プロフィール

ta ke3

Author:ta ke3
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


20161010 八ヶ岳横岳小同心クラック

天候:晴れ
メンバー:Fuk、Mat
三連休は延期になっていた北岳バットレスの予定だったが、天候不順のため、八ヶ岳に転進。連休最終日の晴れ間ということもあって駐車場やテン場も混雑していた。
10月10日 5:45赤岳鉱泉~7:10小同心クラック基部~7:25登攀開始~8:50小同心頭~9:20横岳ピーク~11:35赤岳鉱泉 ※美濃戸~赤岳鉱泉間は省略
スタート時はうす曇りだったものの、すぐに青空が広がる。稜線や遠くアルプス、富士山も遠望できる。大同心沢から大同心稜を上がり、圧倒的な容姿の大同心正面壁の基部をトラバースして小同心クラックの大テラスに。火山性のレキ岩で構成されたルートは、ホールドスタンスには事欠かないが、脆い岩質のため慎重な登攀が要求される。
小同心
小同心クラックとはいうものの実際にはチムニー、むしろ凹角か。ジャミングなどのクラッククライミングの技術は必要ない。本来なら3ピッチ(40、20、15m)だが、せっかくなので細かくピッチを切って、結局5ピッチで頭まで登った。本来の終了点以外にもペツルのアンカーが打ってあり、刻むのは容易。
1ピッチ
中間支点となるピンが乏しく、適宜スリングを岩に巻きながらランナーを取りながら登った。岩が立っている箇所ではやや仰け反り気味で身体を外に出さなければならないので、怖さもあった。
高度を上げると左に大同心のスッとした岩稜が美しい。また、峰の松目、硫黄岳、横岳を経て、赤岳、権現岳へと繋がる稜線も青空に映える。幸い他パーティーもなく、自分たちのペースのまま、小同心の頭に到着。
大同心と硫黄岳
すぐそこに稜線と登山者の姿も見える。ロープをしまい、登山靴に履き替え、リッジから岩場をせり上がりピークに。赤岳展望荘で一服して、地蔵尾根を下って赤岳鉱泉に下山。帰りの高速は予想通りの渋滞で、途中から降り帰宅した。ピークにて

トラックバック

http://maerou603.blog.fc2.com/tb.php/895-5aa6ed59

 | ホーム |