プロフィール

ta ke3

Author:ta ke3
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


20170326-27 タカマタギ山

メンバー:Hさん、Mさん、Oびん、Sさん、Cボー、S
1日目:毛渡沢橋-棒立山右手尾根-棒立山-雪洞
天気予報が雨で心配だったが、雪がちらついている程度で風もなく比較的暖かで穏やかな日だ。新会員のSさん、重荷にも関わらず余裕の体力、涼しい顔をして歩いていてすごい。雪洞予定地にザックを残し、棒立山へ。今回はタカマタギ山頂を諦めたが、棒立山では少し展望もあった。帰りは雪洞予定地まで一気にシリセードで下る。斜度と雪質が適度で気持ちが良かった。雪洞は頼りの男性陣中心に地道に掘り進め、6人が余裕で寝れる快適な空間に。職人技が光る綺麗な壁に素敵なキャンドルを焚き、雰囲気も最高。夜はすき焼きとお酒で盛り上がった。
2日目:雪洞-毛渡沢橋
朝起きると20cm位はパフパフの新雪。天気が悪いため早々に朝食を摂り下ったが、しんしんと降り続く雪の中を歩く感覚が最高で、これぞ雪山という感じだった。最後まで雨にならなくて良かった。帰りは「やま○○」で念願のカツ定食を食べ、2日間満喫できた。

20170326樋曾山ハイキング

天気: 晴
メンバー: KS×2
ルート: 角田山五ケ峠登山口→福井山→樋曾山→291m→往路下山

 早朝は雨が降っていたのだが、登山口に到着すると青空が見えて登山日和になっていた。樋曾山の登山口には標識がない。しかし、踏み跡がはっきりとしているので迷うことなく出発。20分足らずで福井山に到着。山頂には標識がないので三角点で確認する。周囲は背の低いクマザサで覆われ、あちこちに美味しそうな赤い実を発見。キクバオウレン、キクザキイチゲ、雪割草、カタクリ、エンレイソウが咲いていた。
P3260022.jpg
P3260035.jpg
P3260026.jpg
DSCF0038.jpg
DSCF0042.jpg
P3260029.jpg
 樋曾山からは間瀬サーキットに至る登山道が地図上に記載されている。現在は廃道だが少しだけ辿ってみることにした。そこは春を待ちわびているつぼみのカタクリが群生し、どこに足を置こうか困るほどのお花畑だった。廃道になって良かった。いつまでも人が入らないカタクリの楽園であってほしいものだ。
 樋曾山はサーキットと射撃場の爆音のせいかあまり鳥のさえずりが聞こえない。昼頃、爆音が聞こえない時間があった。するとピーピー、カーカーと鳥の鳴く声が聞こえてきた。どうやら音が怖くておとなしくしていたらしい。また、標高差もなく歩きやすいのでトレイルランニングをしている人が多かった。タイツも履かず短パンで颯爽と駆け抜けていく姿はかっこいいものだ。
 お目当ての高山植物が見れて満足な山行でした!

20170325硯岩フリークライミング

天気:晴れのち曇り
メンバー:Oka、Mat
ルート:熊さんルート(10a)、グリーンシャワー(11c)

20170325.jpg
近年、あまり登られていないという榛名山・硯(すずり)岩に。出だしから雪道。鞍部から岩の下部へのトラバースが悪い。本来の道でない上に、地面が凍っていてステップも切りづらい。
荷物を置き、トポ片手に探索。ハーケン、リング、RCC、ハンガーの各ボルトが散見され、いろいろなクライマーとそのトライの歴史が感じられる。また、最近整備された様子もうかがえた。
クラックとフェースの課題が入り混じっていて、とりあえずトップロープで触ってみるが、これが難しい。まさに手も足も出ない。午後から冷え込んだこともあって意気消沈。フリークライミングよりプチアルパイン的な一日でした。

