プロフィール

ta ke3

Author:ta ke3
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


20170128-29 二子弓状フリークライミング

20170128 二子弓状天気:晴れ
気温:3℃→11℃→6℃
状態:すげぇ良い
人数:26人(ガラガラ)
気持ち良く晴れ渡り、春の陽気。気温も上がって、日の当たる弓状では、お昼寝ができるほど暖かい。岩は若干乾き過ぎな印象はあるものの、手のフリクションはかなり良いです。足はツルツルですけどw
メンバー:ランナウトした核心で落ちる二人(笑)
MJ:任侠道
このルートはトライ便でなくても、取り付く前に気持ちが負けないように気合いを入れないと全く登れません。6ピン~7ピン間(核心パート後半)は4メートルランナウトでしかも腰クリップ。直上後に左にトラバースするのですが、そこで落ちると「任侠落ち」と言われ、8メートル以上落ちます、しかもトラバースなので、ロープが張り切った状態からの横に振られます。そして恐怖で僕の抜け毛も増えます。
そして今日もやっちまいました。
ダイナミックかつ繊細な核心パートをこなし、パンプする前腕。開いてくるユビ。ゴミのような小さなスタンスを確認するために下を見ると4メートル下に見える6ピン目。目の前には「掴みなさい、楽になれるわよ♡」と、言わんばかりにぶら下がる7ピン目のヌンチャク。
「ココで落ちたらビレイヤーに悪いな」
と、弱気になると、このルートは心の弱さを見逃しませんよ、まさに任侠の道。朝イチのロングフォールと共に二子山に響き渡る僕の悲鳴。











!!!
↑ビレイヤーに向けて
そしてまた抜け毛が増えました。
このルートをRPするときは僕のアタマに髪が残っているのでしょうか?
AYB:おいしいよー
朝のアップからクレーター5.11b(ムズい)をキレッキレのムーブでさっくり再登。トライに向けて良い流れです。
おいしいよーは、5ピン~6ピンの間がいちばんのランナウトでしかも核心パート。最後のクリップホールドを取り損ねると軽く流しても6メートルは落ちます。
そして、やはり、やっちまいました。クリップ体勢からまさかのスリップ。
朝イチのロングフォールと共に二子山に響き渡るAYBさんの絶叫。そしてビレイヤー(僕)を含めたギャラリーたちの声。「なぜそこで~?(笑)」
ピンチはもう確実に止めているので、RPは秒読みなんですけどね。
ロアダウン後、少し老け込んだAYBさんがいました。白髪が少し増えたように見えました。
AYBさん、白髪が増えなうちに一緒に任侠落ちで抜け毛を増やしましょうw

20170129 二子弓状
天気:曇り時々晴れ
気温:3℃→9℃→5℃
状態:前日に続き
人数:14人(超ガラガラ)
メンバー:いまだに任侠トライが他人ゴトの僕
実は前日任侠2便目で左のヒジを痛めてしまい、アップで状態が良ければ任侠。悪ければビッグモモ5.11cでもやろうと、強度のあるムーブは諦めていましたが、この日のお立ち台は任侠1人と唐獅子1人。こんな日に触らないのは罪でしょ?てな感じで恐る恐る(つか、気持ち入れて全開で駆け抜けないと2ピン目で終わる)出してみると、アラ不思議。アンダーやガストンで少し痛みがあるものの、なんだかさっくりと下部が繋がる。最高高度も核心入り口の左手出しまで繋がり、ようやく手ごたえを感じられるまでになりました。
この日のパートナー様であるM子さんに
「この調子でいけば、2月末くらいからトライ便だせますかね?」と聞いてみると、
「何言ってんの?下部が繋がってレストできてセットポジションが取れたらもうトライ便なのよ!」「上(核心)は繋がってるでしょ!」だそうで。本人以外は全員RPトライだと思ってるみたいです。
とゆうわけで、次回(今回)からトライ便です(なんか人ゴト)
お疲れ様でした。

