プロフィール

ta ke3

Author:ta ke3
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


2018.8.26~27 北岳

天気  快晴  メンバー  NM.MT.HM

26日  芦安P~広河原~二俣~右又コース~北岳肩の小屋  テント泊
27日  肩の小屋~北岳~肩の小屋~右又コース~二俣~広河原~芦安P

女子3名で北岳に行って来ました。
 出発直前  夕方の天気予報の発表で
雨予報からてかてかの晴れ予報に変わり…ご機嫌で出発
芦安Pにて前夜泊
深夜から早朝まで車は芦安Pに到着し続け
朝には第8Pまで満車状態
最近の北岳は混んでいるとは聞いていたが、、、ここまでとは。
第2便の乗り合いタクシーに乗ると
運転手さんが「最高にいいお天気だから、今日の北岳は最高ですよ」
の言葉とおり 2日間快晴、絶景の北岳でした。
夕暮れの富士山…朝焼けの富士山…
北岳山頂から見る絶景の山々…
もう一泊のんびりテン泊したいくらいでしたが、そうもいかないので
後ろ髪を引かれながら下山

この夏ナンバー1の絶景でございました

2018.08.26 根子岳ハイキング

メンバー:CA、他1
天気:晴れ

花の百名山、根子岳へ行ってきました。
7月のハイキングはどこへ行っても酷暑。山にいるとは思えない暑さにちょっと残念な気持ちが勝っておりましたが、今回は涼む事ができました。
山頂までの道のりは地元の小学生や中学生らしき団体の挨拶攻撃を受けながら、秋の花を楽しみ歩きました。
ランチは根子岳から四阿山方面へ少し行った巨岩の上で、写真の景色を眺めながらのんびりいただきました。
日差しは強かったですが風が気持ち良く、久しぶりに素直に山を楽しめた気がします。



根子岳

20180826 小川山フリークライミング

天候  快晴
気温  日中はかなり暑くなりました。25度くらい
ルート  レギュラー、イレギュラー、イエロークラッシュ、ブラックホール、エクセレントパワー
メンバー  Tak,Hat,Aya
快晴の小川山は、大勢クライマーで賑わってました。
Hatさんはケガからの復帰後、順調に調子を戻してます。先週のレギュラーに続いてイレギュラーを落とし、イエロークラッシュを開始です。
秋のベストシーズンには、完全に調子が戻りますね。
Takはブラックホールのムーブ作り、やや苦戦するも先に進んでいます。
私はというと、エクセレントパワー上部のダイクへの乗り込みのムーブがしっくりこない感じでやや消化不足。
先週は涼しくてよかったですが、また夏が戻ってきたような暑さでした。

20180814 一之瀬川本流

メンバー:ts、その他(sk)
天候:晴れ

奥秩父の一之瀬川に行って来ました。この日の一之瀬川は激流で本来突破できる箇所も歯が立たず、ゴルジュ帯をほぼ極悪高巻きという非常に困難な遡行を強いられました。泳ぎの沢ということで水と戯れるはずが、急峻な泥壁を10ピッチ程度登攀、トラバース、懸垂を繰り返し、泥にまみれるという想定外…そして数時間かけて進んだ距離がわずか数百メートルという絶望感…
おかげ様で精神力は鍛えられました。写真は水際のまだ楽しめた部分です。

DSCN0300_convert_20180827180319.jpg

DSCN0303_convert_20180827180338.jpg

P8140007_convert_20180827180351.jpg

20180826 榛名黒岩

天候:晴で酷暑
メンバー:YMさん、Fまん(報告)