20190325 二子山フリークライミング

天気:晴れ気温:2℃→8℃
状態:持てるw
人数:25人くらい
面子:ayb、MJ、他2名
お題:任侠道、真珠入り
【今日の名言】
「行くぞぉ~w」

前夜、任侠道の核心ムーブをイメージしてたら興奮して寝不足に。
ええ、分かってますよ。もうこれ以上変えようがないことは。
でもね、たった14手の核心ムーブが繋がりませんのよ。
またまた寒い朝の二子弓状。ガラガラで任侠は僕ら3人だけ。
アップはいつものAセットで強制的にカラダを起こす。

ayb:前回良い感じで洗練させるフェイズに。
良く言えば、臨界点の底上げで追い込むトップアスリート並み
悪く言えば、食後にまたご飯を欲しがる、おじいちゃん並み(笑)
【1便目11:20】お立ち台トップバッター。Aセットでしっかりアップしたせいか、かろやかにツーテンでTO。時間もトライ便と変わらず。
【2便目12:40】早っ。もう出すの?
【3便目14:00】おじいちゃん、さっきご飯食べたでしょw
【4便目15:50】絞り出しでもTO。さすが強い。

MJ:aybさんのモチベーションの高さにインスパイアされて、楽しく、気負いもなく集中してトライ。
【1便目11:50】トライ便。2クリップ目で目にゴミが入りテンション。クロスも1発で決めて、いい感触だわ。
【2便目13:30】トライ便。クロスカチ捉えるも持ちきれずフォール。ワンテンにもいろいろあるけれど、これは惜しい。
【3便目15:10】トライ便。岩の状態が変わりヌメリました。クロス出せず、更に任侠落ちで抜けることも叶わず。ち~ん。

kun:任侠道4日目で繋げるフェイズに。aybさんのみならず、私までもロックオン。kunちゃんの強さからして、イチ抜けは彼と推測される(当社リサーチw)

Mac子:真珠入り5.13aを久々のトライ。にもかかわらず、抜群の安定感とムーブでRP間近。この日のトライの次の日、ゲキムズ13aをRPしたようです。凄すぎる。
この人のクライミングに憧れて頑張っている人は私だけではないはず。


お疲れ様でした。さて、次。

20170319河又フリークライミング

天候:晴

ルート:ディスコバージョン5.10b、デザートソング5.12a、おもらいでがんす5.12bc

メンバー:Hat、TK

朝は肌寒いが日中はダウンが必要ないほど暖かく快適な1日でした

Hat:デザートソング2日目、ムーブは大体解析済みだが完全には固まっていない様子…果敢にRPトライも核心で力尽きてしまいRPはお預け。
細かい修正を入念におこなったので次回はいけるでしょう!

TK:おもらいでがんす、やっと核心前から終了点までが繋がりました♪あとは下部を効率化して突っ込むだけです

ルートは違えどHat、TK同じ日に決めたいな

20170318大行山バックカントリー

天候 晴れ
メンバー T、K

大行山にBCに行ってきました。
スノーパーク尾瀬戸倉脇の林道を富士見下方面に進み、雪で埋まった沢を超えてアプローチします。
今回は大カッパ沢を超えたあたりにある沢地形から入山。
適当に登り、約2時間20分後?山頂へ
IMGP0049_20170321121444409.jpg
ほどよい樹間を滑走。快適とはいえませんが、良い感じで微妙です。ボードでも行けるのではないでしょうか。
人があまり入っていませんので静かな山行を楽しむことができます。

