プロフィール

ta ke3

Author:ta ke3
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


追悼山行谷川岳

2017.05.28
天神尾根
TO、YK、HD、MN、HN
TM、MS、MY、他1

西黒尾根 ― KK

天気は晴れ予定で出かけたがあまり良くない。
時より小雨が顔に当たり風も強かった。
残雪は例年より若干多い感じだった。
肩の小屋を過ぎオジカ沢の頭にある狭い避難小屋で昼食をとる。
会員2名が亡くなった場所は雪に埋もれていた。
黙祷。 

20170521 河又フリークライミング

天候 : 晴れ
ルート : いきのいい奴5.10a / 月光5.10a / ムーンライト5.10ab / ディスコバージョン5.10b / 大五郎5.11a / 小作人5.11b / おもらいでがんす5.12bc / 一期一会5.12d
メンバー : Hat / TK / 会員外1名
1日天気が良く、お昼は過ぎは暑いくらい
コウモリ岩の洞窟前は天然クーラーが気持ちよかったです
この日は我々以外に大人数のパーティーが数組来ていて久々の大賑わいの河又でした。
気温は上がって来ても岩の温度はあまり上がらずコンディションはまずまず。
もうじきヌメヌメ状態になってしまうのか…早いところ宿題を片付けねばと思うTKでした

20170520/21 二子山フリークライミング

20170520 二子弓状エリア

天気:晴れ
気温:24℃
状態:染み出し少々
人数:7人(平日か?)

メンバー:Hat、MJ、他3人

ルート:
おいしいよー
穴のムジナ

弓状の染み出し具合を心配しつつ、二子久しぶりのHatさんとイン。現地で熊谷組の3人と合流して、シーズンロスタイムながら、状態の良い二子でマッタリながらスパイシィなルートを楽しむ。

Hat:おいしいよー5.12c(初)
リハビリ復帰から限界タイを初触り。
いきなり核心ピンチを止めてました。
コレには驚きました。私がピンチ止めたのはトライから5便目でしたから、素晴らしい身体能力ですね。来シーズン少し通えばすぐに落としてしまうでしょう。

MJ:穴のムジナ5.12d、おいしいよー5.12c
熊谷組最強クライマーのMasさんから唐獅子のお誘いを丁重にお断りして(笑)
とりあえずマスターでドローセット。
強度の強いボルダームーブを楽しみながら、持久系おいしいよーも楽しみました。やっぱりいいルート。


20170521 二子弓状エリア

天気:晴れ
気温:26℃
状態:指先から呪い汁
人数:20人(ガラガラ)

メンバー:ayb、MJ

ルート:唐獅子牡丹

前日と同様良く晴れて日陰では木漏れ日が、たまらなく気持ちが良い。
久しぶりの二子連登。前日の続きトライをと控えめに考えていたのですが、aybさんと埼玉のTakさん、熊谷組の雨神様に誘惑されて、まさかの唐獅子を初触り。

ayb:唐獅子牡丹5.13b/c
この厳しいルートを楽しみながらトライ。
下部は早くも少しずつ洗練されてきてます。
核心ムーブをセッション感覚でモミモミしてました。

MJ:唐獅子牡丹5.13b/c(初)
ここに戻ることはしばらくないなと思っていたお立ち台。出だしから任侠核心が続くような印象。しかし核心はソコではない。
生涯目標としての長いトライを決意しました(笑)
しかし、こりゃ面白れぇwww

二子シーズンが終わりになるので、3シーズンお世話になった弓状の荷物置き場を少し整備しました。



お疲れ様でした。

20170521 有笠ジ・アーチ フリークライミング

天気: 晴れ
参加者:SAI、SKD
ルート:腸捻転、天然記念物

予報では夏日、標高が低いので覚悟はしていましたが、一日中快適でした。
とはいえ、この強傾斜だとちょっとのヌメリがパンプを加速します。
とりあえず、一連のムーブは固まったので、次回からアタックできるかな。

20170520 カサメリ沢フリークライミング

天気: 晴れ
気温:22度くらい
参加者:SAI、SKD
ルート:バットマン、金のわらじ、なべおさみ、なべやかん、お先にマサカズ、ワニワニワニ

この日の天気予報は夏日ということで、今シーズンお初のカサメリ沢へ。
久しぶりの花崗岩で、思い通りに登れなかったけど充実した1日でした。

焼岳

17.05.15  HN、MN

中の湯上登山口 ― 焼岳  往復

登山口では、いつもだと木々の新芽が出ているはずが、
今年はまだまだ茶色の世界で、かろうじてふきのとうが黄緑色の
帯で駐車場にならんでいた。
雲が多いが青空も見える。
樹林帯を抜けたところで雨になった。
山頂はあられ!
当然、展望はない。
さっそうと下山開始で、
直下の雪原をシリセード。
ものの3分で樹林帯についた。
今シーズンのこれで雪はおしまいかな。

