プロフィール

ta ke3

Author:ta ke3
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


月山と蔵王山

17.09.24 月山 HN、MN、SH
月山レストハウス・阿弥陀が原ー山頂 往復

月山レストハウスで車中泊、雨音で起こされた。
今日は高気圧が真上のはず、なんだろうこの天気は!
朝、待ち合わせした鶴岡在住のフーさんが、深い霧の中をやってきた。
天気が悪い!
ガスの中、阿弥陀が原を出発した。
なかな晴れない。
高気圧はどこいったと嘆きながらなだらかな登山道を登る。
山頂近くなってやっとガスが晴れてきて、素敵な紅葉を見せてくれる。
晴れたりがガスったりの繰り返しで、合間に見せてくれる紅葉が余計にきれいに見えて思わず声が出てしまう。
往復下山途中の阿弥陀が原も綺麗で、下界には鶴岡の町と庄内平野が黄金色に見えていた。

25 蔵王山 HN、MN
蔵王レストハウスー苅田岳ー熊野岳 往復

フーさんと別れ蔵王へ向かう。
25日は快晴。 熊野岳へお釜を見ながら快適に登る。
月曜とはいえ紅葉時期の100名山にしては随分と静かだ。
おかげさまで静かにのんびりと山旅を楽しめた。

20170923-24 フリークライミング

9/23 エリア:瑞牆カサメリ 軍艦岩、
天 候:晴れ 
ルート:猿の巣 5.11a
参加者:Hat、他多数


9/22前夜の雨で、カサメリ沢一帯スラブのエリアは濡れ濡れなので、
まだトライした事ない軍艦岩へ。川崎のM崎さんパーティに混ぜて頂きました。
OS狙いも猿の巣で3便かかり、メンタル含め全ての弱さ露呈。。
この日はまったりエンクラ。
別パーティがブラッドラインのロワーダウン中、地面から最後1.5mでロープが絡み宙ブラとなり救出手伝い。ロングルートには限らないが、基本のロープのほぐし・末端処理の安全確認は改めて痛感した。


9/24 エリア:小川山 マラ岩 
天 候:晴れ
   ルート:レギュラー 5.10c、シルクロード 5.12b/c

先日の不甲斐なさを引きずりつつ、シルクをトライ中のツヨツヨH岩夫妻にお願いして混ぜて頂く。
久々に合う、水戸組の方々は相変わらず皆さん強い。
アップのレギュラーでテンションをかけ、次のルートの事を考えたらますますビビりました。
今日触りたかったシルクロード。PRトライしている方々のムーブをガン見するも、
1便目に取りついてみると怖っ、、(メンタル弱っ、、)
2便目で途中まで何となくつかめ怖さも少し半減、でもトラバースは怖かったから次回以降でガンバろう。
ヤバイ、楽しすぎる!! 10月末まで通ってみよう。このルートに魅了されました。シルクに恋しちゃったみたいです。

20170924 有笠山フリークライミング

天気:晴れ
気温:18℃~23℃(体感w)
湿度:やや高め
状態:良くはない
お題:用心棒、探検隊

メンバー:TK、MJ、他1(Mur師匠)

ヒル騒ぎで避けていたが、「ジョニー」をしこたま散布して、びびりながら歩きだす。

心配していたアプローチにヒルの影もなく、肩透かし感は否めないが、いないにこしたことはないな。

三ヵ月振りの有笠山登山口Pには沢山の車がある。アドベンチャーランドには15人ほどの大賑わい。地元N田山岳会が講習会とかしてました。小さいながらも5.9から5.13bまでバランス良く揃っている人気エリアです。

TK:用心棒5.12b
およそ10ヶ月振りの用心棒。思い出し便だしたが、2便目にはいい感じにまとまってました。次回からトライ便ですね。

MJ:探検隊5.12a
夏場に思うようにクライミングできなかったので、海賊船は今回は触らず。体力づくりを兼ねてMur師匠と一緒に探検隊で遊びました。
このルート、確かに12aだと思うのですが、ルンゼ側のスタンスは使ってはダメなのか?
3便でRPできまして、自分的には久しぶりの12aワンデイでしたが、手放しに喜べない(笑)