何時ものように9時集合。
なぜか岩場は物凄い人だかりで、取付ける場所が無い。

何とか探して「あの日に帰りたい」でアップして、隣の「老眼鏡」に取り付く。
今シーズン初めて取り付いたので結構楽しめた。

練習岩に戻って上部へ移動するも、何処もロープが掛かっていて入り込めない。。。orz
チェスをひと登りして、早めに終了にしました。

DSC_0693.jpg

20180810-0815 南ア 白峰南稜縦走

【行程概要】
■8/10(金):自宅~老平(車中泊)
■8/11(土):老平~広河原~桧横手山(ビバーク)
■8/12(日):桧横手山~布引山~笊ヶ岳~伝付峠(ビバーク)
■8/13(月):伝付峠~奈良田越~笹山(ビバーク)
■8/14(火):笹山~農鳥岳~農鳥小屋(テン泊)
■8/15(水):農鳥小屋~北岳~白根御池小屋~広河原(下山)~老平~自宅


相変わらず安定のFまん単独です!

今年も仕事の関係で、何時もより2週間ほど遅い夏(盆)休み。
一昨年の台風で途中敗退したルートと、さらに南部の稜線をつなげるべく、南アルプスのマイナールートを散歩してきました。

【8/10(金)】
自宅~老平(27:30:車中泊)

世間は御盆だということをすっかり忘れた状態で出発!
おかげで御盆渋滞にはまり、登山口駐車場に2時間遅れで到着。
そろそろ夜が明けそうだけど、前夜祭してさっさと仮眠。

【8/11(土)】
老平~広河原~桧横手山(13:30:ビバーク)

ヘッデン不要な時間になってから出発。
最初の水平道でアップを兼ねて広河原の渡渉点へ。
広河原で2日分の水補給で5Lほど給水し、稜線へ向かう急登の開始。
寝不足のためか、視界がフラフラする。
たまりかねて途中の山ノ神で1時間弱の仮眠。
この時点で本日予定の布引山ビバークは断念した。
仮眠後はソコソコ順調に歩を進め、桧横手山の山頂直下でビバークを決め込む。
ここまで樹林内で全く展望なし。
ビバーク地でボケボケしていると、時折『バキバキ!』という音が誰もいない森に響き渡る。
鹿が樹皮でも貪っているのかと思っていたが、数十メートル先で直径80cm程の老木が音を立てて崩れ落ちた。
その後は静かな山の暗闇に同化して一夜を過ごす。

20180811_053348.jpg

20180811_073336.jpg

【8/12(日)】
桧横手山~布引山~笊ヶ岳~伝付峠(15:45:ビバーク)

樹林に日が差し込める5時頃にビバーク地を後にする。
布引山を超えた頃は快晴であったが、笊ヶ岳ではガスに覆われ視界はゼロ。
本日メインの笊ヶ岳でボケボケしていると雨模様となり、さっさと北上する。
伝付峠までは『これぞ南アルプス』という感じの美しい樹林の登山道に癒される。
前日の行程短縮を取り戻すべく、ノンビリとだが先を急ぐ。
10時頃から遠雷がゴロゴロと鳴り始めるが、雷が頭上に来る気配は全くない。
一昨年は通過しただけの伝付峠をビバーク地として行動終了。
伝付峠で2日分の水補給で6Lほど給水。
ビバーク地は稜線上だが、樹林に囲まれているので、風の心配は皆無。
更に芝で背中にやさしく気持ちが良い。
今日まで展望は殆ど無く、明日以降に期待して、今夜は持参したウィスキーで乾杯。
夜間に雨が降ったようだが、気にもかけずに爆睡を決め込む。

20180812_144610.jpg

20180812_070728.jpg

20180812_085253.jpg

【8/13(月)】
伝付峠~奈良田越~笹山(13:30:ビバーク)

少し早目に出発するつもりだったが、何となく5時ごろ出発。
奈良田越まで林道を3時間程の散歩状態。
所々に西側のビューポイントがあってデジカメでパシャパシャと。
しかし、この散歩道は結構足にくる。。。
奈良田越からは、一昨年ヘッデン点けて突っ込んだ白剥山への登山道。
当時はヘッデンの明かりを頼りにウロウロした経験があったが、今回はすんなりを白剥山へ到着。