谷川岳雪洞

2017.03.19・20
HN、MN、ほか2名
19日 谷川岳ロープウェイ
―天神尾根 雪洞
20日 雪洞ートマ耳ーオキノ耳  往復
―ロープウェイ
19日は大荒れ、それでもロープウェイを利用して1時間ほどの登りで穴堀予定なので、吹雪の中を決行した。
風が吹き荒れる。
予定地では、いくつかの雪洞がそのままの状態で残っていた。
時間はたっぷりとあるので
残置の1つを吹雪の避難場所として
その隣に堀りはじめた。
4名がらくらくに寝られるおおきな雪洞が完成。
3連休のせいか、この大荒れの中でもたくさんの登山者が登り降りしていた。
明日の晴れに期待して宴会!
2日目、吹雪!
入り口は半分くらい埋まっている。
山天では、昼くらいに晴れで風も収まるという予報なので、のんびりと朝食をとり、
遅い出発となった。
10時、なかなか晴れてこない。
11時30分見る見るうちに山々が見えてくる。
山天すごい!
絶景!
会員でないおふたりは、関西からのおともだち。
「晴れてよかった!」
ということで、大荒れと雪洞と晴れの景色と大満足の谷川岳だった。




20190318-19 二子山フリー

20170318 二子弓状天気:曇り
気温:2℃→8℃
状態:最高ではないかと
人数:50人ほど
お題:任侠道、私生活、他
メンバー:ayb、MJ、他2名
【今日の名言】
「かつての私はキョンの女王」


朝のうちは風が強く、まだまだ寒い弓状。
アップは二本で少なめに、それぞれのお題に取り付く。つっても、男子3名(aybさん、kunちゃん、僕)は任侠ブラザーズなんすけどw

お立ち台は、流れ3人、唐獅子2人、任侠4人、真珠1人、総勢10人となかなかの混雑ですが、スムーズに流れる。

さて、この日の我々取れ高w

ayb:任侠道初のトップアウト。さすがに早い。
ワタシの場合はクロス止めて積極的ホールド取ったら迷わず「流れ」のヌンチャクをデッドで掴むインチキ抜けでしたが、aybさんはしっかりムーブで抜けてました。メンタルも強いですw
下部もしっかり固まり、安定感まででてきました。

僕:相変わらずの3便ツーテン抜け。ワンテンを意識しすぎると必ず任侠落ちして恥をかくし、ビレイヤーには申し訳ない気持ちになるし。で、3便目にまた意識し過ぎて任侠落ち。アホです。もはやロングフォールまで自動化が。いやだぁ~。

kun:任侠道2日目にも関わらずTO。何気にaybさんを意識(笑)あるいは敵意(爆)
登りのキレイさと足捌きはすごく上手い人なので、すぐに落としてしまうでしょう。

M子:ゲキムズ12c私生活3便連続の終了点落ち。
153cmの小さなカラダから全身を使ったムーブはワタシのような凡人にはもはや理解不能です(笑)

この日、二子の御大yhtさんが68歳にして私生活をRP。二子クライマーみんなからお祝いされてました。



20190319 二子弓状
天気:晴れ
気温:5℃→15℃
状態:相変わらず最高
人数:45人ほど
【今日の名言】
「だってペトのときは靴変えたらRPできたんだもん」

前日よりも気温があがり、暖かい弓状。
お立ち台は任侠道5人、唐獅子2人でゆっくり。

ayb:昨日TOから2便で、すでに50近い便数を重ねている私は追いつかれてしまいました。もうムーブ固まり、洗練させればRPも射程内。ん~~、ムーブ聞かれたときにウソを教えればよかった(笑)
いま、弓状でいちばん楽しそうに登る人は間違いなくaybさんですね。やっぱ楽しんでるヒトにはかなわないなw
最終便で初の任侠落ちを経験。さすがのaybさんもかなりシビれた模様。ケケケw
ビレイしていた私も自身の身長くらい飛びました。

私:2便目で核心クロス初めてホールドとらえました。そんで落ちましたw
「次は止めるぞ」と鼻息荒く、おいしいよ以後封印してきたソリューションを履き、いざ3便目。いつも履いてるオタキw'sと足裏の距離感がおかしくなり、核心ムーブができなくなってしまい、まさかの敗退。慌ててオタキに履き替え、出した泣きの4便目はヨレヨレでしたが、やはり安定のツーテン。とりあえず感覚のズレはなく胸を撫で下ろす。