20170514 二子山フリークライミング

天候 曇り時々小雨
気温 13度くらい
状態 やや浸み出しあり、ガスのため湿り気味
メンバー Tak,Aya
ルート 唐獅子、モダンラブほか

天候不良のためリーダー部主催の河又クライミング中止になってしまいましたが、あきらめの悪い私はTakを誘い二子の様子を見に行ってきました。

ひどいガスの中で状態も今ひとつでしたが、なんとか一日のぼれました。

二子弓状の浸み出しの状態は少なめでした。

燕岳

2017.05.06・07 HN、MH、TM、HM

中房温泉 ― 合戦小屋 ― 燕山荘
― 燕岳  往復

風が強い。
テントが張れるかどうか心配。
天気は良く真っ青な青空が、白い雪山の稜線と綺麗に調和して素晴らしい景色を見せてくれている。
合戦小屋の周りはいつもより雪が多い気がした。
稜線では、風に向かって踏ん張る。
テントはなんとか晴れそうだ。
燕山荘で、生ビールをたらふく飲んだ。
2日目も快晴。
一晩中の強風で寝たのだかなんだかわからない。
日の出と、360度の絶景にぼんやりした頭がパッ-と開けた。
いつ来ても飽きの来ない絶景に大満足。
残雪の北アルプスを堪能した。

20170504-05 鳳来フリークライミング

GWの休日で地元のクライミング仲間の遠征に混ぜてもらい、ビッグエリアである鳳来に行ってきました。
長い記事(いつもだろ)になりますが、我々関東クライマーの少しでものお役にたてればと思いまして、一読いただけたら幸いです。

IMG_2459.jpg
アプローチから見える乳岩


岩質は地元有笠と同じ凝灰岩でホールド・スタンスは慣れてはいるものの、とにかく、

岩がデカイ
ルートが長い
カブリがハンパない
ルート(ムーブ)の内容が面白い

一つのエリアに四つ星ルートが多数あるなんて、クライマーにとっては天国です。
ま、5.13、5.14の四つ星なんて私には一生縁のないモノなんですがね~w
とにかく何もかも凄くて圧倒されまくりでした。



20170504
天気:曇り
気温:15℃~17℃
状態:少しシケてる

エリア:
・鬼岩
・ハイカラ岩

前日の二子下山からそのまま単身で雁坂トンネルを抜け富士山の手前周りで新東名に。
距離は270kmで入浴・食事・休憩コミで6時間。運転は嫌いじゃないので、遠さはさほど感じなかった。
翌朝、現地でメンバーと合流して、入山。
アプローチは長いと聞いていたが、アウェイ感がそうさせるのか、見慣れぬ景色が新鮮で歩いてて楽しい。

と、余裕かましているのもつかの間。
急登になると汗が吹き出し、パンパンに詰め込んだザックが肩に食い込む。
しんどい。
しばらくすると、枯れた沢筋みたいな登山道が突然にひらけて、見たことがないような巨大な前傾壁が現れる。
45分ほどで鬼岩に到着。
今まで見たことがないスケールにコトバを失う。こりゃすげぇ。

IMG_2434.jpg
河原の広場

有名な四つ星ルート「猫も杓子も5.12c」「ジェットシューター5.12c」もこのエリアにあり、多くのクライマーが順番待ちをしているらしいが、この日はかなり空いてるらしく、アタリ日とのこと。ラッキーw
更にそこから3分ほど奥にハイカラ岩があります。ハイカラにはなんと四つ星ルートが4本と他の星付き12、13、14が多数。まさに神々のエリアです。当然ながら、私が勝負できるルートもほとんどありません。

IMG_2430.jpg
メインウォールの「ステロイドパフォーマンス5.13c」

IMG_2432.jpg
凶悪5.10「マンモスくん」

IMG_2443.jpg
ハイカラ岩はこんなルーフ
右側のロープがかかってるのが「バーニス13a」
クライマーがぶら下がってるのが「アクシデントパンダ13c」
その奥に「ガンジャ13d」「メタフォースエクステンション14c」「That'sクライミングショウ12c」などなど四つ星ルートが勢揃い