20170129 東谷山BC

天候:晴れ
メンバー:kk、hs、ts

7:00二居→10:00山頂→11:00貝掛温泉

久しぶりのバックカントリーは天候にも恵まれ、上信越の山々の素晴らしい眺めとブナ林の滑走を堪能できました。
スキー、ボード、スノーシュー皆楽しめる良い山です。

20170128 下仁田 ボルダリング

天候 晴

気温 3~10℃くらい

状態 良好

メンバー kub他

課題と成果

橋の下岩

1級○

マンナン太郎×

初段× 他

日向は暖かく快適なクライミング日和でした。

20170122 前武尊バックカントリー

天気:晴れ
気温:-10℃→-3°C
積雪:+40cmくらい
状態:最高に良い

ルート:十二沢

メンバー:TK、T-Sak、Mik-S

日曜日の晴れ予報を見て、これは行くしかないでしょ!ということで前武尊山に行ってきました。
年々遅くなるシーズンインですが、今年は最高のコンディションで迎えることができました。

気持ちいい~♪


今年はまずまずの積雪!




20170122 下仁田 ボルダリング

天候 晴

気温 -2℃~9℃

状態 橋の下は一部染み出し有 他は良

メンバー kub他

課題と成果

橋の下2級?○3級?○1級?×

マンナン太郎×

道化師ロースタート×等

今週は全国的に雪が降っていたので、陽当たりの良い下仁田へ行って来ました。

氷が張っていて朝は岩が冷たかったですが、日が当たると暖かく快適なクライミング日和でした。

最近は寒さのためか、準備運動が足りないのか深いヒールをすると足が攣ります。前回指を痛めた時もそうでしたが、アップとコンディショニングの必要性を感じました。

20160115 二子弓状フリークライミング

天気:晴れ
気温:-9℃(ありえん)
湿度:適度に(だがありえん)
状態:何ソレ?おいしいの?
人数:変態(最上級の褒め言葉)が14人
メンバー:MJ、他1
朝、家を出るとき既に雪。して、-5℃
一度中止のメールを流すも、群馬最強の変態(最上級の褒め言葉)女子師匠と「様子だけ見に行ってみる?」的なノリで車を走らせる。
二子Pには茨城の変態(最上級の褒め言葉)の車が(しかも2駆)ほどなく都内の変態(最上級の褒め言葉)やプロクライマーの変態(最上級の褒め言葉)、カップルクライマーの変態(最上級の褒め言葉)までが集まり、14人。どんだけノリが太いんだかw
弓状に着くと気温は-9℃。ここまで寒いのは初めて。
それでも変態(最上級の褒め言葉)たちは、限界を超えるべくトライするのでした。
ワタシは任侠道核心のセットポジションまでが繋がり、核心パートも少しずつカタチになってきました。楽しいぞw

この日も松島アキト氏が来ていて素晴らしいクライミングを見させていただいた。しかもお話までさせていただき、とても気さくでいい人でした。
いつも深谷のジムで彼のセットしたルートで楽しませてもらい、時には自信になり、その逆もあり(笑)、やっとお礼が言えました。
寒いなか頑張ったゴホウビでしょうか。
お疲れ様でした。

20170114 二子山フリークライミング

天候 吹雪のち雪時々やむ
気温 -5度くらい
メンバー Aya、ほか2名
ルート おいしいよー、私生活、マイライフほか
今季最大の寒波のなか、半ば諦めつつも岩場に向かいました(笑)
なんと、こんな日でも10人以上の人がきていてビックリ
しかし、普段は雨をしのげる岩の下も容赦なく雪が吹き込みあっという間に真っ白な状況です(苦笑)
昼頃には一時的に薄日が差して天候の回復を期待するも、また雪… 一日中コンディションが変わることはありませんでした。
今まで経験のない寒さですが、なんとか1日遊べました。 

20170108 二子弓状フリークライミング

例えばとあるルートに魅せられて
心からそのルートを登りたいと願ったとき
なにか喜びに満ちたような
素晴らしい明日は来るのかな
いろんなこと決めかねている僕は
人のことが羨ましく見えた
自分のこと疑ってばかりいたら
そこから先が見えなくなった
誰かが言う「何処にいくの?」
誰かが言う「キミならできる」
誰かが言う「もう少しキチンと」
僕はまた笑って誤魔化すんだ
つまらない言い訳
目を逸らしたこと
優しかった人
すれ違った人
今日のトライは昨日の続きだったけど
今日のトライは明日に繋がっていくのかな