お疲れ様でした。


↑頼むよジョニー。

20170924黒岩フリークライミング

天気:晴れ
ルート:アヒル、つる、月下美人、ボランティア、老眼鏡他
メンバー:Oka、Hig、Wat、KatD、Tak、Sak2、Mat
今年の黒岩は例年にないほど雨の影響。上から染み出した雫がボタボタ垂れてくるので、通り道付近のルートはかなりシビアな状況でした。メンバーはそれぞれの課題でモチベーションアップしつつ、気がついたらヘッデンで下山。これから良い時期にも関わらず、10月24日から12月7日まではまたもや道路工事(要確認)模様。お早めに。Watが「あの日に帰りたい」R.P.

20170918小川山フリークライミング

天候 : 晴れ

ルート : 生木が倒れたよ5.9 / 甘食5.10b / スラブの逆襲5.11b / 働けロッククライマー5.12b

メンバー : Ayb、Hat、Sak、TK

台風一過で好天となった中、エンクラしてきました
スラブの逆襲5.11bでのセッションではAybさんが流石の一撃、その他メンバーは撃沈…

アップ後はお目当のシナプス5.12b、このルートはランジ一発のエンクラにはもってこいのルートでしたが1ピン目にヌンチャクを掛けようとしたらハンガーがクルクル🌀早々に諦めて次なるルートは働けロッククライマーに決定。


出だしから結構キビしくムーブも多彩で内容の詰まった良いルートでした

残念ながらメンバーからRPは出ませんでしたが1日楽しめましたまた、機会を見つけてセッションしたいです。

2017.9.18-19 燧ヶ岳

メンバー:YS、他1
1日目:天気雨  大清水-一ノ瀬-尾瀬沼ヒュッテ
台風の影響で大清水までの道は木々が散乱。この日尾瀬に入る人は少なく、バスもガラガラ。早めに尾瀬沼ヒュッテに到着し、尾瀬沼周辺を散策しようと計画していたが、雨のため気持ちも乗らず、小屋で時間をもてあました。

2日目:曇りのち晴れ 尾瀬沼ヒュッテ-燧ヶ岳(俎グラ、柴安グラ)-ビジターセンター-一ノ瀬-大清水
雨は止んだがすっきりしない朝。道はかなりぬかるんでいて歩きにくい。長英新道はなだらかでひたすら続いている。登り始めたと思ったら程なく山頂へ到着。地図時間はだいぶ余裕を持って書いてある様。山頂ではちょうど雲が切れ、すっきりとした晴れとなり、尾瀬沼と尾瀬ヶ原が綺麗に見えた。紅葉が少し始まっていて尾瀬沼周辺の草もみじも色づき始めていた。

2017.9.18 八ヶ岳 編笠山

天候  曇りのち晴れ
メンバー NH、NM, SE、AC
 
観音平~青年小屋~編笠山~観音平

台風18号に計画は二転三転・・
北アルプス唐松岳に向かって出発したが・・
思いの他吹き荒れている台風通過後の風
高速を走りながらそろそろ佐久IC・・
メンバー全員決断は早かった・・「八ヶ岳にしよう」
さっさと高速をおり、八ヶ岳編笠山へ
八ヶ岳が見えてくると・・・わわわ  八ヶ岳に分厚ーい雲が巨大な傘のように
覆いかぶさっている・・なんじゃこりゃ!
観音平から青年小屋に向かって歩き始める
周りは雲、雲・・そりゃそうだ巨大な雲の中にいるのだから。
時折、雲の切れ間からきれいな富士山が見える
風は強いが汗ばむ肌にはなんとも気持ちがいい
青年小屋に到着すると台風対策で、小屋にはベニヤ板が打ち付けられていた。
小屋の前の大きな木もバキッと折れ倒れている・・
昨夜は大変だったのだろうなぁ・・と思う・・
まだまだ編笠山頂は雲の中
山頂まで登り、のんびりと晴れ待ちをする
時々サーっと雲がきれ富士山・・南アルプスがみえる
そのたびに周りから歓声があがる
雲の中から・・富士山3秒・・を繰り返し
下山するころには青空に
台風一過のいいお天気だ
下山後は真っ青な青空の下でソフトクリームを食べ
「八ヶ岳に変更して正解だったね」と笑い合った










