プロフィール

ta ke3

Author:ta ke3
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


クライミング山行@二子山

天気:晴れ
気温:28℃
状態:もう。

ルート:
悪魔のエチュード5.10a
ワーカーホリック5.10b
クレーター5.11b
レイラ5.11d
ノースマウンテン5.12a
マイライフ5.12a
ペトルーシュカ5.12b
藤娘5.12b
おいしいよー5.12c
ペトルーシュクァー5.12c
任侠道5.12d
ようこそ!Tウォール5.13a
真珠入り5.13a
唐獅子牡丹5.13b

メンバー:ayb、TK、Hat、K1、Mac

1年ぶりのクライミングセッション。今回は少人数ですが、おそらく今シーズン最後の二子です。
そこそこ標高の高い二子弓状エリアですが、気温は28℃を超え、夏日です。クライマーもかなり少なくなり、30人ほど。

参加したメンバーは貸し切りの広場エリアの『藤娘』(激ムズ)でセッションしたり、12aから13aまでを『ロイヤル・ストレート・テンション』で敗退したり、それぞれのお目当ルートを楽しみました。
みんなでワイワイ登るのも楽しいですねw


お揃いハーネスでとっても仲良しな2人。

越後・丹後山

19.05.24  HN、ES

十字峡登山センター ― 栃ノ木橋 ― ジャコ平 ― 丹後山 往復

久しぶりの長距離に足が付いて行けるかどうか心配だった。
核心の三国川林道の雪渓を3か所ほど乗り越し、登山口に到着。
急登がはじまる。
足がつらないように気を使い、水分もこまめに補給する。
丹後山は好きな山で、BEST5に数えても良いくらいな山域だ。
雪の状態によっては越後沢山へ縦走するのも良い。
その場合はもちろん1泊で……。
へっこらへっこら 急な道をまっすぐにのぼりあげる。
森林限界を抜けると360度の大展望になる。
丹後山避難小屋をバックにした眺望が特に良い。
いつかは平が岳を経由して尾瀬に出ようかと思う。

20190518 二子山フリークライミング

天候 曇り
気温 18度くらいで涼しい
状態 ややしっとり、所々染み出しあり
ルート SVP,唐獅子牡丹

いよいよ染み出しが始まりました。
染み出しはまだ少ないので、二段を除けば登れないルートはありません。

今日も早朝出勤して暑くなる前に上がろうと思ってましたが、思いのほか涼しく4時まで頑張ってしまいました。
明日は4時起きでハイキングです。大丈夫かな?


5月も半ばを過ぎたのに何故か混んでいる弓状

足尾

19.05.19  総勢14名

足尾・銅親水公園駐車場 ― 仁田元沢林道
― 沢入山 ― 中倉山 ― 足尾・銅親水公園駐車場

久しぶりに大人数での山行になった。
林道を大回りでゾロゾロと歩く。
約1時間くらいのアルバイトでようやく登山口に到着した。
急なジグザグ道を登り上げる。
以前はこんなに立派な道がついていなかったが、
口コミで登山者が増えて完璧な登山道となっている。
山一面のツツジを期待して来たはずが、山はまだ茶色っぽい。
それでも標高をあげていくと、アカヤシオが満開で綺麗なピンクが待ち受けていた。
14名でまったり。
日曜日なのにそんなに登山者は多くない。
静かな山だ。鳥の鳴く声が山をこだまする。
中倉山を思いっきりまいて稜線に出た。
こんなに近くでこんなにすばらしい景色があったのか・・・。
みんなで大きく深呼吸。アカヤシオも綺麗だ。
ほどなく山頂に到着した。
やはり良い山だ!
来年も来ようと思いながら、下山路についた。

20160512 二子山フリークライミング

天気:晴れ
気温:16℃→24℃
状態:ヌメります。持てません。

メンバー:ayb、Mac

ルート:SVP、唐獅子牡丹

ここ最近の陽気で、日中はトライにならないため、サマータイム。弓状で登り始めたのはなんと、5:30!少しでも良い状態を期待しましたが、デリケートなホールドは持てません。

そんな中でも、aybさんは果敢に唐獅子をトライ。下部のムーブとクリップ態勢を改良して、更に良い感じになってきました。しかし核心ムーブの『ゴミピンチ』(ホントにゴミなんです)の状態がこの日は更にゴミでした。極悪です。

私は痛めている背中の調子が良くないので、エンクラモードでSVP。しかし、本気でやってもワンテンまでがやっと。なかなか難しいルートですw
しかしながらこのSVP、ルートの長さ、ルートの内容、ムーブの質、適度(いや、かなりの)なランナウト、核心の長さ、どれを取っても素晴らしい、隠れた名作です。

岩に陽が当たる前に集中してトライして、お昼を食べて下山しました。


染み出しが始まりました。


今日の集会

今日の集会
12人

荒船山(経塚山)