ルートの核心は、白剥山から笹山までの区間。
体が埋まるハイ松&シャクナゲ漕ぎと、俯瞰しながらルートを探す必要がある場所。
天気が良ければ問題ないが、雷鳴がしてきたので、ちょっと焦りながら通過した。

天気が怪しいのと体力と相談して、砂利と低木に囲まれた笹山山頂直下でビバークとする。

風がビュービュー言っているが、風の影響を受けることなく五月蠅いだけで快適なテン場だ。
人の話し声で五月蠅いよりも、自然音で五月蠅い方が心地よい。
明日は農鳥小屋テン場予定なので、人気のない静かなテン場も今日までか。。。

20180813_120300.jpg

20180813_071524.jpg

20180813_081818.jpg

【8/14(火)】
笹山~農鳥岳~農鳥小屋(13:40:テン泊)

白峰三山の南端へ向け早朝出発。
笹山からは樹林を抜け、広河内岳までは広々としたなだらかな稜線の空中散歩。
早朝は快晴で最高の景色。
森林限界抜けると南アルプスっぽさが無くなるが、一気に展望が開けて気分爽快。

大門沢下降点辺りから天気は下り坂で雨模様となった。
おかげで農鳥岳から農鳥小屋までは、ほぼガスの中の修行状態。

農鳥岳はピーク感がほとんどなく、ちょっと拍子抜け。
100名山になれなかったのがわかる気がする。

この日のテン場は農鳥小屋。
沢山のテントで賑わっていて、数日ぶりにお金も使った。

テン場は稜線東側で甲府盆地を見渡せるロケーションであったが、ずっとガスが掛かっていて、景色は残念な夕方でした。

20180814_051250.jpg

20180814_051316.jpg

20180814_051639.jpg

20180814_062932.jpg

20180814_063930.jpg

20180814_064016.jpg

20180814_064845.jpg

20180814_104346.jpg

【8/15(水)】
農鳥小屋~北岳~白根御池小屋~広河原(14:40:下山)~老平~自宅

周りのテント撤収作業などの騒音で何時もより早く起こされる。
おかげで今までより30分ほど早くテン場を出発。

間ノ岳への道中で、今回初のご来光を拝んだ。
やっぱりご来光は良いです。

チョット風が強いが、景色最高で快適な登山道。
テン場最終撤収組だったので、後続なく一人静かに歩けて良い感じ。

この辺りは森林限界を超えていて北アルプスっぽい。
そんな感じが、この辺り一帯に登山客を呼び込む要因にもなっているのかな?

間ノ岳まで登ったことで、笊ヶ岳からの白峰南嶺が全てつながった。
南を望むと遠くに双耳峰っぽい布引山と笊ヶ岳が確認できる。
改めて稜線を見ると、結構な距離を歩いてきたんだと自分ながらに驚いた。

北岳辺りで雨に遭遇し、予定していた小太郎山への稜線がガスの中だったの小太郎山はパス。

テン泊予定の白根御池小屋まで降りるも、雨がバシャバシャ降っていたし、小太郎山をパスしたことで時間に余裕ができたから、広河原まで下山することにした。

広河原でテン泊も味気ないので、バス&タクシー使って笊ヶ岳登山口まで戻って終了としました。

20180815_042322.jpg

20180815_045340.jpg

20180815_045430.jpg

20180815_045858.jpg

20180815_052114.jpg

20180815_051306.jpg

20180815_052124.jpg

20180815_052132.jpg

20180815_053014.jpg

20180815_060222.jpg

20180815_063054.jpg

20180815_094914.jpg

20180815_105640.jpg

最後ですが、何日も後の下連担当してくれたY.Sさん、ありがとうございました m(_ _)m

20180818 小川山フリークライミング

天気:快晴 気温:20~24℃ 状態:結構良い
 
ルート:センター試験5.8、レギュラー5.10c、エクセレントパワー5.13a
 
メンバー:Ayb、Hat、他2名
 
9月中旬頃の気温となり、先週に比べぐっと涼しい日となりました。
岩も乾いて、良いコンディションです。
雷の心配(急いで回収する事)も無く、じっくり各自トライ出来ました。
来週も涼しければ良いのにな。充実出来た1日でした。

