プロフィール

ta ke3

Author:ta ke3
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


20180626 小川山マラ岩

天気:晴れ
気温:22℃
状態:微妙

ルート:
川上小唄5.8
屋根の上のタジヤン5.9
届け!手のひら5.10c
レギュラー5.10c
シルクロード5.12b/c

メンバー:ayb、S1、MJ(私)、他3名

みんなで休みを合わせての平日カード。
みんなでそれぞれのお題目に打ち込みました。

S1は花崗岩スラブで苦戦していたようですが、ayb先生のレクチャーで足りないものが明確になってきた模様。
あれ?オレ、aybさんに丁寧に教えてもらったコトないぞw(←軽く嫉妬)

aybさんと私と久しぶりに一緒した岳童師匠と3人でシルク。私が目標としている2人です。やっぱり上手いな~w
aybさんは下部からいい感じにまとまってきました。トラバースも固めて、次回からいよいよトライ便ですね。
私は手汁と格闘しながらも核心までが繋がり、トラバースをバラして初TO。
核心右手があと2センチ届かない(泣)


20180624 小川山フリークライミング

天候 : 晴れ
気温 : 曇り→晴れ
状態 : 少し湿り気味だが概ね良し
ルート : レギュラー5.10c、とどけ手のひら5.10c、イエロークラッシュ5.12a、シルクロード5.12bc
メンバー : TK,Ayb
週末の雨の影響が気になりましたが、予想に反して状態は良く1日楽しめました。
Ayb:
シルクロードのすべてのパートが解決しました、繋げると厳しそうですがガンバです。
TK:
イエロークラッシュはワンテン×2まできました、次回は狙っていきたいです。

20180624 黒岩

天気:晴れ
メンバー:Mat、MJ、Wat、Fuj

梅雨の合間の貴重な晴れ。久々の外岩は暑かったです。
Matは柿ドロボー5.10bを安定したムーブでmRP!さすがです!

MJはエンド・オブ・ア・レインボー5.12bを!ムーブが繋がったようで手応えを感じておりました。RPも近そうです!

Watは黒岩老眼鏡5.10c、チェス5.10aをmRP!とても成長を感じました。その調子!

Fujは、今度こそ!の思いでツル5.11bを。しかし、またもやツルに逃げられてしまいました(笑)詰めが甘い。。。

暑さと戦いながらも、それぞれが課題を頑張りました。
お疲れ様でした。


2180617 小川山フリークライミング

天候  晴れ
気温  20度くらいで爽やか
状態  良
ルート  レギュラー、イエロークラッシュ、シルクロード
メンバー  Tak,Aya
まさに梅雨の晴れ間
とても気持ちのいい爽やかな一日でした。
岩の状態も良くて、後は自分の腕次第だけど、これが上手くいかないんですよねー
Takのイエロークラッシュ
いい感じで繋がってきました。次からRPトライです。
私のシルクはというと…
なんと、核心のムーブができなくなっているではないですか!
そんなはずはないと、足位置など変えながら試すこと3便、やっとできた…
ホットして家路につきました。

蓼科山

18.06.17 HN, MN, YK, TM

大河原峠―双子池―亀甲池―蓼科山荘
―山頂―蓼科山荘―大河原峠

快晴!
毎年同じルートで歩いているはずが、双子山での展望は初めて。
いつも傘をさして歩いているからで「こういう景色だったのか…」と
胸がおどる。
梅雨時期に雨でもいいかと来るからで、池まわりは静かで幻想的で天気が多少悪くてもお勧めだ。
蓼科山荘からはさすがに日曜日で混んでいた。
山頂も混雑。
小さいお子さんと家族連れが多かった。

御荷鉾山・オドケ山

18.06.10 HN,MN

西御荷鉾山中央登山口―投石峠―東御荷鉾山東登山口―東御荷鉾山
―投石峠―西御荷鉾山―西登山口―オドケ山―中央登山口

雨がしとしと降っている中をスーパー林道を
ペタペタと歩く。
アスファルトを歩くのはわりとしんどい。
いちばん東側の登山口から山の中へ。
あぶないところはなく霧で幻想的だ。
東御荷鉾山、西御荷鉾山と経由してオドケ山へ。
キスゲはまだ早くまったく咲いていなかった。
車も来ないし人もいない。
静か~な山行だった。

20180609 榛名黒岩

天気:晴れ
気温:高い
状態:岩が暑い

メンバー:OKD、Wat、S1、MJ

お題:
アックスの涙5.10c
黒岩老眼鏡5.10c
無名ルート5.10c
寒桜5.10d
ツル5.11b
エンド・オブ・ア・レインボー5.12b

黒岩はすっかり夏模様。
文字通り黒い岩は太陽の光を吸収して、暑くなる。汁手の人にはチョークと指皮の消耗が激しい季節です。(私ですが)