天気:雲→雪
気温:0℃→0℃→0℃(泣)
湿度:そこそこあり。
状態:最高だが、寒すぎ。
人数:6人。淋し。
面子:AYB、MJ
雪予報が出てるなか、それでも登りたいアタマのおかしな(一応最上級のホメコトバw)クライマーは6人。内4人は群馬(前橋)の人。コルネはまるで巨大な氷柱のように冷えきり、カチは持ってる感覚すらない。
しかし、岩は適度な湿度があり、フリクションは最高。
14:30頃から雪が降りだし、あっというまに雪化粧。
マイライフ5.12a
私生活5.12c
おいしいよー5.12c
任侠道5.12d
好色一代男5.13a
唐獅子牡丹5.13b
この日弓状にいた6人がそれぞれに向き合った6つのルート。
AYB:「駆け抜ける喜びw」とか言いながら余裕を見せていて、「おw!このノリは!いけるのか!?」と、おもいきりRPを匂わせていましたが、寒さとガス欠でポロリ(笑)
でもこの日いちばんたのしそうに登っていました。AYBさんの人柄ですね、みんなも笑顔になれましたよ。素敵ですw
MJ:先シーズンは任侠道という憧れのルートに触れた喜びで地に足がついていませんでした。
弓状のルートが僕を強くしてくれるのではなく、弓状のルートを登りたいという想いがないといけませんね。親切な先輩がたやビレイヤーにも失礼でした。気合い入れないと。
お疲れ様でした。

八ヶ岳・三ツ頭

2017.01.04  HN、MN,SO,MH,MU,HM

天女山ゲート ― 天女山 ― P ― 前三ツ頭 ― 三ツ頭 往復

雪がない!
前三ツ頭の下まで登らないとほとんど雪がない。
ただし、登山道はてかてかのアイスバーン。
アイゼンが大活躍でした。
富士山がきれいでした。

20170103 二子弓状フリークライミング

天気:晴れ
気温:-1°C→8°C→4°C
湿度:カラカラプラス乾いた風。
状態:フリクション良し。
人数:45人ほどでそこそこ。
面子:AYB. MJ
お題:おいしいよー、任侠道

あけましておめでとうございます。
今年も二子から。
お正月の二子は週末組、平日組、遠征組が入り混じり、なかなかの賑わい。
任侠のあるお立ち台は7人で快適。
おいしいよーのある上のお立ち台は4人でガラガラ。

AYB:引き続きおいしいよーのRPトライ便を出します。いよいよピンチが止まり始め、グーレストのアンダー刺しまで繋げてきました。カウントダウンの始まりです。が、雪もトップシーズンに入りますね。個人的には今後のAYBさんの動きが気になるところです(笑)

MJ:任侠道思い出しですが、まったく勝負になってません。最終便で核心抜けられなかったら「任侠触る資格ナシ」と判断して、自分で自分をクビにしようと決意したら、あらら、できちゃうのね~。つうコトでトライ続行(なんのこっちゃい)
ただ核心前のデッドでコルネに強烈なエルボーをサクレツさせて、半泣きになりながら落ちたのはナイショwww

二子はまだまだこれからw
お疲れ様でした。

20170101-02 湯河原 幕岩フリークライミング

天気:晴れ
気温:16°Cくらい
湿度:低い
状態:良い

ルート:帰還兵、コンケスタドール、スードラON攀

メンバー:T-Sak. Mik-S

もう湯河原は梅が咲き始めてます。

年初めはポカポカ陽気の湯河原でフリークライミング三昧でした。いつ行ってもここは天国ですね。

20161229蓼科山

メンバー:K×2

ルート:女乃神茶屋からピストン

ドン曇りの中、登山口を出発。数日前は登山口に雪がなかった記録があったので、新雪があるだけ良かったものの2-3cmのみ。氷化した部分も多く、歩きづらい。

2200mあたりでようやく雪山らしくなったが視界が効かず風が強い。山頂直下、もう少しで稜線へ出るあたりで、ゴーグル着けて全身真っ白になって降りてくる下山者ばかりとすれ違い、妻の心が折れて下山した。

山の天気は変わりやすいもので…降りてきたら青空が広がった!今からまた登る?いや、また今度にしよう!


 | ホーム |