2017.9.14  太郎山

天候  晴れ   メンバー  NH NM SY KD

山王峠P~山王帽子山~小太郎山~太郎山~林道出合~林道分岐

台風が来る前にと・・
日光の太郎山に登ってきました。登山口のPに車を止め
笹薮に覆われ見逃してしまいそうな入山口から、
笹を掻き分け、掻き分け歩きはじめる
標高差630 CT4時間  アップダウンを繰り返し・・
いやいやこの日股関節に痛みがあった私には、
なかなかきつい登り・・
山王帽子山を通過し、小太郎山へ
視界がいっきに開け、男体山に中禅寺湖
360度山々が見渡せ  いいわ~小太郎山
ちょっとデンジャラスな岩場を通化しながら稜線を歩くと
太郎山に到着
D君がしらべたところによると
太郎山は男体山と女峰山の長男らしい
なかなか面白い
下山は林道出合の方へと周回コースに
こちらもなかなかデンジャラスな急な登山道
ロープにぶら下がりぶら下がり
下山 ・・ 股関節は悲鳴をあげていた
一人ルートをピストンで下山し車を回してくれた
H氏に回収され終了

太郎山 思った以上にいい山でした

20170916 黒岩 フリークライミング

天候 曇

気温 20度くらい

状態 良

ルート

フリーバード11a

つる11b

舞姫11b

ロックダンサー11c

おきて12a

メンバー

oka aya hat kub

台風前で状態が不安でしたが、一日遊べました。

おきてRPできました。

トライする人が少ないルートでしたが、黒岩らしい面白いルートでした。

20170910 黒岩フリークライミング

天候:晴れ
メンバー:O、W、MrS、MrsS、KD、KH、T

黒岩は先週に引き続き多くの人で賑わっていました。
日差しは暑いですが、空気が秋らしく澄み、岳友会からは街並みが綺麗に見渡せました。
天候不順だったせいか今年はスズメバチが少ないような気がします。

20170910瑞牆山フリークライミング

天候 : 晴れ

ルート : トレビの泉5.10a / NDD5.12c

メンバー : Hat、TK

先週とは違い、混雑も無く久々に良いコンディションでのクライミングでした

TK
これまで何となくやっていたせいか、細かい修正点が見えてきてムーブが繋がり始めました。もう少し頑張ろうか悩んでしまいます、気持ちは大事ですね

Hat
1便目 : いつも落とされているところをクリアできたのでこのままRPか⁉︎と思いきや直後にフォールでも感触は悪くないようです。
2便目 : これまで安定していた下部のムーブで何かモゾモゾ…少し息があがってるように思えましたがトラバース後のレストで落ち着きを戻し、上部の核心へ突入先ほど落とされたところではムーブを修正する程の余裕をみせ見事RPおめでとうございます


とりあえず次はエンクラですね

20170909 子持山獅子岩マルチ

天気:晴れ
気温:暑い
状態:手から汁




どうせやるなら本気でぶつかれ
いつか必ず跳ね返されるんだから
摑み獲った居場所なら死ぬ気で守れ
それがトライする意味だろ?
お世話になった裏切れない人達と見てきた
空の色を次の世代に伝えていくんだろ






メンバー:S1郎、S也、私(MJ)

【子持山獅子岩南東壁右ルート】
ある知人から話を聞き、このルートの存在を知りました。今回は様子見を兼ねて、S1郎のスキルアップ・S也の初マルチでの講習という名目(口実w)のもとにまだまだ夏の色合いが残る獅子岩右ルートをトライしてきました。

道路崩落のため、3号橋付近に車を停めてアプローチ開始。
道路の崩壊状況はかなり酷い状態で、素人目に見ても直すには年単位の時間がかかりそう。

アプローチは屏風岩に登りあげ「尾根ルート」を選択。獅子岩を見ながらアプローチできるから楽しいですw



まだまだ、ネット上に情報が少ないですが、私の体感を含めてのレビューになります。
今回は次週アルパインに行くらしい若い2人の講習も兼ねており、「リード・セカンド・サード」と「リードマスター・リード・フォロー」と2通りのシステムにするため、50mダブルロープと細径のシングルロープを使用しました。
私はファイブテンのブラックウイングをはきましたが、岩の温度が高くハイフリクションでは「ぐにゃ~」っとソールが負けそうでかなり気持ちが悪く、ソウル(魂)も負けそう。って、ヘタクソかいw