19.05.13 HN、MN

11:00内山峠ー12:50トモ岩
13:50トモ岩ー14:30経塚山
ー16:00内山峠

何十年かぶりに荒船山に行ってみた。
「うど」がたくさんあった覚えがある。
山はまだ茶色が多かった。
流石に200名山。
平日の連休明けでも内山峠のPには5~6台の車が止まっていた。
良い天気でさわやかだ。
芽吹いたところは新緑がとても綺麗で黄緑色が輝いていた。

201905,06 二子山フリークライミング

5/5
天候 晴れ
気温 22度くらい
状態 乾燥
ルート 唐獅子牡丹ほか
メンバー Ayaほか1名
連休前の混雑がウソのように空いてます。
任、唐ラインも待ち時間なし
好きな時に出せてストレスゼロ
日中は暑くて登るには厳しい季節になってきました。
5/6
天候 雲
気温 17度くらい
状態 ややしっとり
ルート ペトリューシュカ、唐獅子牡丹ほか
メンバー Tak,Fuj,A ya
連休最終日
今日も空いてます。朝のうちはやや肌寒い感じですが、登るにはちょうどいい感じです。
Tak、Fujはペト
Takは今シーズン初で思い出し便
Fujはトライを始めて二日目で、ムーブ作り
二人ともしっかりムーブを固めて終了
私は連投疲れの中、なんとか唐獅子をニ便だして終了
二日間よく登りました。

20190511 二子山フリークライミング

天候 晴れ
気温 20度オーバー
状態 やや湿度あり
ルート 唐獅子牡丹ほか
メンバー Ayaほか1名

ゴールデンウィーク明けの二子に常連さんが戻って来ました。賑やかです。
大分暑くなり、季節が進んだ感じですね。シーズンの終わりに近づきつつあります。

20190504 瑞牆山ハイキング

天気:晴れ→まさかの雪!

行程:
8:30 植樹祭P
8:50 不動沢P
9:15 屏風岩
9:50 不動滝
11:30 瑞牆山頂
16:00 植樹祭P

今まで何度も来ている瑞牆山ですが、ハイキングで山頂を目指すのは初めて。ハイキングとはいえ、岩場散策も兼ねており、トポは手放せませんw

植樹祭の駐車場はほぼ満車で、大混雑かと思われましたが、不動沢の駐車場はガラガラ。キャンプとボルダーの方々がほとんどでしょうか。

不動沢Pから登山道を歩いていくと、15分ほどで、屏風岩が出てきます。ここは去年のGWに「百獣の王」をトライしにきたのですが、まんまと弾き返されました(笑)私の知る限りでは最高の5.11cだと思います。



更に15分歩くとコズミックサーフィンとトライアングルフェイス。美しいスラブと登攀意欲をそそるクラックです。どの岩にもクライマーはいませんでした。






奥にはナポレオンタワーも。




不動滝で休憩して、雪の急登が始まります。



夫婦岩、摩天岩、王冠岩を見ながら山頂直下へ。



表参道の出合いからは、もの凄い人がいて、鎖場やフィックスがある場所は大渋滞。
山頂にも多くの人が昼食をとっていました。




下山は表参道から大ヤスリを迂回してパノラマコース分岐に・・・あれ?分岐がない?一時間ほど分岐を探してウロウロ。そのうち、雪が降ってきました。雪は勢いを増し、やがて雹に。マジか。



パノラマコースを下山するのは諦めて、往路を下山することに。カンマンボロンのルートや小ヤスリの蒼天攀路5.12bの下見をできなかったのは残念ですが、久しぶりの瑞牆は果てしない巨大な遊び場でした。




20790506 有笠フリークライミング

天気 : 晴れのち雷雨
メンバー: SK×2

アプローチの記憶すら無くなってしまったへルケイブへ行ってきました。
なんとか踏み跡を辿って無事に到着。早速、目当てルートをお触り。
GWの疲れが残っているのか、いつもの週末と違って体が重く思うように動きませんでした。
その後は、天気予報通り3時くらいから雷雨になり早々に撤収となりました。

20190505-06 燕岳 テント泊

天気:行動中は晴れ
1日目:中房温泉登山口→燕山荘
2日目:燕山荘→燕岳山頂→燕山荘→中房温泉登山口
メンバー:HN, MN, ES, CA

GW終盤、残雪の燕岳へ行ってきました。

この日は子供の日、燕山荘では青空になびく鯉のぼりが出迎えてくれました。

燕岳

心地良いと感じる程度の風と照りつける太陽の下では生ビールの誘惑に勝てません。山頂は明日の早朝出発に変更し、外のベンチで乾杯しました。

翌朝は夜中に薄っすらとつもった雪で、より一層白く輝く世界が広がっていました。ご来光を拝んでから燕岳山頂へ出発、何度も立ち止まり目の前に広がる景色にただただ感動しました。

燕岳

山頂からの帰り道では雷鳥のつがいに会うことができました。まだまだ白い羽根の面積の方が多く、雪と同化しています。(写真には2羽写っておりますがわかりますか?)

