プロフィール

ta ke3

Author:ta ke3
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


20190127 雪山講習会

天候:曇り時々晴れ
メンバー:NakM、Aki、Sun、Mat
11:25駐車場発-12:30長七郎山頂着-13:15長七郎山頂発-14:05駐車場着
20190127.jpg

雪山講習会で上州武尊山を予定していたが、寒波の残り香で風強し。川場スキー場の上部リフトは休止、係員のアドバイスもあって、予定変更。川場田園プラザで買い出し(?)を済ませ、赤城山・長七郎に向かう。下界は暑いほどの日差しにも関わらず、上がるにつれ赤城も冬の様相。小沼の駐車場に止め、支度。長七郎に向かう。歩き出してすぐにワカン装着。吹き溜まりだと少しもぐるが、風の通り道では地面の石が露出している状態。視界はそこそこでトレースも有り。軽い休憩を挟んで山頂に着く。雲の切れ間から下界や赤城の山稜、青空も見える。昼食を挟んでNakMの雪山講座。勉強になりました。小沼をぐるりと巻くように下山。途中から小沼の氷上を歩く。ニュースになったアイスバブルも写真に収め、駐車場着。帰路の車道は事故多発渋滞。温泉入ってお疲れ様でした。

20190126 河又フリークライミング

天候:晴れ
気温:3.5℃

ルート:ミヤザキミドリ5.10a/ 大将 5.10c/ 大五郎 5.11a/ デザートソング 5.12a/ 一期一会 5.12d

メンバー:TK、Hat、その他1(KK)

天気予報より、寒くて冷たくてきっと心が折れるのを覚悟で河又へ。風が遮らたエリア以外にも我慢出来る寒さで、夕方までクライミング出来ました。

今日の成果は、ほんの少しだけ。
少しだけでも前進は前進。
この課題を乗り越えて、暖かい所へ行きた~い!

20190126-27 二子弓状

20190126
天気:晴→雲→雪
気温:-3℃→3℃
状態:超カラカラのツルツル

メンバー:ayb、Mac

ルート:
ようこそ!Tウォール
唐獅子牡丹
おいしいよー

今シーズン一番の冷え込みのなか、指先とつま先の感覚をなくしながらアップ。岩が温まるのをゆっくり待ちますが、冷たい風が強くなかなか出せません。そんな中、aybさんは唐獅子の核心を練習。なんと止まり始めました。凄いですw
午後になり雪雲が迫ってきました。気温は1℃。
これ以上気温が上がることはないと判断して私(Mac)Tウォールのトライ。初めて繋げてリップを捉え、バタバタのダサいムーブで逃げ切り、そのままRP。

【ようこそ!Tウォール5.13a】
最新のトポでは5.13bとありますが、任侠や振り返るなと体感の難しさは同じくらいの印象でした。
下部のパートはペトルーシュカや火の鳥と同じような12bくらの難しさがあり、レストを挟んで『被ったスラブ』と言われる核心パートへ。
核心は垂壁の3-4級を数手こなしたあと、1級のムーブが3手くらいの強度。そこからまた4級を数手で終了点まで。終了点のクリップも悪く、最後まで気が抜けない楽しいルートです。
当初、このムーブは私には出来ないのではないかと思っていましたが、先にRPしたaybさんにアドバイスをいただき、完登することができました。

↑Tウォール核心


20190127

天気:晴れ
気温:-5℃→7℃
状態:カラカラすぎて、持てない。

メンバー:Mac、他二子常連の皆さん

ルート:
蛇の道は蛇5.12a
モダンラブ5.12a
ペトルーシュカ5.12b(5.12b/c)
ペトルーシュクワー5.12c(5.12d)
私生活5.12c
任侠道5.12d(5.13a)
ババージュ5.12d(5.13a)
ようこそ!Tウォール5.13a(5.13b)
振り返るな5.13a(5.12d)
唐獅子牡丹(5.13b/c)

前日、極寒の中でのMac劇場から一夜明けて、日曜日だけの常連さんたちに朝から祝福をいただいたのですが、時間が経つにつれ、だんだんと話の方向がおかしくなっていき、午後にはとうとう『アホクライマー』とか『変態Mac』と呼ばれるまでに。

前日よりも更に冷え込み、ホールド持つ手の感覚は「冷たい」とかではなく、「痛い」。
それでも風はなく穏やかで昼前にはポカポカ陽気になりました。

まず、久しぶりの唐獅子さまにご挨拶。出だしからいきなり5.12cの核心みたいなムーブからスタートしてそれがずっと続くようなこのルートは、やはり異質の難しさがあり、ナイスガバ満載で核心まで。次の便で指を痛めてしまい、強制終了。
前日RPしたTウォールを登り、終了点から左にトラバースしてペトルーシュクワー(以下クワー)の終了点に。ロアダウンしながらヌンガケ。5.12cのヌンガケのために5.13を登る。バカです。みんなにもバカ呼ばわりされました(笑)
そして、そのクワーはというと・・・
コレ、すごく面白い。最後は5メートルのランナウトでしかも悪い。結局トップアウト出来なかったので残置です。しばらく楽しめそう。