獅子岩の山頂直下の登山道に出るまでの6ピッチは、どのピッチも個性があり、どのピッチも核心がはっきりしていて、適正なムーブを起こさせる、オリジナルルートに負けない素晴らしく内容の濃いルートでした。
核心グレードは5.9とのことですが、岩の状態のせいか、もう少し上な気がしました。



1P:(体感5.8)
オリジナルルート取り付きから8mほど右上から取り付きます。僕らはオリジナルの取り付きからトラバースする形で登りましたので、終了点まで40m以上になります。ヌンチャクも長短10本以上使用。ロープの重さを感じました。一ヶ所悪い(面白い)ムーブがあります。

2P:(体感5.7)
3P:(体感5.8)
2Pと3Pは短いので繋げました。ラインはほぼ直上なので、繋げるのがオススメです。
3Pの1本目付近にいやらしいムーブがあります。「ふふふ」ってなります(笑)
3P終了点で大フレークの右側に出ます。
オリジナルルートに向かってロープがフィックスされていますが、そちらには行かず、次のピッチは右上します。

4P:トラバース(体感5.7?)
オリジナルルートから離れ、ボルトに導かれるまま右トラバース。簡単ですが、このトラバース好きw

5P:(体感5.9+?)
さて、核心ピッチです。このピッチは3人のシステムで、なななんとS也くんがリードトライを買って出ました。メンタル強いです。そして、素晴らしい登りで見事オンサイト。
メンタルに技術が追いついて来てますね。
核心ムーブはリーチもの?

6P:(体感5.8)
S也のオンサイトにインスパイアされるようにS1もこのピッチをリードで。S1くんも最近沢やフリー頑張ってますもん、サックリとオンサイトw
強くなりました(私:遠い目w)
ナニゲにこのピッチ、ジムのスラブ課題みたいなムーブでいちばん面白かったw

6P終了点から15mほどの藪漕ぎで登山道に出ます。オリジナルルートに合流して最後はいつもの7P目10m(体感5.6)



獅子岩山頂で軽く食事と休憩をとり、13:30に登山道を下山・・・




することもなく(笑)



ここから先は私の個人的なレビューですが、このバカバカしい私のレビューを情報として期待しているのは当会の新婚さんや山梨に引っ越して行ったご夫妻だけではないはず(笑)

7P目の左のフェイスに打たれているボルトにトライ。ルート名もグレードも不明。見た感じ難しそうです(なのになぜ)
さらにアルミのハンガーで8mmのアンカーがサビサビ。「静加重以外お断り」的な(笑)
スリリングですぅw

出だし右手でスリットのカチ、左足バランスの悪いハイステップから正対で左手デッドしかもガストンのガチャホールド。


「おいおい、いきなりエグいムーブだな。」


伸び上がりカチをマッチしてクリップ。
右足をスタートのスリットに・・・



入らない~(泣)



ならば踏み替えてステミングを・・・





できない~(泣)




ならばクラックにユビが・・・





かからない~(泣)





ならば右のカンテに・・・




届かない~(泣)





左のカンテは・・・





何もない~(泣)






ぽっきり(←ココロの音)






・・・はい、テンション。







酷い。酷すぎる。
薄くフレアした浅いクラックがあるだけで手も足もないし、なぜか2本目はランナウトしてるし。文字通り手も足も出ないのです。

・・・はい、回収します。
クライムダウンで1ピン敗退。マジか。
がっかりして下山・・・







することもなく(笑)
諦め悪く屏風岩側面にある
「エイトマンの7人の敵5.11c」
三つ星です。

ラインを良く確認してスタートホールドを探ると薄っすらとチョーク跡が。間違いなく誰かがこのルートを触っている。誰なのかはなんとなく想像できますがw
あわよくば感満載で、一撃狙います。古いと思われていたボルトも登りながら確認すると割としっかりしているがところどころコケがあり、あまり触られていない岩独特のヌメリというかベタつきがある。