トライ便で靴とか変えないほうがいいです(何を今さらw)

20170318、20 河又フリークライミング

天候 : 晴れ
メンバー :S-Mik、T-Sak
花粉 : 非常に多い
ルート : いきのいい奴、大五郎、ドラゴンストリート、デザートソング、仙人

連休の初日、予報に反して肌寒い1日。
お目当のルートをそれぞれトライして終了。

連休の最終日は、ポカポカ陽気で気持ち良いお昼寝日和、いや、クライミング日和でした。
こんな日は体もよく動くので、二人仲良くRP頂きました。
S-Mikは、大五郎をあっさり一便目でRPして、ドラゴンストリートを初お触り。
T-Sakは、一便目、あと一手のところで 落とされましたが、日差しが弱まった4時にギリギリのRP。

河又の集大成は、登りごたえのあるルートでした。

20170320 下仁田 ボルダリング

天候 晴

気温 10℃くらい
状態 良好
メンバー kub他1名
課題と成果
橋の下岩
フルコンタクト○
下からやると初段×
マンナン太郎×
染み出しが始まる前にフルコンタクトができて良かったです。

20170316 かぐら中尾根BC

天候:曇り
メンバー:Miy、Ogu、Shi 、Mat(記)
20170316.jpg
群馬はまぶしいほどの晴天だったが、トンネルを越えるとやはり雪国。
雪質も想像していたより、良かった。最終リフトからチェックを受け、コース外に。
ふわふわした雪の感触が気持ちよい。途中、スキーシールが外れるアクシデントもあったが、12時前に中尾根に到着。
風も吹き出し、視界も良くないので、昼食もそこそこに、滑り出す。
パウダーというには、大分雪が重いとのことだったが、個人的には大満足。自然の中を滑っているという感じも気持ちよかった。

20170312 コマノカミノ頭

天候:晴れ
メンバー:HN、MN、KK、HM、RC、YS

 3月とはいえ、朝はまだまだ寒い。去年は雪が少なく沢を渡るのが大変だったが、今年は雪はまだ多い。雪洞とテントを横切り、快調に歩く。
徐々に雪質も良くなり、パフパフのラッセルを思いっきり楽しんだ(へたれの私はすぐに交替してもらった)。雪庇を超えて稜線に出ると絶景が広がっていた。高度感が適度にあり少しひやひやしたが、振り向くと稜線にトレースがくっきりと見え、周りの景色も澄んでいてとても綺麗だった。帰りはお決まりのシリセード。スピードが怖くて足を付っこむと埋もれてしまい、脱出するのに大変。かなり体力を消耗した。でも、楽しんであっという間に林道まで下山。林道ではまたのんびり雪歩きを堪能した。風もなくぽかぽか陽気の最高の1日だった。

20170312 河又フリークライミング

天候:晴れ
ルート:ディスコバージョン5.10b、デザートソング5.12a、おもらいでがんす5.12bc、仙人5.13d
参加者:Tak、Sak、Hat
 天気も良く、程良くクライマーで賑わった河又でした。
 Tak:おもらい3週間振りの思い出し便と思いきや、課題のムーブが綺麗にクリア。雄叫びさわやかに、ムーブが繋がる繋がる。次から狙っていけますね! 楽しそう!