↑クワー核心

20190120 河又フリークライミング

天候:晴れ

ルート:いきのいい奴 5.10a/ カッパ 5.10c/ デザートソング 5.12a/ 一期一会 5.12d

メンバー:TK、Hat、その他1(KK)

先週より気温も暖かく絶好のクライミング日和。
いつも顔を合わせるクライマーさんがマンモスケイブをAMにRPし、ずっと見てたから嬉しい気持ちになる。

TK:先週より動きやリズムは更に良い。安定のワンテン地獄ですが、、、
ワンテンへ仕上げるのも(報告者の平凡クライマーにはとても厳しいのですが)、
これでもかって位に洗練されてきました。ここまで昇華したら後は気合のみですね。
最終便、魂の登りですが最終カチがヌメりフォール。今までで一番奮い立ったトライ、良かった!後少し!

Hat:リハビリも1カ月毎に回復具合が分かるようになりました。
まだまだ苦しいですが、焦らずじっくり身体とメンタルを作っていきます。

20190112 河又フリークライミング

天候:晴れ

ルート:ミヤザキミドリ5.10a/ カッパ 5.10c/ 一期一会 5.12d

メンバー:TK、Hat

TK:岩の状態が良い時間が短くて、夕方本命の一期一会を狙う。
動きやリズムは非常に良い。最後の核心カチがぬめり持ち越し。
近いうちにRPは間違いないので、ガンバです!

20190119 二子山フリークライミング

天候 晴れ時々曇り
気温 -2~7度くらい
状態 からからに乾燥
メンバー Mac,Aya
ルート ようこそ!Tウォール、唐獅子ほか
冷え込みが厳しい朝です。アップでは手指がしびれて感覚がなくなるほど冷たさでした。
日中は、風もなく日が出ている間は暖かくなりました。
さて、先週は平日カードを切ってワンテンに持ち込んだMacのTウォール
気合いを入れてトライするものの、RPは来週に持ち越しです。
下部から核心途中までは安定感なので、次はいけるでしょう。
私の唐獅子
相変わらず下部から苦戦でテンションを入れまくりですが、核心はなんとか左手出しができる形になってきました。来週は何とか止めたいですね。
気長に頑張ります。

20190114 二子山弓状フリークライミング

天気:晴れ
気温:-3℃→6℃
状態:乾き過ぎてヤバい

メンバー:Mac、他

ルート:
ようこそ!Tウォール
任侠道

放射冷却で前日よりも冷え込んだ二子山。
カリカリに乾いた岩壁の彼方に見たことないくらいの紺碧の空。この山が、この岩場がいつまでもこの美しさのまま残っていて欲しいと願うのは私だけじゃないはず。

三連休最終日は常連6人。遠征組4人。まるで平日。おととい、昨日と10人以上の混雑だったお立ち台もたったの2人。任侠トライの人は思う存分探ってました。

私のお題目はようこそTウォール。おとといaybさんが会心の登りで駆け抜けていき、やり込みタイプ(つか、便数かけないと登れないヘタクソ)の私にも気合いが入りました。相変わらず弓状で一番楽しそうに登る(落ちる)aybさんを見てたら、私も早く唐獅子触りたくなりました。

前の日核心ムーブが初めてできたので、RPを意識して。核心はカンテまでで落ちてしまいましたが、インチキクリップで初のワンテン。

今日の絞り出しは任侠で。核心右手出しで落ちて終了。やっぱ任侠は難しい(笑)




↑Tウォール中間ペトとのリンクパート部分。ヘビクラきんさん撮影


↑ヘビクラきんさんは振り返るなをいよいよあと2手まで追い詰めてきました。私のTウォールもあと2手。お互い頑張りましょうw

20190112,13 二子山フリークライミング

1/12(土)
天候  晴れ時々曇り
気温  0~6度くらい
状態  かなり乾燥
メンバー  Ayaほか一名
ルート  ジョナサン・リビングストーン・シーガル、ようこそ!Tウォールほか

久々の連投初日の二子です。
初日は前労のメンバーが仕事で来れなくなり、埼玉の強強クライマーYさんとペアを組みました。
Yさんといえば、先月の振り返るなRP便のビレイヤー、今日も何となくRPの予感・・・まだワンテンにもなってませんが(笑)

Tウォール1便目、2便目は大穴レストポイントまでたどり着けずやっと2テン・・・

3便目は大穴レストポイントまでつなげられるようにと気合いを入れてトライしたら・・・
なんとかテンションを入れず大穴までたどり着き・・・あれ?登れちゃいました!