とりあえず準備をして鬼岩のメインウォールに。

あんこ5.10b
鬼岩入門5.11a
どちらも良いルートですっかりお気に入りになりました。入門11aはかなりオンサイト向き。

FIRST5.12a
3便だしましたが、宿題になってしまいました。素直で分かりやすく、強い人にはオンサイト向きだと思います。良いルート。

マンモスくん5.10c/d
このルートはかなり有笠チックですが、私、オンサイト失敗しました。言い訳なんかしませんよ。私が弱いだけです。が、凶悪のファイブテンでした。

留年5.11d
私はやりませんでしたが、同行のM子さんがクールダウンでオンサイトしてました。次やりたいです。

卒業5.12b
これも私は触ってませんが、面白そうです。次機会があれば触りたい。長いルートです。

バーニス5.13a
M子さんのトライをビレイしましたが、凄いボルダームーブな連続でかなり攻撃的なラインです。カッコいい。1ピン目のクリップがビレイヤーの右手と左手の間にあり、かなりシビアなビレイワークが要求されます。

下山アプローチは言うまでもなく、キツいものでした。メンバー全員シカバネのようなヒドい顔になってました。

晩メシは地元クライマーのRくんに浜松餃子を買ってきていただきました。美味いw

2070505
天気:晴れ
気温:15℃
状態:良好だけど、しっとり。

エリア:
ガンコ岩

「なんだか疲れているな~」と、よくよく考えてみたら二子終わりの夜走りで鳳来に入り、寝不足の長いアプローチからのオンサイトトライの連続。当たり前です。『未確認生物ヨレヨ~レ』でございます。
しかし、今日もオンサイト修行(苦行)は続きます。

ガンコ岩はアプローチは35分と鬼岩に比べると近いです。急登もないし。
エリアは、1Fは11と12が中心。2Fは12と13が程良く散りばめられている。
中でも東海人気ナンバーワンルートと言われているTHC5.12b/cもこのエリアにある。
2Fは岩質が花崗岩ぽくなり、質の違うクライミングができるようです。

ヨレてるからかなり優しいルートから。

講習会ルート5.7
コレは文字通りそういうルートでした。でも楽しい。

かんたん5.10a
ま、文字通り簡単ではありますが、初心者には簡単ではないようです。

どすこい5.11a
三つある11aの中で一番ムーブがある(難しい)ルートです。オンサイトできてよかった。

ユカ5.11a
一箇所遠い(らしい)一手が核心だそうです。
小さい僕が届くのだから足位置ですね。
オンサイト向き。

冷たい男(やつ)5.11a
ヨレヨレマックス&捻挫で正対ムーブしか出来ない僕にも登れました。三つの中で一番素直。

タップダンサー5.10d
僕は触ってませんが、上記の5.11より悪いそうです。

オランウータン5.11c
出だしから4クリップまでがかなりヤバい。
辛めの11cですね。私も一度だけ触りましたが、RPするのは1日がかりになりそうです。

ホフマン教授5.12a
このエリアでは一番のロングルート。多分25mくらいあります。三つ星ルートの「キツネの嫁入り11c」と下部三本が共通で、キツネをやろうと思いましたが、マスターで取り付く11cと既にドローセットされている12aの比重は明らか。
もちろん、各駅ではありますが、ムーブでTOはできました。
核心はハングのセクションから始まりトラバースして垂壁に出るまで、鳳来クライマーは「お買い損の12a」と言っておりました。確かにこの長さにしてこのムーブの強度は12bかそれ以上だと思います。トポでは星は付いてませんが、薄被りのガバ、どっ被りの悪い核心、トラバースの乗っ越し、垂壁のポケット、最後にランナウトしたマントルがあり、僕には四つ星でした。いつかまたトライしたいです。

THC5.12b/c
ガンコ岩2Fの大人気四つ星ルート。出だしからとにかく細かい二本指ポケットがこれでもかと続く、天然でこのルートがあるのは本当に奇跡だと思います。
これも私がもう少し強くなったらトライしたいです。

