳峰がいい。今度は鹿島槍に行こうかな。

20160903 有笠山 ヘルケイブ フリークライミング

天候 晴
気温 25℃くらい
状態 良
メンバー kub他一名
ルート ルンルンしんすけ

状態は大分良くなりましたが、ルンルン倶楽部はなかなか退会させて貰えません。
今回は焦りが出てしまいました、次回は丁寧かつ思い切って行かなくてはと思いました。

北アルプス朝日岳

2016.08.28・29 HN、MN、他S

28日 蓮華温泉 ― 五輪尾根 ― 朝日岳 ― 朝日小屋テント
29日 水平道 ― 分岐 ― 朝日岳 ― 五輪尾根 ― 蓮華温泉

当初の予定は、蓮華温泉から白馬岳泊、雪倉岳を経由して朝日岳泊で蓮華温泉。
大型台風が接近している。
朝日岳まわりで2日目は白馬大池まで降りてしまおうと出かけた。
流石に山へ入っている人は少ない。
28日の天気は良好でカミナリの気配もなかった。
朝日岳山頂かtらは、富山湾がすっきりきれいに見えていた。
2日目、雪倉岳へ向かう。
朝日岳界隈はとてもよく晴れている。
水平道を快適に歩く。
分岐に近くなると、レンズ状の雲が雪倉岳、白馬岳をすっぽりと覆い隠していて、そうとう風も強くなってきた。
そうなると決断も早い。
「分岐から朝日岳を登り返して帰ろう。」
朝日岳から北はほんとに良く晴れている。
下山して日帰りの姫川温泉に入った。
とてもアットホームな日帰り温泉で、管理しているおばちゃんがゆでたまごとスイカをご馳走してくれた。
「ここは、また入りに来よう。」

20160831 榛名黒岩フリークライミング

天気:晴れ
気温:20度
状態:一部を除いて最高

ルート:
つる5.11b
キメイラ5.12a
エンド・オブ・ア・レインボー5.12b
サルバドール5.13a

メンバー:AYB. Mac. 他1名

台風も通り過ぎて、久々の青空。
自宅を出るときの気温は19度で、朝から心地よい風が吹いている。

黒岩に着くと一部の染み出しを除いて、状態は良く、何より涼しい風と木漏れ陽が気持ちいい。

とりあえず、つるでアップ(僕も偉くなったものだ)久しぶりでムーブを忘れているが、探せる。岩も手に吸い付くように持てる。とても良いルートだと思う。

アップ終わりで北面に移動。本日のお目当のエンド・オブ・ア・レインボーに。
ヌンチャクは17本とアルパインクイックドローを2本。さて、行くか。
最初のリングボルト付近はまだ湿っているが、あとは乾いている。一本目のボルトにクリップ後、いきなり悪い。「あれ?こんなに悪かったっけ?」
・・・やっちまいました。一本目からいきなりエンド・オブ・ア・ギャラクシー5.12dに掛けてしまうというありえないミス。アホです。
一度セルフをとり、ルート修正して、よし、行くぞ。
と、思ったらビレイヤーのaybさんが、「なんか蜂が飛んでる」と。
良く見ると、レインボー3pから4p間左のクラックに直径25cm程のスズメ蜂の巣を発見。
悲しみのクライムダウン。今シーズン終了。ち~ん。
さて、どうする?と協議の結果。キメイラをやろうということになり、黒岩の端っこから反対の端っこに移動。ひ~。
「キメイラがダメだったらサルバドールだね~」なんて冗談を言いながら南面に。
さてキメイラは、












一部の染み出しがここにありました。なむ~。
それでもみんなそれぞれ1便づつ出し(出すんかいw)、今度はひっくり返しの大岩に移動。

初です。

ささ、冗談で言っていたサルバドールにレッツ・オサワリw(←壊れてます)
僕にとっては初めて触る5.13。しかもボルト3本のショートルート。
ムーブの激しさは想像してましたが、予想を遥かに超える悪さ。2ピン目以降は何もさせてもらえません。エイドとプリ棒の練習になってしまいました。今の自分にはまだ早いトライでしたが、いつかカラダを改造して戻ってくるよ。
(「いつか」っていつ?)

お疲れ様でした。


 | ホーム |