やっぱりYさんはラッキービレイヤーでした✌️

そんなYさんは、珍しいルートをおさわり
相当悪そうです。これはやばいルートですね・・・私はやめておきます。

1/13(日)
天候  晴れ
気温  0~9度
状態  今日もからから
メンバー  Mac,Huj,Aya
ルート  ノースマウンテン、ようこそ!Tウォール、唐獅子ほか

よく晴れてポカポカ陽気になりました。大勢のクライマーで賑やかです。

MacのTウォール
核心までは安定した登りです。
課題の核心の右足ヒールフックからの右手縦カチとりは、この日の一便目でクリアしました。
RPが見えてきましたねー

Hujのノース
今シーズンから本格的に二子に通い始めたHujくん、石灰岩に大分慣れてきたようです。
この日は悩んでいた中盤の苦手ムーブを最終便で解決して見事にトップアウト
がんばりましょう!

Ayaの唐獅子
久しぶりの唐獅子はやっぱり厳しかった・・・
しばらくは修行の日々になりそうです。

20190105 河又フリークライミング

天候 : 晴れ

ルート : いきのいいやつ 5.10a / 麦畑 5.10b / 一期一会 5.12d

メンバー : Hat、TK

昨年に引き続き河又です。
今まではいきなり本命(一期一会)に取り付いていましたが少しアップを丁寧にするようにしました。

年末年始の暴飲暴食による体重増が気になりましたが昨年末と変わらず登れたので少し安心、1年間ケガをしないように気をつけて登りたいと思います。

先ずはダイエットからです

2019.1.5 金峰山

メンバー 中ちゃん、中ちゃん妻、ひでき、親びん
  天候 曇りのち晴れ

やっとこさで雪山シーズンイン
お正月はやっぱり富士山を眺めないとー。
と、いうことで、金峰山に登ってきました。
クリスマスからお正月まで食べ続けた重ーい体を
ひきずりながら、えっちらおっちらと
一時間ほどの林道歩き・・・
登山道に入るとえっちらおっちらから、
どっこいしょと掛け声をかけながら登る・・
お正月に食べ過ぎたっ。
金峰山荘に着くと、曇り空で多少の風はあるものの
暖かいし穏やかなお天気だ。
雲の流れは早く、山頂に着くころにはすっかり晴れた。
シャンプーハットの富士山・・南アルプス・・
よく見え しばらくのんびりできるくらい暖かい・・
快適な雪山山行だった。
温泉で温まった後は、がっつり大もりどんぶり屋へ・・
また・・食べ過ぎたっ。

20190103-05 二子山弓状フリークライミング

20190103
天気:晴
気温:-3℃→4℃→-3℃
状態:寒すぎ

メンバー:ayb、Mac

ルート:
ワーカーホリック
オ・ララー
ようこそ!Tウォール


↑二段岩壁から見た弓状。

晴れているのだけれど、冷たい風が吹いて、カラダも動かず。それなのに、何を思ったかアップでオ・ララー。案の定2人して笑顔のテンション。笑顔とは裏腹に激烈パンプ(笑)

この日aybさんはTウォールの核心ムーブを完全に攻略。すごすぎです。
私?ま、ゆっくりやっていきます(笑)

20190104
天気:晴れ
気温:-1℃→9℃→4℃
状態:乾きすぎ

メンバー:Mac:他

ルート:
ノースマウンテン
任侠道
ババージュ
ようこそ!Tウォール

久しぶりの連登。前日よりも穏やかで気温も上がり、焼き石いらずでした。
この日は久しぶりのノースでアップ。
お題目のTウォールは下から繋げて核心中盤のヒールフックまでが繋がりましたが、その後の二手が暗黒のまま。

この日、私はアローンだったので、登山口の駐車場の整備を少しだけやりました。



20190105
天気:晴れ
気温:-1℃→10℃→4℃
状態:乾きすぎ

メンバー:ayb、Mac

ルート:
ワーカーホリック
ノースマウンテン
ようこそ!Tウォール
唐獅子牡丹

朝、少し早めに登山口の駐車場に着き、前の日に手を入れた駐車場整備の続き。
一緒に作業してくれたのは、HR岩夫妻、M下夫妻、aybさんと私(Mac)
みんなで作業効率も良く、あっという間に出来上がりましたw



連登3日目。朝からヨレヨレですが、登れること自体幸せです。
この日も暖かく、Tウォールは5人で回す弓状イチの人気ルート。私(Mac)は下部のパートは洗練されて核心入り口まではモノにしたのですが、相変わらず核心二手が暗黒。しかし、手前のムーブに改善の余地があることを知り、俄然ヤル気アップ。
aybさんは核心パートが安定してきて2テンでT.O。
いよいよRPが見えてきましたよ~w
次回からトライ便です。

連登の〆は唐獅子で絞り出し。やはり何もさせてもらえませんでしたw


↑二段岩壁は暑かったようでキャミソールで登る女性クライマーも。南国か~いw


↑Tウォールから見た弓状と二段。西陽を浴びて金色に輝く岩が神秘的。

 | ホーム |