IMG_2455.jpg
ロングルート「ホフマン教授12a」またトライしたい

IMG_2452.jpg
「冷たい男11a」なかなか面白い

IMG_2462.jpg
ハイカラにぶら下がるヌンチャクたち。圧巻です。


IMG_2463.jpg
ガンコ岩2F。花崗岩みたい。


18:30に小滝橋Pで現地解散。19:00に新東名に入り、御殿場あたりで一時間ほどの渋滞に巻き込まれ、23:30(岩場から5時間)に帰宅。
距離は362km

今回お世話していただいた、Kunちゃん、Mamちゃん、M子さん、Rくん、現地で案内してくれてTabさん、本当にありがとうございました。また必ず行きます。
鳳来は関東と関西のクライマーが混じり交流できる素敵な岩場でした。

20170503 鳥海山BC

天候:晴れ
メンバー:ts

7:00 県道368標高650m付近→12:00 行者岳→13:30 県道368標高650m付近

山形県側の湯ノ台から行者岳まで登り鳥海山の南面を滑走しました。
気温は暑いくらいでしたが、天候も良く、月山と日本海を眺めながらの滑走はなかなかな贅沢気分を味わえました。
高松宮殿下がスキーをされた宮様コースというブナ林の伝統あるコースも歩くことができ充実した山行になりました。

DSCN0047_convert_20170507174558.jpg
月山と日本海を眺めながら滑る

DSCN0041_convert_20170507175454.jpg
千蛇谷と日本海を望む

20170507 黒岩フリークライミング

天候 曇り時々晴れ
気温 13度くらいで肌寒い
ルート エンド・オブ・ア・レインボー、ギャラクシー
メンバー Aya、他2名
ゴールデンウィーク最終日は、レンボーをやりに行くというAさん、Mさんに合流して、黒岩にやってきました。
レンボー初おさわりはなかなかいい感触でした~
また、やってみたいと思います。

ご一緒させてもらったAさんのトライ便
レンボーを見事RPでした。
さらにこの後、ギャラクシーをRP、勉強になりました(^^)

20170506 河又フリークライミング

天気: 晴れ
参加者:TK、SAI、SKD、他1名
ルート:おもらいでがんす、ムーンビーム、ターミナルドライブ、ドラゴンストリート、所謂ひとつの、大五郎、ムーンライト、月光

今日の河又は、夏の陽気でした。
一本出すと汗が吹き出します。

TKのおもらいでがんすは、3便目とも非常に惜しい。コンディションは悪いながらも、かなり仕上がっています。

SAIのドラゴンストリートは、核心のムーブがなかなか決まらず苦戦中。

SKDの所謂ひとつのは、クリップホールドを変えて、やっとRP頂きました。いろいろ試すことも大事ですね。


20170506 黒岩 フリークライミング

天候 曇のち雨

気温 20℃くらい

状態 苔、砂利、雨

ルート

オケラ 夏子 おきて

メンバー mat kub

午後から雨の予報でしたが、午前中から降り出してしまいました。

雨予報の時は黒岩は厳しいと思いました。

20170504 有笠ジ・アーチ フリークライミング

天気: 晴れ
参加者:AYB、SAI、SKD、他2名
ルート:右向け左、大盛の男、横綱、大喰王、天然記念物

今日はお初のエリア、ジ・アーチに行ってきました。噂では聞いていましたが、素晴らしいロケーションです。
下界は汗ばむ日が続いていますが、ここは、肌寒いくらいで快適に登ることができました。




20170503 至仏山バックカントリー

天気: 晴れ
参加者:SAI、SKD
ルート:鳩待峠7:00→至仏山頂上10:00→ムジナ沢→山の鼻11:00→鳩待峠13:00

今年は雪の心配もなく、素晴らしい1日になりました。

ムジナ沢は、上部で一部雪が途切れてましたが、程よいザラメで、気持ちよく滑走することができました。

20170502-03 二子山フリークライミング

5/2
天候 晴れ
気温 20度以上でかなり暑い
状態 浸み出しが少なくなっていい状態
メンバー Aya,他一名
ルート 流れ、任侠道、ほか

快晴の二子、登には少し暑かったですが気持ちいい一日でした。

課題の任侠道は、RPはお預けでした。
しかし、次に繋がるいい終わり方でした。

また、明日頑張ります。


5/3
天候 曇り時々晴れ
気温 18度くらい
状態 かなりいいです
メンバー Aya,Mac
ルート 任侠道、穴のムジナほか

Aya
昨日のいい流れのままRPに持ち込みたい1便目は残念ながら核心後半でフォール

Macの「力入ってましたよ。抜いていきましょう!」のアドバイスをもらい、2便目のトライで念願のRP!

Macくん、ビレイ&応援ありがとうございました!