20180819 有笠山フェアリーロック

天気:晴れ
気温:22℃
状態:快適

メンバー:TK、Hat、Fuj、Mac、他2

ルート:
ラスカルの泉
パトラッシュ
ステミングダンス
夢を見る頃
パスファインダー
ホワイトパレス
荒川遊園
緋牡丹博徒
ブラックアウト

数日前とは違い、気温も湿度も低く、快適な有笠山。真夏にしては良い状態の中でそれぞれの目的のルートにトライ。

Hatはリハビリ第2段階でパスファインダーを再登。段々と戻ってきてますね。登りも安定してました。お見事w

Fujはパスファインダーをなんと3撃でグレード更新。強いです。もう少し手こずってくれないと可愛くないです(笑)
最後に夢を見る頃で有笠の洗礼を受けてました。いひひw

TKは最終便で緋牡丹をゲット。確実に成果を上げてますね。素晴らしいw
突然に、スイッチが入るとすごいパフォーマンスを出すのね。界王拳使ったでしょ?(笑)


私(Mac)は荒川遊園をRP。TKさん、ナイスビレイでトライに集中できました。ありがとうございましたw
メンバー全員がお目当てのルートをRPできて、ちょっとしたミラクルですw



最後にブラックアウトの紹介を。
【ブラックアウト5.12c/d】
フェアリー最上部に空いているケイブのど真ん中から取り付き、ガバtoガバをワシワシ登っていく有笠らしいルート。ルートの後半6メートルが珍しい(ってか見たことない)ルーフになっていて、他ではなかなか味わえないルーフクライミングが楽しめる。
ルーフパート途中までは右の壁のスタンスが使えるので12aくらいでそれほど難しくないが、ルーフの最後と抜け口の5手が激烈に悪いムーブを強いられる。が、5手しかないので、有笠の5.12後半にしては比較的登りやすいのかもしれない。
すげぇ面白い。



20180817 小川山クライミング(マルチ、フリー)

天気 : 晴れ

ルート : セレクション(6P)5.8 / カレーシンドローム5.10d / かぶとむし5.12a

メンバー: Ayb、TK

来月予定している合宿で登る予定のマルチピッチのルート下見として二峰のセレクションを登りました。
冷たい風が吹いて半袖では寒いくらいでしたが、天気も良くトップからの眺めも最高でした

高度感あります


トップからの眺めも良好でした


セレクションを登ったあとはフリークライミングに切り替えてあっというまに夕方に…充実した1日となりました

20180815-16 白馬ハイキング

天気:曇→晴れ→雨
メンバー:SK×2
ハイキングは久しぶりなので、栂池から猿倉まで緩めの山行を計画しましたが、あいにくの天気で白馬大池で一泊して下山しました。

花がたくさん咲いていて、癒されました。

20180813 有笠山フェアリーロック




天気:雲→晴→雨→晴→雲→雨→豪雨→雷雨→?
気温:もはやトライできる気温ではなく
状態:極悪

メンバー:Hat、Mac、他1名

ルート:
パトラッシュ
パスファインダー
荒川遊園
ブラックアウト
無名ルート


無名ルートの核心前

真夏の有笠。暑い、とにかく暑い。
3年ほど前にヘルケイブで夏を越したことがあるが、ここまで暑いのは初めて。
湿度もおそらく80%超えており、エリア左半分は結露で水没。比較的状態の良いパスファインダーと無名12c/dで遊んでるうちに凄まじい雷雨に襲われ、パスファインダーのハングから流れ落ちる滝を越えるガチなシャワークライミングを堪能。
「ま、最近沢行ってないしねw」
なんて余裕かましていたのもつかの間、見る見るうちにビレイポイントは泥水に飲み込まれ、ロープもビレイヤーも泥だらけ。無名ルートとパスファインダーの回収は滝の中の空中ブランコ状態。なかなか楽しめました。
下山後は3人ともノラ犬状態。掘り起こしたばかりのジャガイモみたいなロープバッグ。
沢登りよりも後始末が大変でした。
そいいえば、前の日も雨の中ロッキーの回収したなw
個人的にこういうの嫌いじゃないです(笑)