結論から言うとオンサイトは出来ませんでしたが、ムーブは分かりました。
マスターだし、初見の一便のみなので何ともいえませんが、私には優しめの5.12bくらいに感じました。かなり面白いです。

機会があったらまた触りたいな。


S1くん、S也くん、お付き合いありがとう。
とゆうワケで、今回も獅子岩楽しんできましたw






お疲れ様でした。

20170903瑞牆山フリークライミング

天候:快晴

ルート:トラバント5.9、トータルリコール5.10b、NDD5.12c、トップガン5.13a、ゆびきりげんまん5.11c、キキンバック5.11d

メンバー:Ayb、TK、MJ、Hat(報告者)

天候 : 岩の状態が更に良くなった。気温も下がり、夏の終わりを感じさせる時期となってきました。

Avb:トップガン5.13a 一便目、安定した第1ランジより、気合の第2ランジで見事RP! AM早々に目標達成。お見事な、13aGETなクライミングでした。

MJ:前日に指を怪我をしたにもかかわらず、気分転換の名目で久々のクライミングで 。5.9より調子を確認。
本日の(裏)MVPは実はこの人で、ゆびきりげんまん5.11cをMOSで見事更新。その勢いであわやMOS 5.11d逃したものの、本当に怪我してたの?疑惑。スイッチ入れば、強い上手い、頑丈な人です。

Hat&TK:現状維持状態。今日は二人に刺激を受けました。引続き頑張ります。

八ヶ岳 硫黄岳  2017.9.2~3

メンバー  NM、MT、HM
天候   晴れ

八ヶ岳オーレン小屋のネパール祭りに行って来た
桜平から1時間30分ほどでオーレン小屋に付き
チェックイン後
硫黄岳に登る 真っ白な冬にしか登ったことがなかったが、
夏の硫黄岳もなかなかいい 
下山して
オーレン小屋のヒノキのお風呂に入る
湯上がりビールをいただき
ネパール料理とネパール音楽の夜・・

楽しい八ヶ岳でした

北穂高岳  2017.8.20~22

メンバー   NM、MT、HM
天候    晴れ

女性3名で涸沢バカンス
1day 上高地~横尾~涸沢
2day 涸沢~北穂高岳~涸沢
3day 涸沢~横尾~上高地

翌日からの天気好転に期待し、前夜どしゃ降りの中
出発するも、、あまりの豪雨に
ほんとに好転するんかいな、、、??
しかし松本に入ると 晴れている
沢渡に着いたら、星まで見えてる
沢渡で前夜泊し、早朝のバスで上高地へ
晴れ渡る青空にテンションも上がり、いざ涸沢バカンスへ

晴れ渡る涸沢ヒュッテのテラス・・・
穂高の峰々を眺めながらの生ビール・・
満天の星空・・
まさに涸沢バカンス

翌日は北穂高岳に登り
北穂テラスで槍ヶ岳を眺めながら、豆から挽いてくれる珈琲を飲む・・
なんて幸せなんだ

最終日、悪天候予想に早々に下山
レインを着るほどの雨に降られることもなく・・
横尾に着いたら青空。
観光客であふれる賑やか~な上高地に戻り
賑やか~な女子山旅を終了

20170827 瑞牆フリークライミング

天候:晴れ

ルート:NDD 5.12c/トップガン 5.13a

メンバー:Ayb、TK、Hat(報告)

天候、岩はこの1カ月間で一番良い状態。

狙える、狙っちゃうぞ!
いやいや、落ち着け落ち着け。と、自分に言い聞かせる。

TK:雨で2週間振りのNDD。トラバースは安定し、全体の核心パートとの繋ぎのフェーズまで来ました。集中すれば、ワンテンまでもう少しです!

Hat:狙っているけど、核心で落とされます。そこが弱いところ。今度、吠えてみるかな。

Ayb:非常に惜しいトライ便が続きます。第一核心は完全に安定。9月に今度こそ収穫のRP頂きです。

ここまできたら引けません!
RPするまで9月も通うぞ!

 | ホーム |