Mac
先日任侠道を落としたので、新たなルート探しです。
穴のムジナを選択、2便でムーブを固めてましたね。さすがです。



20170502 河又フリークライミング

天候:晴

ルート:いきのいい奴 5.10a / ディスコバージョン 5.10b / デザートソング 5.12a / おもらいでがんす 5.12bc

メンバー:MJ / TK

平日と言うこともあり我々の他に3パーティと少々寂しい感じの岩場でしたが気候も良く快適に登れました

MJ:2回目の河又、以前は結露でまともにクライミングをできなかったですが今回は最高の状態で看板ルートの一つであるデザートソングにトライ。だいぶ気に入ったようで楽しみをとっておく為かRPは…でした


TK:1カ月ぶりのおもらいでがんす。前回は1テンまでいけていたので今回は戻す事が目的(あわよくばRP狙いで)でしたが、案の定最初は2クリが怖くてできずでかなり凹みましたが最後に1テンまでいけたので最低限の目的はクリア。次こそは狙っていきます

2017 黒岩 フリークライミング

天候 晴
気温 20℃くらい
状態 苔と砂利
メンバー mat kub
ルート
夏子 オケラ チェス 柿泥棒 おきて

久々のリードは難しかったですが、面白かったです。

おきて
1年振りに触ってみましたが、前回バラしたはずのムーブは忘却の彼方でした。
以前より足が踏めてる感じがあるので、次回は狙っていきたいです。

北アルプス・爺が岳

17.04.30 HN、MN、MU、TM、ES

柏原新道登山口 ― 南尾根
― 爺が岳  往復

天候は晴れ。気になるのは風だった。
今年は雪が多く登り始めてすぐに雪の上、冬靴としては歩きやすい。
標高を挙げていくにしたがって、北アルプスの南側が良く見えてくる。
赤沢岳から針ノ木岳への稜線が、真っ白な線と真っ青な空でよけいに引き立って素敵に連なっている。
気になる風は、森林限界を抜けるとさらに強くなり、風下から吸引されているようだ。
下山の人に様子を聞いたところ、風で立っていられないので引き返したとのことだ。
山頂は目の前。
BCのチームが先行する。
風の勢いが収まってきたのか、行けないほど強くない。
6時間ほどで山頂到着。
山頂に登ってはじめて鹿島槍が見える。
絶景だ!
景色を堪能したあと、BCの滑りを見学。
あとは、温泉と安曇野のそばに向けて降りるだけ。
男1と女子4名、そばを食べて満腹のところすぐに有名どころで
もう食べられないと言いながら抹茶スイーツ!
帰りの車中は女子トークであっというまのお帰りだった。

20170430 白馬鑓ヶ岳BC

天候:晴れ
メンバー:kk、ts、fs
ルート:猿倉6:00→鑓温泉10:30→猿蔵14:30

大自然の中でまったりと温泉に浸かり、爽快に滑りたいと言う思いから、秘湯の白馬鑓温泉へ行ってきました。
期待していた通りの快晴!!白馬の山々がずらりと並んだ景観に圧倒されました。
image7.jpg



見えてからが遠い鑓温泉(2,100m) 登り返しが続く
image2_20170501235250970.jpg




お目当ての温泉は。。。
熱すぎて、雪で薄めてやっと入浴できる感じです。
皆さん、ゆでタコ状態(笑)
猿倉までの林道が開通した直後だけあって、人が多かったです。
林道開通前であれば貸し切り状態で入浴できるでしょうね。
image3_20170501235252054.jpg



温泉でまったりした後は気持ちよくオープンバーンを滑りたかったが。。。
待っていたのは極上のストップスノー(笑)
これさえ無ければ完璧な一日となっていたのですが、これも春の醍醐味?ですね。
image4_20170501235253867.jpg



最終的に、ケガもなく安全に山行を終えることができました。
また来年も白馬エリアで遊びたいと思います。
image1_201705012352496fa.jpg

20170430 河又フリークライミング

天気: 晴れ
参加者:HAT、SAI、SKD
ルート:ドラゴンストリート、デザートソング、所謂ひとつの

GWスタートということで、河又は大勢のクライマーで賑わってました。
HATさん、デザートソングをきっちりRP。
リハビリも最終段階ですね。ガンガン調子を上げていきましょう!
SAIのドラゴンストリート、核心を解決できればRPも近いですね。
SKDは、またクリップができずに持ち越し。完全にハマってます。

 | ホーム |