S1はアックスをRPして絶好調です。
Watさんは果敢に老眼鏡をリードトライ。
OKD師匠と私(MJ)はレインボー。

それぞれの課題を頑張りました。

お疲れ様でした。

大桁山、鍬柄岳

18、06、07  HN、YS

大桁やすらぎの森P―鍬柄岳登山口―鍬柄岳―捲き道―大桁山―林道ー大桁やすらぎの森P

大桁やすらぎの森はうっそうとしていた。
車を止めて鍬柄岳登山口へ向かう。
ジメジメして湿気がまとわりつく。
途中、何気なく足元を見ると……!
いたいた!ヒルがくっついている。
ズボンのすそをめくると脛にたくさん食いついている。
この日はヒルとの格闘だった。
鍬柄岳山頂直下のクサリ場を抜けて360度の山頂展望を楽しみ、
近道で大桁山に向かう。
ときどきズボンをめくって格闘する。
無理やりはがしたヒルは今度は指から離れない。
何度か繰り返し、大桁山に着いた。
「さっさと帰ろう!」
とさっさと下山。
いまこの文を書きながらからだじゅうにヒルがまだ居そうで恐怖に顔が引きつっている。

20180603小川山フリークライミング

天気 : 晴れ

ルート : イレギュラー5.10d / イエロークラッシュ5.12a / シルクロード5.12b/c

メンバー: AYB、MJ、TK

先週に引き続き小川山、陽当たりが良いところは半袖で快適ですが日陰は肌寒く上着が必要です。

AYB:
シルクロードをトップアウト、核心前までは安定しておりRPも間近に思えそうですが核心後のトラバース…メッチャ怖そうです


MJ:
シルクロード、中々解決出来ず苦戦していた中間核心のムーヴが解決
落ちかけていたモチベーションもアップし、どんどんと高度を上げていきました
その後、イエロークラッシュをお触りしてムーヴをアッサリ解決。ワンデイRPは逃したものの次回はアップ代わりにRPですかね?(笑)

TK:
先週触った時と感触が違う…?簡単に思っていたパートでことごとく詰まってしまいました
心を入れ替えてもう一度解析から、一通りバラしは完了したけど最後で落とされそう~

シルクロードもイエロークラッシュも面白いルートです、心配は梅雨入りしてからの天候です。

週末だけ晴れてくれ~

20180603-04 燕岳

メンバー:HN MN RC HM CA YS 他1
天気:晴れ

1日目:中房温泉登山口-合戦小屋-燕山荘(テント)
2日目:燕山荘-燕岳-燕山荘-合戦小屋-中房温泉登山口

青空と新緑と爽やかな風、梅雨前の好天に恵まれた。久しぶりの重荷に最初からの急登が結構きつく、水の消費は速い。富士見ベンチ辺りから少しずつ、そして合戦小屋の先はまだまだ残雪があったが、アイゼンが必要な程ではなかった。
燕山荘では、小さな鳥が歓迎してくれた。そして最高の景色!まずは生ビールで乾杯。

燕岳


テントはエスパースジャンボと2人用を2張り。数年前、ここで良き出会いがあったのを思い出す。
職人さん達が綺麗な雪の階段を作ってくれ、快適な寝床の完成。夜もYMCAで盛り上がった。

燕岳

翌朝燕岳山頂へ。どこを撮っても最高の景色。山頂からみる燕山荘もいい感じ。
下山後皆の写真を共有、人によって撮り方が全く違っていて、それも面白かった。

燕岳

20180603 黒岩

天気:晴れ
メンバー:Oka、Wat、Fuj、Mat

R.P.狙いのメンバー。まずは、Fujは「つる(11.b)」を。前回の良いイメージが逆に作用したか、序盤に体力を消耗。落ち着いてムーブを再構築するが、次回に持ち越し。Watは「チェス(10.a)」に。出だしはスムーズだったが、途中からやや左にルートを取り、難しく。それでも修正してR.P.初の二桁。立派なもんです。後は、大師匠に張っていただいてブラブラ。

20180602 西上州・兜岩山

天気:晴れ
メンバー:Mat
9時半に荒船不動尊手前の広い駐車場に止め、歩き出す。沢筋から少し上がると星尾峠で荒船山との分岐となった。アップダウンを繰り返しながら、快適な稜線を行く。残念ながら、このシーズンは緑で遮られて展望はない。それでも孫ローソクと呼ばれるP1に立つとあたりが一望できる。荒船山、立岩を背後に眺め、その先の子ローソク(P2)、ローソク岩(P3)はいかにも西上州らしい奇岩の佇まい。繁茂した木々に覆われた様は、さながらトトロのよう。
20180602.jpg

その先に目的の兜岩山も見える。ローソク岩は北側に巻き道が付いているが、直接登れたら楽しいだろうと思う。兜岩山はやや広くなった三角点と古い標識だけの簡素なピーク。展望は西に100m弱進んだところのガレ場の落ちる所。少し休んで往路を戻る。途中分岐から荒船不動尊駐車場への道を下る。カラマツ林で歩きやすい。12時半頃着、後から来た車が3台ほど止まっていた。

 | ホーム |