燕岳 雷鳥

お天気に恵まれ、残雪期の美しい山々を堪能することができました。


20190502~03 福島フリークライミング

5/2 会津田島の岩場
天候 曇りのち晴れ
気温 17度くらい
状態 良い
メンバー Mac,Tak,Hat,Aya,ほか1名(現地合流)
ルート うまし南郷トマト5.10b/c,イェースロング5.11b/c,アガタメモリアルルート5.12a,スーパームーン5.12c/d

福島遠征初日は会津田島の岩場です。
群馬から2時間30分と意外と近いですね。しかも、国道121号線に隣接しているためアプローチは無し、楽チンクライミングです。



先ずは岩場の入り口にある料金箱に一人500円の協力金を納め、岩場の向かいにある自動車教習所にご挨拶します。お手洗いは教習所のものを使わせていただきます。

岩質は有笠とよく似ています。メインエリアはかぶったルートが多く、前半のかぶり壁をガバやポケットを使って乗り越える感じです。大きなムーブで豪快に登る楽しいルートです。
またルートの配置も分かりやすく登り易い岩場です。


アガタメモリアルルートを登るTak


同じくアガタメモリアルルート
上部を登るMac

お昼は車で5分ほどの距離に食堂があります。ネギ味噌ラーメンがおススメ。


この日の宿泊は、岩場から30分ほどの湯野上温泉です。GWでどこも満室の中、唯一予約できた民宿です。若干不安でしたがまずまずの内容でした。





5/3 大日岩
天候 晴れ
気温 20度くらい
状態 良い
ルート 星人5.10c,シャンデリア5.10c,カメリア5.11a/b,ルート114 5.12a

遠征2日目は、湯野上温泉から車で約2時間の大日岩に移動です。

大日岩は阿武隈川の渓谷にある大きな岸壁です。景色もよく気持ちのいい岩場ですが、我々以外はクライマーはゼロ。
もしかしてシーズンではない?



とりあえずアップで優しめのルートに取り付くがこれがムズイ
早速、大日岩の洗礼を受けてしまいました。
さらにルートが錯綜していてよく分からないというオマケ付き(笑)


星人5.10cに翻弄される13クライマーのMac


三つ星ルートのルート114をトライするHat

最後はみんなで、看板ルートのルート114
(5.12a)をワイワイトライして終了
2日間よく登りました。
参加者の皆さんお疲れ様でした。

20190501 二子山フリークライミング

天気:雨
気温:16℃
状態:今期イチ最悪

メンバー:FJ、Mac

ルート:
ペトルーシュカ
穴のムジナ
真珠入り

連日の雨で湿度があがり、いつもは白く輝く石灰岩もこの日は真っ黒。コルネの裏はまるで生のイカを触っているような感触。

FJ:この日はペトルーシュカをお触り。手ごたえは充分で、あとは核心パートのみ。被りの石灰岩にアジャストしてきた感満載で適正なムーブがハマってきました。

Mac:FJにペトのムーブをラーメン一杯での取り引きを提案。FJは悪魔に魂を売るかの如く、即決(笑)
さて、お手本ムーブを見せようとしたら、核心でまさかのポロリ。悪いコトはできませんw
とりあえず、負けず嫌いのMacは生イカのせいにしておきました。


20190428-29 尾瀬沼

天気:晴れ
メンバー:CA 他2名
1日目 大清水→尾瀬沼 長蔵小屋泊
2日目 尾瀬沼周辺散策 長蔵小屋→大清水

GW前半、昨年と同じく尾瀬沼へ行ってきました。暖かく積雪の少なかった昨年は水芭蕉も咲き始めておりましたが、今年は登山道の様子もずいぶんと違い、林道から雪上歩きを楽しみました。そして昨年は溶け始めていた尾瀬沼の氷も今年はまだ健在で、控え目に端の方を歩きながらも沼を横断しました。昨年同様天気に恵まれ、絶景とお気軽雪ハイクをのんびりと楽しみました。



尾瀬沼

大清水まで道のりでは車中から葉桜から開花寸前の桜など様々な桜を満喫、お花見ドライブも楽しかったです。

19.04.29 北ア・唐松岳

八方尾根から往復。
HN。MN、HM、ほか1名

天気がたいへん良い!
リフトを乗り継いで八方池山荘についた。
絶景!
思った通りの大混雑で蟻の行列のように雪の上を一本の線がぐにゃぐにゃと動いている。
丸山ケルン辺りで天気が崩れてガスにまかれた。
引き返し組と山頂行くぞ組とに分かれた。
山頂は天気が良かったらしい。
下山後、話がまとまり大宴会となった。

2019/04/28 谷川岳

メンバー:T×T
コース:天神尾根往復

およそ半年ぶりの登山に行ってきました。
もう5月ですが、今シーズン初めての雪山です。
体力の低下と身体の重さを実感した山登りでした。
気温は高くすっかり春という感じでしたが、雪の量はたっぷりでした。

終始晴天に恵まれ、富士山に応援されながら久しぶりの登山を満喫しました。

 | ホーム |