 Sak:仙人3週間振り。1日2便のRP体制。岩と体の状態を見極次第で、そう遠くもないRPの瞬間には是非立会たい!
 Hat:デザソン初触り。下部からウンウンと唸ってます。ムーブは何となく分かったつもり!?次回から頑張るぞ~!
【名栗・河又の岩場の利用再開について】
岩場の利用の厳守事項。
・事故は絶対に起こさない(安全確認やヘルメットの着用を励行願います)
・火気厳禁(焚き火はもちろん、喫煙やコンロ等の使用も控える)
・岩場上部(雷岩)方面からアプローチする林道への駐車禁止(駐車は必ず、旧だんご屋さん、または河原広場の有料駐車場を利用のこと。公衆トイレ前のスペースは短時間の駐車に限られます)
・トイレはできるだけ登山口の公衆トイレを利用。
・岩場や樹木、アプローチ道などの勝手な改変の禁止。
以上、宜しくお願いします。

20170305 中里 木古里エリアフリークライミング

天候:晴れ

ルート:ルート名不明5.11a、となりのタトロ5.12a

メンバー:Hat、TK

先週に引き続き中里の岩場です。
前回全く登れる気がしなかったとなりのタトロの解読です。
木古里エリア1Fは午前中は陽が当たり半袖で快適に登れましたが、案の定午後は冷たい風が吹いてきてダウンがないとツライ…

本題のとなりのタトロのパート解読はできましたが繋げるとポッチャリクライマー✖️2には厳しい感じもう少し絞らないとですね。
でもルートは面白いです、地道に頑張ります


20170305 平標山BC

天候:晴れ
メンバー:m、t

7:00二居→12:00標高1757ピーク→14:00二居

平標山北西のユウガイヒト沢(すごい名前ですね。)に行ってきました。今回はピークまで行かず標高1757までとし滑走しました。ロケーション、雪質とも申し分なく爽快な滑りでした。

IMG_3082_convert_20170308192143.jpg

標高1757ピークより平標山を望む。
左手には平標沢がありますが、こちらもラインが引かれてました。

20170305二子山フリークライミング

天気:晴れ時々曇り気温:3℃→11℃
状態:いいです
人数:40人ほど
お題:任侠道、私生活、おいしいよー
メンバー:MJ、他3名
【今日名言】
「トライ便での視界は常に針の穴」

朝、少し肌寒く雲の多い弓状エリア。
今日も念入りにワーカー、みんなの、悪魔でアップ。立て続けに三本登りいい感じにウデが張る。気温も上昇傾向でカラダが良く動く。
ただ、花粉がかなりの勢いで飛んでいるらしく、花粉症クライマーには厳しい季節ですね。
お立ち台には4人、おいしいよも4人、ペト・クアも4人でのんびり。
この日はノースが6人で大人気w
ワタシは相変わらずの任侠道。
前回任侠落ち4連発のダメダメクライミングでしたが、安定の3便連続ツーテンの任侠落ちなし。
核心ムーブを改良してテンションムーブだが、クロスでは一度も落ちることはなかった。地味に進展。いや、むしろ以前の「全然惜しくないワンテン」よりも可能性を感じる攻めのツーテン。これは嬉しいw
この日、同行のKunちゃんがおいしいよをRP。先週のaybさんに遅れることなく抜群の安定感で素晴らしいトライだった。
おいしいよはaybさんも僕もかなり拗らせたルートだが、Kunちゃんも空白期間を経てのRPだったし、再びおいしいよトライまでの葛藤やモチベーションの維持や、そのベクトルやなんかを想像しただけで、目頭が熱くなった。本当に素晴らしいRPに立ち会えた。ま、彼の強さなら登れて当然なのだが(笑)
さて、次回はみんなで任侠だ。
近い将来13aになるらしい12dを楽しもう。

20170304-05 湯河原幕岩フリークライミング

天気:晴れ
気温:16°Cくらい
湿度:低い
状態:良い
花粉:少い

ルート:シャックシャイン、スードラON攀、ダイヤモンドヘッド、とけいワニ、アブラカタブラ、ゼルダ、クリスマスローズ、マゾおけさ、アリババ、アン、アニー

メンバー:T-Sak. Mik-S

湯河原幕岩は、梅まつりで賑わってました。
心地よい風、梅の香り、長閑かな1日、癒されました~。まさに、ここは桃源郷!

 | ホーム |