20180812 小川山フリークライミング

天候 曇り
気温 涼しい
状態 夏の間で一番良いかも
ルート レギュラー、ブラックホール、ロッキーロード、シルクロード
メンバー Tak,Mac,Hat,Aya
曇が多くとても涼しい。
陽当たりのいいマラ岩の上部もややヌメる程度
久しぶりに良いコンディションです。
しかし、午後になり雷と雨が☔️
慌ててヌンチャクを回収すると、30分も経たないうちに止んでしまいました。
岩も濡れてしまったので早めの撤収とし、先日の台風で流されてしまった渡渉ポイントの修復をしました。

岩場に綺麗な蝶がいました。
Takによるとアサギマダラというそうです。

20180805 小川山フリークライミング

天気 : 晴れ

ルート : 川上小唄 5.8 / センター試験 5.8 / 屋根の上のタジヤン 5.9 / レギュラー 5.10c / ロッキーロード 5.12a / ブラックホール 5.12b

メンバー: AYB、Hat、TK、他2名

ここのところ廻り目平はキャンパーや登山者、クライマーで賑わっています。駐車スペース確保のためには早めの行動をオススメします。
マラ岩の渡渉ポイントは前の週の大雨で石が流されてしまい冷たい沢を素足で歩く事に…
マラ岩周辺は日陰は涼しいですがクライミングとなると陽当たりが良すぎて汗だくです

Hat:
ようやく外岩復帰、岩の感触を確かめるように低グレードのルートを登ってました。
この日は奥さんも一緒で、久しぶりのクライミングにもかかわらずキレイな登りでスラブ壁を登っていました

Ayb:
先日シルクロードをRPし、ロッキーロードも一気に決めたいところですが中々ムーブが決まらず…暑さによるヌメリも酷く苦戦中です。

TK:
高度感に負け、ロッキーロードから逃げてブラックホールをお触りしましたがスタートが切れず核心パートもかなりキツイ
上に抜ければ5.8とはいえ超絶ランナウトが待っており精神的やられた1日でした。

陽当たりが良いマラ岩、朝からこんなに陽が当たってます

五色が原

18.08.05・06 HN,MN

たまにはのんびり山行しようと五色が原へ出かけた。
天気は二日目があやしい。
乗り物を乗り継いで室堂に到着。
日曜日のわりにはあまりこんでいない。
室堂は真っ青な空。
重荷を背負って竜王岳へ。
絶景!絶景!
高い運賃を出すだけあって、景色はすばらしい!
ゆっくり楽しみながらよたよた歩く。
竜王岳の山頂は人だかりでパスをした。
平らな五色が原を遠目に見る。
これまた良い景色!
獅子岳手前の雪渓もほとんど残っていなかった。
五色が原の木道を歩く。
景色、雰囲気が良すぎてなかなか足が進まない。
テント場は空いていた。
2日目、朝方にガスが出たがこの日も青空で遠目もきいている。
撤収して平の小屋方面へ向かうが、やはり絶景に足が進まない。
久々の五色が原を十分に堪能して、平の小屋から黒部ダムまでの過酷な登山道に
向けて樹林帯に入った。

20180805 榛名黒岩

天候:晴で酷暑
メンバー:YMさん、YHさん、Fまん(報告)

今日も茹だるような気温の黒岩。
最近は2人の事が多かったが、この気温の中で3人集まった。

YHさんは今年初の外岩。
感覚を戻す感じで、本日一番本数登ってました。

日陰のルートを探すが、何処もお日様をイッパイ浴びていて、岩に触ると指先&爪先が暑い。
登らなくても岩場近くに居るだけで体力消耗するしまつで、14時頃に終了にしました。


 | ホーム |